2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

スプリント王は龍王の後継者!2021スプリンターズS全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 馬券の買い方に悩んでる競馬初心者の方
  • 予想の参考にしたい競馬玄人の方
  • 筆者と仲良くしてくれる競馬ブログやnoteの運営者や競馬関係者
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回はスプリンターズSの全頭診断をご紹介します!

オルガン

いよいよ秋G1開幕で上がるよね!

コメダンク

メンバーも揃い、まさに日本一のスプリンター決定戦です!

オルガン

龍王の子か新スプリント女王か伏兵の台頭か・・・バチッと診断するよ!

スポンサーリンク
目次

【結論】2021スプリンターズS<評価>

【評価】まとめ

S評価(○)

ダノンスマッシュ

A評価(△)

(適正B、能力S)ピクシーナイト

レスシテンシア

B評価(×)

(能力A)ファストフォース、ジャンダルム、モズスーパーフレア

(適正C、能力A)クリノガウディー、メイケイエール

シヴァージ、ビアンフェ、アウィルアウェイ

C評価

(適正B)ミッキーブリランテ

(能力B)タイセイビジョン

ラヴィングアンサー、エイティーンガール、ロードアクア

コメダンク

今回が競走馬人生のピーク、龍王の後継馬にS評価です!

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
シヴァージ
BB詳細を見る
1枠2番
ミッキーブリランテ
BC詳細を見る
2枠3番
ラヴィングアンサー
CC詳細を見る
2枠4番
ピクシーナイト
BS詳細を見る
3枠5番
ファストフォース
BA詳細を見る
3枠6番
メイケイエール
CA詳細を見る
4枠7番
タイセイビジョン
CB詳細を見る
4枠8番
ビアンフェ
BB詳細を見る
5枠9番
クリノガウディー
CA詳細を見る
5枠10番
エイティーンガール
CC詳細を見る
6枠11番
ジャンダルム
BA詳細を見る
6枠12番
レスシテンシア
AA詳細を見る
7枠13番
アウィルアウェイ
BB詳細を見る
7枠14番
ダノンスマッシュ
SS詳細を見る
8枠15番
ロードアクア
CC詳細を見る
8枠16番
モズスーパーフレア
BA詳細を見る
2021スプリンターズS全頭診断まとめ

【予想】2021スプリンターズS<レース展開>

【解説】レース設定

中山競馬場芝2200m
コースセッティング

中山競馬場 第4回開催9日目 11R 3歳上オープン G1

芝1200m Cコース

ゴール前直線距離:310m

コンディション

天候予想:晴れ(予想)

馬場:良、標準(予想)

オルガン

台風の影響はないにしても中山最終日で多少のタフな競馬になりそうだね。

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : ハイペース

有利な位置取り : 先行 高速逃げ馬の後ろ第2集団が実質的なペース、後方一気に注意

注目馬 : (16)モズスーパーフレア、(8)ビアンフェ、(6)メイケイエール

【位置取り予想】スタート
【解説】スタート

まずは(8)ビアンフェが先手を伺うも外から(16)モズスーパーフレアが被せながら先手に立つ。その後方に(5)ファストフォース、(12)レシステンシアが第2集団の先頭を形成しその後方から(12)ダノンスマッシュがマークする。(11)ジャンダルムはスタートに依らず後ろ目から最後の脚に賭ける。(6)メイケイエールが馬群の中で他馬の迷惑にならず落ち着いてレースを進められるかでレース展開が大きく左右される。

【位置取り予想】ゴール前
【解説】ゴール前

(16)モズスーパーフレアが先頭で直線に入り(8)ビアンフェが遅れずついていけるか。実質的なペースマークになる(5)ファストフォースが(16)に襲いかかる。外から(12)レシステンシア、(11)ジャンダルム、(14)ダノンスマッシュが争いながら先頭勢に襲いかかる。後方から襲いかかるのは内から(1)シヴァージか外から(13)アウィルアウェイか。

【解説】2021スプリンターズS<全頭診断>

1枠1番シヴァージ(牡6)(適正B 能力B 総合B)

父First Sumurai(米ストームバード系) 母父Indian Charlie(米グレイソヴリン系)

父からスピードの加速力に母父からスピードの持続力を強化された血統

米国型は距離短縮によるペースアップを得意としている。中山未経験も輸送自他は苦にしない。

後方一気の脚質で最内枠は厳しく鞍上の手綱捌きに注目。

調教の動きは抜群で一目見てコンディション良さが伺える。最内枠が気になりヒモに抑える。

【評価】全頭診断に戻る

1枠2番ミッキーブリランテ(牡5)(適正B 能力C 総合C)

父ディープブリランテ(ディープ系) 母父Dansili(欧ダンチヒ系)

ディープ産駒の中ではヨーロッパ的で馬力に長け、ダンチヒ系でもスタミナを強化された血統。

1200m戦を2戦続け、前走は道中で上がっていったように早いペースにも対応してきた。ピッチ走法は中山に合う。

夏を2戦使ってきたせいか調教では馬体以上に小さく見え前への推進力がイマイチ。スピードの絶対値は血統的に物足りない。

1200mのG3では善戦するもG1ともなるとスピードに劣る。現状では1400m以上が良い。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番ラヴィングアンサー(牡7)(適正C 能力C 総合C)

父ダイワメジャー(サンデー系) 母父Rock of Gibraltar(欧ダンチヒ系)

日本のマイル以下に強い父にスタミナ的要素を加えた血統。

エンジンが掛かればスピードの最高速は高い。

エンジンの掛かりが遅い。頭が高く前への推進力が足りない。晩年のダイワメジャー産駒で7歳となればピークは過ぎた。

重賞では力不足でオープンクラスの馬。

【評価】全頭診断に戻る

2枠4番ピクシーナイト(牡3)(適正B 能力S 総合A)

父モーリス(欧ロベルト系) 母父キングヘイロー(欧リファール系)

マイル王モーリスのスピードに日本の芝短距離の総合力が高い母父。

前走はレスシテンシアに迫る2着し古馬に混じっても高いスプリント能力を証明。

エンジンの掛かりが遅い分で惜敗続き。成長による斤量増で先行力が付けば一皮剥ける。

セントウルSは2着ながら将来性を感じさせる内容。エンジンの掛かりが遅く勝みに遅い印象で4歳以降で期待したい。対抗候補。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番ファストフォース(牡5)(適正B 能力A 総合B)

父ロードカナロア(欧キングマンボ系) 母父サクラバクシンオー(プリンスリーギフト系)

日本のスプリント戦最高配合。

夏の小倉スプリント重賞で2連対したサマースプリント王者。前走はモズの早い流れにも離れた2番手で対応し最後までスピードが衰えなかった。

平坦小回りの小倉マイスターで急坂の中山に戻って同じ走りができるか。

小倉実績が優勢も前走はスプリント一線級のモズに対抗し力のあるところを示した。穴候補。

【評価】全頭診断に戻る

3枠6番メイケイエール(牝3)(適正C 能力A 総合B)

父ミッキーアイル(ディープ系) 母父ハービンジャー(ダンチヒ系)

ディープ系でも短距離で実績を残す父に馬力の母父。

真面目に走ればスピードの爆発力は一流。調教では体重以上に体を大きく見せ状態は良さそうで特に1週前の動きならば頭まであると思わせる。

舞台やメンバーを問わず敵は己。内枠では他馬に迷惑をかけずに立ち回れるか。

陣営は外枠希望だったようだが道中落ち着いて走ることができれば内枠で前に馬を置いて落ち着いて走ることができれば勝ち負けできる。複勝系では相手候補としてもよい。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番タイセイビジョン(牡4)(適正C 能力B 総合C)

父タートルボウル(欧ノーザンダンサー系) 母父スペシャルウィーク(サンデー系)

日本の芝スピードに対応できるフランスのマイラーに日本の芝に対応するサンデー系配合。

末の脚は確かなものを持っており近走は2戦続けて上がり2番手の脚を使う。

立ち回りが上手くなく道中の早い流れに対応できない。2走前のCBC賞はうちの空いたところを上手くついたが道中は遅れ気味。

本質的にはもう少しゆったりとした流れがよくモズが作る早い流れのスプリントG1では直線では最後方をイメージ。

【評価】全頭診断に戻る

4枠8番ビアンフェ(せん4)(適正B 能力B 総合B)

父キズナ(ディープ系) 母父サクラバクシンオー(プリンスリーギフト系)

ディープ産駒でもスピードと馬力に長けた父に日本スプリント適正をプラスした血統。

以前はピンかキリかの馬だったが近走は大切に使われ成績が安定。逃げのスピード持続力も板についてきた。

モズとの駆け引き。昨年と同様なら大敗。

昨年と同様にバチバチやり合えば再びの共倒れも流石に今年は作戦を練ってくるか。逆転を信じヒモに抑える。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番クリノガウディー(牡5)(適正C 能力A 総合B)

父スクリーンヒーロー(欧ロベルト系) 母父ディアブロ(米ヘイロー系)

父の馬力に米国ヘイローの爆発的なスピード、母系からスタミナを補った血統。

2020高松宮記念(G1)幻の勝ち馬。2020スプリンターズS(G1)も後方から5着。元々はマイラーも近走スプリント戦でも好位につける事のできる脚力に成長。

中京の鬼も中山(0-0-0-4)。

近走の内容から大敗はないも決め手にも欠ける。実力は付いてきたが狙いは来年の高松宮記念。

【評価】全頭診断に戻る

5枠10番エイティーンガール(牝5)(適正C 能力C 総合C)

父ヨハネスブルグ(米ストームバード系) 母父アグネスタキオン(サンデー系)

馬力のあるスピードに日本適正を補った血統。

2年連続キーンランドC連対。力のいるタフな馬場で実力を発揮。

好不調の波が激しく展開に左右される。軽い馬場では一段落ちる。

後方勢としては早い流れは歓迎も良馬場想定では上位争いは厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番ジャンダルム(牡6)(適正B 能力A 総合B)

父Kitten’s Joy(欧サドラーズウェルズ系) 母父Sunday Silence(ヘイロー系)

母は2002スプリンターズS(G1)の勝ち馬で馬力のある血統構成。

阪急杯(G2)でレシステンシアに離されるもセントウルS(G2)は迫る内容でスプリント戦に適応してきた。最後の脚はメンバー中異次元の脚を見せた。

元々スタートの遅い馬ではなかったが近2走は致命的な出遅れ。晩年のルーラーシップを思い起こさせる。池江厩舎のスプリント実績もいま一歩で育成に疑問視。

出遅れたとしても前走の脚が衝撃的。勝ちまではなくとも上位争いには参戦してきそう。ヒモまでに抑える。

【評価】全頭診断に戻る

6枠12番レシステンシア(牝4)(適正A 能力A 総合A)

父ダイワメジャー(サンデー系) 母父Lodge Island(欧ダンチヒ系)

日本の短距離戦に強い父に欧州馬力のあるスピードを強化したタイプ。

爆発的なテンのスピードと持続力、粘りは一級品。前走はトライアル仕上げで後方勢の猛追を凌ぎ改めてスプリント能力を誇示。

ビアンフェとモズ以外の全馬からマークされる厳しい展開。最終追い切りは仕舞いで緩みが見られ前走の激戦の疲れが残っているか。

真スプリント女王へ!と言いたいところだがコンディションが今一歩の感触。ヒモまでに抑える。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番アウィルアウェイ(牝5)(適正B 能力B 総合B)

父ジャスタウェイ(サンデー系) 母父キングカメハメハ(欧キングマンボ系)

名マイラーのインディチャンプ半妹、ハーツクライ譲りの晩成的な血統。

昨年のスプリンターズS(G1)3着馬。追い込んで激走する後方一気の爆発力。外目の枠も絶好。

展開待ちの脚質、安定しない成績。

実力的には一枚落ちるが、G1で複勝圏を確保する実力がある。ヒモまでに。

【評価】全頭診断に戻る

7枠14番ダノンスマッシュ(牡6)(適正S 能力S 総合S)

父ロードカナロア(欧キングマンボ系) 母父Hard Spun(米ダンチヒ系)

龍王の父にダンチヒでも米国的なスピードを強化された血統。

現スプリント王者。1戦1戦全力投球、休み明けに最高のパフォーマンスを発揮し陣営も馬を知り尽くした上でのローテーション。

2年連続で馬券圏内、3年連続はデュランダルのみ。近年ではレッドファルクスが2連覇後の3年目は10着。

レッドファルクスの3年目はピークを過ぎた7歳馬。近走実績も秀逸な当馬には該当せず。堂々の本命候補。

【評価】全頭診断に戻る

8枠15番ロードアクア(牡5)(適正C 能力C 総合C)

父ロードカナロア(欧キングマンボ系) 母父ダイワメジャー(サンデー系)

日本短距離に適する血統構成。

血統的背景は抜群。米国的なスピード要素も母系から受け継ぐ。

血統は良いものの、当馬の実力・実績的に重賞以上では及ばないオープンクラスの馬。

好位追走できる脚質故に一発があるような気配もなく3枚くらい落ちる。

【評価】全頭診断に戻る

8枠16番モズスーパーフレア(牝6)(適正B 能力A 総合B)

父Speightstown(米ミスプロ系) 母父Belong to Me(米ダンチヒ系)

米国血統でスピードの塊。

爆発的なテンのスピードと持続力、逃げるのはこの馬しかない。大外枠は内の馬を牽制しながら切れ込めるため枠は歓迎。

同型ビアンフェの出走。逃げる一辺倒で器用な競馬ができない。

レース展開を握るのはこの馬だが手放しで逃がしてくれるメンバー構成ではない。狙うならビアンフェと共にワイド辺りで狙うのが良いか。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021スプリンターズS

コメダンク

今回は2021スプリンターズSの全頭診断について解説しました!

S評価(○)

ダノンスマッシュ

A評価(△)

(適正B、能力S)ピクシーナイト

レスシテンシア

B評価(×)

(能力A)ファストフォース、ジャンダルム、モズスーパーフレア

(適正C、能力A)クリノガウディー、メイケイエール

シヴァージ、ビアンフェ、アウィルアウェイ

C評価

(適正B)ミッキーブリランテ

(能力B)タイセイビジョン

ラヴィングアンサー、エイティーンガール、ロードアクア

オルガン

龍王の後継者にとって最後の国内戦になるかもね。

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる