2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

好調3歳世代にA評価!2021スワンS-全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 馬券の買い方に悩んでる競馬初心者の方
  • 予想の参考にしたい競馬玄人の方
  • 筆者と仲良くしてくれる競馬ブログやnoteの運営者や競馬関係者
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回はスワンSの全頭診断をご紹介します!

オルガン

G1級の登録馬はいないけど馬券妙味のありそうなメンバー構成だね。

コメダンク

どの馬にとってもマイルCSへの権利を賭けた1戦となりそうです。

オルガン

混戦の1戦をバシッと決めてくださいよ!

スポンサーリンク
目次

【結論】2021スワンS<評価>

【評価】まとめ

A評価(◯)

ルークズネスト、ホウオウアマゾン

B評価(△)

(適正A)ダノンファンタジー

(能力A)クリノガウディー

カツジ、ギルテッドミラー、サウンドキアラ、フィアーノロマーノ

C評価(×)

(適正B)アイラブテーラー、ガゼボ、ステルヴィオ

(能力B)セイウンコウセイ、リレーションシップ、ルフトシュトローム

タイムフライヤー、ファーストフォリオ、マイスタイル

☆評価(☆)

ビッククインバイオ

コメダンク

3歳馬2頭をA評価におき、ビッククインバイオに☆評価(不気味)です。

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
リレーションシップ
CB詳細を見る
1枠2番
サウンドキアラ
BB詳細を見る
2枠3番
ルークズネスト
AA詳細を見る
2枠4番
ルフトシュトローム
CB詳細を見る
3枠5番
セイウンコウセイ
CB詳細を見る
3枠6番
ホウオウアマゾン
AA詳細を見る
4枠7番
カツジ
BB詳細を見る
4枠8番
ギルテッドミラー
BB詳細を見る
5枠9番
ダノンファンタジー
AB詳細を見る
5枠10番
クリノガウディー
BA詳細を見る
6枠11番
フィアーノロマーノ
BB詳細を見る
6枠12番
アイラブテーラー
BC詳細を見る
7枠13番
ガゼボ
BC詳細を見る
7枠14番
ステルヴィオ
BC詳細を見る
7枠15番
ビッククインバイオ
CC詳細を見る
8枠16番
ファーストフォリオ
CC詳細を見る
8枠17番
マイスタイル
CC詳細を見る
8枠18番
タイムフライヤー
CC詳細を見る
2021スワンS全頭診断まとめ

【解説】2021スワンS<全頭診断>

1枠1番リレーションシップ(牡4)(適正C 能力B 総合C)

父ルーラーシップ(欧キングマンボ系) 母父ハーツクライ(サンデー系)

タフな競馬に強い父に母父からサンデー系の中距離適正を補われた血統。

血統的には中距離は合いそうだが母系の影響が強いのか1400m戦を中心に使われる。走りのバランスは良く敢えての注文はないものの4歳秋でやっと3勝クラス勝ち上がりは気持ちの難しさがありそう。

【評価】全頭診断に戻る

1枠2番サウンドキアラ(牝6)(適正B 能力B 総合B)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父アグネスデジタル(米ミスプロ系)

ディープインパクトの瞬発力にスピードを強化した血統。

2020春がピークで気まぐれな面がハマった時期。休んでの2020秋以降はパッとせず連続で使われて気持ちが乗ってくるタイプ。主戦の松山Jの乗り替わりはマイナス。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番ルークズネスト(牡3)(適正A 能力A 総合A)

父モーリス(欧ロベルト系) 母父ディープインパクト(ディープ系)

馬力のあるスピードにディープの瞬発力を補われた血統。

勝った未勝利戦以降で勝ち負けを争った馬はいずれも強者揃い。秋にリステッドを1戦使い古馬中堅の中でも2着を確保。調教は見栄えしないが大きな馬体で使われた上積みは見込める。3歳馬はレベルが高く争った世代上位馬を見ればG1級がいないメンバー構成の今回は十分期待できる。

【評価】全頭診断に戻る

2枠4番ルフトシュトローム(牡4)(適正C 能力B 総合C)

父キンシャサノキセキ(サンデー系) 母父キングカメハメハ(欧キングマンボ系)

芝短距離に強い父に欧州の馬力を強化した血統。

2020NZT3歳Sを無敗で制した馬もそれ以降は目立った走りができず。メンタル面が影響してかどことなく気持ちの入っていない走りをレース、調教でみせる。2歳戦に強いキンシャサノキセキ産駒も古馬になると結果が着いて来づらい。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番セイウンコウセイ(牡8)(適正C 能力B 総合C)

父アドマイヤムーン(米フォーティナイナー系) 母父Capote(米ボールドルーラー系)

マイル以下のダートスピード競馬に特化した血統。

8歳になっても迫力のある走りで前走はズブくも最後まで伸びて3着。ズブくなると距離延長は歓迎もこの馬の1400m重賞は掲示板確保の実績もない。

【評価】全頭診断に戻る

3枠6番ホウオウアマゾン(牡3)(適正A 能力A 総合A)

父キングカメハメハ(キングマンボ系) 母父アグネスタキオン(サンデー系)

キングカメハメハ産駒の中でも母父サンデー系の適正を引き出した血統。

アーリントンC(G3)では重馬場で抜け出し完勝。タフな流れからの根性勝負に向いていて重馬場の阪神1600m勝ちは阪神1400mへの適性にもつながる。1週前追い切りではコントレイルと合わせて大きく遅れるも3冠馬の刺激をもらった。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番カツジ(牡6)(適正B 能力B 総合B)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父ホワイトマズル(欧リファール系)

ディープインパクトの瞬発力に芝適正の高いリファールの血を濃くした血統。

昨年の勝ち馬。追い込みスタイルを崩して逃げて勝利。近走の実績から見れば大きく評価落としたいところだが重賞を勝つ力はある事を忘れてはいけない。

【評価】全頭診断に戻る

4枠8番ギルデッドミラー(牝4)(適正B 能力B 総合B)

父オルフェーヴル(サンデー系) 母父Tiznow(米マッチェム系)

ステイゴールドの中でも日本の主流競馬に強い父に爆発的なスピードを補った血統。

調教では一所懸命さを見せるも近走はレースに繋がっておらず調教で見栄えしない方が良いタイプ。同舞台の京都牝馬S(G3)2着の直前追い切りは見栄えしなかった。今回は走りのバランスが悪そうで逆に期待できる。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番ダノンファンタジー(牝5)(適正A 能力B 総合B)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父Not For Sale(米グレイソヴリン系)

ディープインパクトの瞬発力に芝中距離適正を強化した血統。

昨年の阪神C(G2)勝利して勝負の2021年と息混んだはずが結果は出ず。本来の好位でじっと我慢して一瞬の脚で抜け出すスタイルができれば再度の復活もあり得るがメンバーレベルが低くマークされる対象になる今回は厳しい競馬が予想される。

【評価】全頭診断に戻る

5枠10番クリノガウディー(牡5)(適正B 能力A 総合B)

父スクリーンヒーロー(欧ロベルト系) 母父ディアブロ(米ヘイロー系)

父の馬力に米国ヘイローの爆発的なスピード、母系からスタミナを補った血統。

この秋すでに重賞3戦目も調教でも追われて元気一杯。スプリンターズSを目指して1200m戦を使われたがベストは1400m。できれば中京希望だが阪神1400mならタフさが活きる。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番フィアーノロマーノ(牡7)(適正B 能力B 総合B)

父Fastnet Rock(欧ダンチヒ系) 母父Lion Heart(米ストームバード系)

豪州スプリンターの父に米国のスピードを強化した血統。

2020阪神C(G2)以来の競馬も調教の動きからは衰えは感じられない。ただし10ヶ月の休み明けとはいえ今回が20戦目の7歳馬には厳しいか。

【評価】全頭診断に戻る

6枠12番アイラブテーラー(牝5)(適正B 能力C 総合C)

父トーセンラー(ディープ系) 母父ダンスインザダーク(サンデー系)

ディープ産駒の中での万能型でサンデーサイレンスの血を濃くした血統。

馬のリズムは難しい。2020春までは勢い十分で2020京阪杯(G2)2着の追い込みは馬群を縫って追い上げた脚は印象的だったが2020高松宮記念(G1)最下位以降はリステッドでも成績は振るわず重賞では厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番ガゼボ(牡6)(適正B 能力C 総合C)

父ダイワメジャー(サンデー系) 母父シンボリクリスエス(欧ロベルト系)

日本のマイル以下競走に強いサンデー系に馬力を強化した血統。

6歳にして初めての重賞挑戦。メンバーは強くないものの流石に6歳のダイワメジャー産駒は推しにくい。前走は直線で垂れそうな雰囲気もしぶとく伸びて5着。とはいえリステッドで掲示板確保がやっとだと厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

7枠14番ステルヴィオ(牡6)(適正B 能力C 総合C)

父ロードカナロア(欧ロベルト系) 母父ファルブラヴ(欧ノーザンダンサー系)

スピードと馬力に長ける父に芝短距離適性の高い欧州の馬力を強化した血統。

昨年の2着馬も喉の手術を春に受けて無事に戻ってきたがすでにピークは過ぎた。前走からの更なる上積みを見るのは難しい。

【評価】全頭診断に戻る

7枠15番ビッククインバイオ(牝4)(適正C 能力C 総合☆)

父キングズベスト(欧キングマンボ系) 母父ゼンノロブロイ(サンデー系)

中距離の極端なペースの瞬発力競馬に強い父に日本芝適性を補った血統。

勝ち星4勝は全て東京で右回り成績は(0-0-0-6)。リステッドも勝てず関東では東京開催の今、わざわざ遠征しての阪神1400mで勝負する厩舎の思惑が不気味。

【評価】全頭診断に戻る

8枠16番ファーストフォリオ(牝4)(適正C 能力C 総合C)

父キングカメハメハ(キングマンボ系) 母父スペシャルウィーク(サンデー系)

キングカメハメハ産駒の中でも母父サンデー系の適正を引き出した血統。

日本競馬のザ・良血、シーザリオ一族。北海道で2連対しての重賞初挑戦。洋芝巧者らしく全4勝のうち札幌で3勝、残り1勝は京都で直線に坂のあるコースでは(0-0-0-4)。調教では抑えられない雰囲気で調子は良さそう。

【評価】全頭診断に戻る

8枠17番マイスタイル(牡7)(適正C 能力C 総合C)

父ハーツクライ(サンデー系) 母父フォーティナイナー(米フォーティナイナー系)

成長力の高く中距離適正の高い父に米国のスピードを強化した血統。

2019年の3着馬。逃げるスタイルから成績の波は激しい。調教では前走含め押してもアクションがない様子でハーツクライさんと言えどピークは過ぎた様子。

【評価】全頭診断に戻る

8枠18番タイムフライヤー(牡6)(適正C 能力C 総合C)

父ハーツクライ(サンデー系) 母父ブライアンズタイム(欧ロベルト系)

成長力の高く中距離適正の高い父に欧州の馬力を強化した血統。

2019京都記念(G2)以来の芝、しかも芝1400m戦。さらに大外枠と決意の芝戻りも波が来ていない雰囲気。2017ホープフルS(G1)勝ちも流石にタフな馬場にならないと厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021スワンS

コメダンク

今回は2021スワンSの全頭診断について解説しました!

A評価(◯)

ルークズネスト、ホウオウアマゾン

B評価(△)

(適正A)ダノンファンタジー

(能力A)クリノガウディー

カツジ、ギルテッドミラー、サウンドキアラ、フィアーノロマーノ

C評価(×)

(適正B)アイラブテーラー、ガゼボ、ステルヴィオ

(能力B)セイウンコウセイ、リレーションシップ、ルフトシュトローム

タイムフライヤー、ファーストフォリオ、マイスタイル

☆評価(☆)

ビッククインバイオ

オルガン

今年の3歳馬は重賞で大活躍! 1、2フィニッシュも十分あるね。

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる