2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

好メンバー集結!名牝誕生の予感!?2021紫苑S全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 競馬初心者で馬券の買い方に悩んでる人
  • 競馬玄人でも予想に自信のない人
  • 競馬玄人で自分の考えと比較参考にしたい人
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回は紫苑Sの全頭診断をご紹介します!

オルガン

いよいよ秋競馬の開幕、まずは3歳牝馬G1秋華賞トライアルだね

コメダンク

札幌記念を制したソダシに挑戦する実績馬の成長、夏競馬で凌ぎを削った上り馬の見極めが重要です!

オルガン

今年はハイレベルなメンバー構成で伝説のレースになりそうな予感。

スポンサーリンク
目次

【結論】2021紫苑S<評価>

【評価】まとめ

A評価(○)

(適正B、能力S)ミスフィガロ

メイサウザンアワー

B評価(△)

(適正A)スルーセブンシーズ、

(能力A)ホウオウラスカーズ、プレミアエンブレム、スライリー、クイーンスイープ、エクランドール

(適正C、能力A)ファインルージュ

(適正A、能力C)ホウオウイクセル、

ハギノピリナ、アビッグチア

C評価(×)

(適正B)パープルレディー

(能力B)トウシンモンブラン、シャーレイポピー

キヨラ、エイシンチラー、アイリッシュムーン

コメダンク

適正と能力の評価がバラついて難解な評価になりましたが、総合力はメイサウザンアワーが抜けていると考えます!

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
スルーセブンシーズ
AB詳細を見る
1枠2番
トウシンモンブラン
CB詳細を見る
2枠3番
ミスフィガロ
BS詳細を見る
2枠4番
エクランドール
BA詳細を見る
3枠5番
キヨラ
CC詳細を見る
3枠6番
シャーレイポピー
CB詳細を見る
4枠7番
パープルレディー
BC詳細を見る
4枠8番
メイサウザンアワー
AA詳細を見る
5枠9番
アイリッシュムーン
CC詳細を見る
5枠10番
エイシンチラー
CC詳細を見る
6枠11番
ファインルージュ
CA詳細を見る
6枠12番
アビッグチア
BB詳細を見る
7枠13番
ハギノピリナ
BB詳細を見る
7枠14番
ホウオウイクセル
AC詳細を見る
8枠15番
スライリー
BA詳細を見る
8枠16番
クイーンスイープ
BA詳細を見る
8枠17番
ホウオウラスカーズ
BA詳細を見る
8枠18番
プレミアエンブレム
BA詳細を見る
2021紫苑S全頭診断まとめ

【予想】2021紫苑S<レース展開>

【解説】レース設定

中山競馬場芝2000m
コースセッティング

中山競馬場 第4回開催1日目 11R 3歳オープン ハンデ G3

芝2000m Bコース

ゴール前直線距離:310m

コンディション

天候予想:雨(予想)

馬場:稍重、標準(予想)

オルガン

5ヶ月ぶりの開幕週の馬場なら雨が降っても気にしなくて良さそうだね。

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : ミドルペース

有利な位置取り : 先行 開幕週の馬場は前が止まらない!

注目馬 : (18)プレミアエンブレム、(4)エクランドール、(13)ハギノピリナ

【位置取り予想】スタートから1コーナー
【解説】スタートから1コーナー

明確な逃げ馬不在も(8)メイサウザンアワーが内先頭に付け外から(12)アビッグチアが競りかけるも(18)プレミアエンブレムが先手を主張する。(4)エクランドールは(8)をマークしながら前目につける。有力どころは中団から後方に密集し(1)スルーセブンシーズ、(11)ファインルージュ、(14)ホウオウイクセルがマイペースで追走し、(13)ハギノピリナは最後方からロンスパに備える。

【位置取り予想】4コーナーから最終直線
【解説】4コーナーから最終直線

(18)プレミアエンブレムが先頭で直線に入り(15)スライリーが追走。間から(4)エクランドールが仕掛けのタイミングを図り、(8)メイサウザンアワーは内、(3)ミスフィガロは外から先頭集団を捉えに掛かる。(11)ファインルージュは馬群にもまれ(1)スルーセブンシーズは距離ロス覚悟で外に持ち出し(13)ハギノピリナは枠の理と腹を括った大外一気を仕掛ける。

【解説】2021紫苑S<全頭診断>

1枠1番スルーセブンシーズ(適正A 能力B 総合B)

父ドリームジャーニーに母父クロフネで半姉には2019当レース勝ち馬のパッシングスルー。父がルーラーシップから変わっているが2000mが問題ないことはミモザ賞で証明済み。春時点で2400mは長い印象で適距離に戻って見直したい。ミモザ賞は大きく出遅れながらも直線仕掛けられて一瞬での加速はルメールJだったといえど一級品。ステイゴールドの系譜は牡馬に成績が偏りがちではあるが、秋華賞への切符を獲得して大舞台での走りをもう一度見たい馬。

【評価】全頭診断に戻る

1枠2番トウシンモンブラン(適正C 能力B 総合C)

父ルーラーシップに母父ファピアノ系のエンパイアメーカーで走りには馬力が感じられ脚長で馬体重以上に体を大きく見せる馬。良馬場でも十分力を出せるが馬場が荒れても走りの質は変わらない。後方から競馬を進めるスタイルも開幕週の馬場、主戦の松山Jが当馬を選ばず中京で騎乗を選んだことからも今回も割引と見て以降の特殊な馬場で狙ってみたい馬。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番ミスフィガロ(適正A 能力S 総合A)

父ディープインパクトに母父キングカメハメハで全兄は2018ダービー馬のワグネリアン。5戦して5月に初勝利を挙げ続けて1勝クラスを勝ち上がり。右回りで勝ち星はないがラチ沿いを頼って走りたい。馬格が小さくダッシュ力に欠けるため中団後方からのスタイルと合間ってレース展開はややマイナスだが素質はメンバー中随一であり距離も問題ないも、連勝してきた川田Jからの乗り替わりはマイナス。

【評価】全頭診断に戻る

2枠4番エクランドール(適正B 能力A 総合B)

父ディープインパクトに母父は日本中距離以上にマルチな能力を伝えるニジンスキー系。全兄に長距離G1を3勝したフィエールマンだが2000m前後でも優秀な実績を残した、中距離以上で優秀な兄という面で当馬も距離適正は問題ない。春に2戦2勝とはいえ100%で走ったことがなく、ルメールのおかげ。馬格が小さいく走りも不安定で1勝クラスを勝った後は成長を促す目的だった様だが最終追い切りでの成長は今ひとつで小さく見えフィエールマンよりは成長は遅そう。内に秘める力は能力は間違いなくディープインパクトの牝馬ということもあって古馬になってから改めて期待したい。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番キヨラ(適正C 能力C 総合C)

父エピファネイアに母父ニジンスキー系のラムタラ。ラムタラは偉大な競走馬として日本に輸入されたが種牡馬としては期待外れ。芝での実績ではデビュー2戦で2桁着順、盛岡で2走と実績的にかなり劣り今回は力試しの1戦。

【評価】全頭診断に戻る

3枠6番シャーレイポピー(適正C 能力B 総合C)

父ミッキーアイルに母父キングカメハメハ、祖母は2008オークス(G1)勝ち馬のトールポピー。2代血統だけ見ればディープにキンカメと日本競馬王道血統。父ミッキーアイル産駒は2000以上の勝ち星がなく父の実績にそった産駒を輩出している。当馬の勝ち星はマイル以下、前走1800m戦は最後200mの脚が先着馬に見劣りする。走りは優等生スタイルで難はないが更なる距離延長2000mとなる今回は厳しく適正距離に戻って再評価したい。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番パープルレディー(適正B 能力C 総合C)

父ディープインパクトに母はスプリンター戦線で活躍したメリッサで兄弟もマイル以下で活躍している。当馬は2000m以上で勝ち星を上げてきたが、近2走は期待にそぐわない結果に終わっている。馬体が小さく成長が見込めないとここでも厳しく、調教でもまだまだ馬体のパンプは欲しい印象。

【評価】全頭診断に戻る

4枠8番メイサウザンアワー(適正A 能力A 総合A)

父ノヴェリストに母父キングカメハメハ。祖母はG1勝ちのある名牝トゥザヴィクトリーで直仔には重賞活躍馬が揃う名牝系。オークスの権利を賭けたフローラSでは長期休み明けでも直線最後は勝ち馬集団に迫る4着、続くカーネーションCはギリギリまでの追い出しを我慢して仕掛けてからの反応鋭く完勝。左回りだけでなく中山での未勝利勝ちも強い内容。血統は欧州色強くスピードに不安が残るがカーネーションCでは早い上がりにも対応し反応も良く、好位で競馬できる脚力も備えており、勝ち負け候補の筆頭に挙げる。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番アイリッシュムーン(適正C 能力C 総合C)

父マクフィに母父アンブライドズソングでレース実績からはスピードよりも馬力型。前々で競馬できるが直線では反応が悪くジワッと伸びるタイプでスピードが殺される特殊な馬場に強そう。開幕週の中山では流石に上位進出は難しい。

【評価】全頭診断に戻る

5枠10番エイシンチラー(適正C 能力C 総合C)

父リアルインパクトに力強いスピードを伝える母父フレンチデピュティ。リアルインパクト産駒の2世代目となるが2000m以上での複勝圏内率0%と案外な成績。マイラーであった父にヴァイスリージェント系の母父配合で2000mで初複勝圏内となるイメージは湧かない。展開に自在に戦法を変えられる強みを持つが向かない展開での粘りに欠ける印象で2000mに向かない血統であることから今回も複勝圏内は厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番ファインルージュ(適正C 能力A 総合B)

父キズナに母父はスピードに長けたボールドルーラー系のボストンハーバー。桜花賞3着で好走はマイル以下に寄っており2400mのオークスでは特段の不利はなく明らかに距離が長かった。実績からはここでも人気を分け合う存在だが2000mは幾分長い印象。最終追い切りでは3頭合わせの真ん中でも怯まず力強い動きだが、素質だけで複勝圏内に入ってもおかしくない。

【評価】全頭診断に戻る

6枠12番アビッグチア(適正B 能力B 総合B)

父リオンディーズにスタミナ持続力を補強する母父セイントサイモン系。リオンディーズ産駒はこの世代が初年度産駒で長距離実績は乏しいも2000m(複勝圏内率18.5%)と1800m以下(複勝圏内率29.4%)では圧倒的に1800m以下実績に優れている。当馬はスタートしてからの脚力に優れ無理なく先行できる力を持って、且つ直線での持続力と粘りに長けており、開幕週の馬場はプラス。ただし左回り(3-0-0-1)に成績が偏っており右回り(0-1-0-2)では割引が必要。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番ハギノピリナ(適正B 能力B 総合B)

父キズナに母父は短距離に良績が集中するアドマイヤムーン。当馬はオークス3着、後方からロングスパートで長くいい脚が衰える事なく追い込んだ。スタートが速くなく後方からの競馬を強いられ開幕週の馬場は辛いが、これまでのロングスパートを引き続き発揮すればオークス3着がフロッグでなかったことを証明するだろう。2000mの距離短縮はマイナスだが、引き続き頼れる藤懸Jの手綱捌きに期待したい。

【評価】全頭診断に戻る

7枠14番ホウオウイクセル(適正A 能力C 総合B)

父ルーラーシップに母父はサンデー系のスペシャルウィーク、そして祖母はG1を5勝した名牝メジロドーベルとメジロの血を注ぐ馬。中山1800mのフラワーカップ(G3)を勝っておりフェアリーS(G3)でも2着とコース適正は問題なし。血統的に2000mも問題にせず舞台適正としては申し分なし。桜花賞16着後は休養に当てたが帰厩後の息遣いは今一歩で1週前にようやく形成を整えた格好で本調子はまだ先の印象。

【評価】全頭診断に戻る

8枠15番スライリー(適正B 能力A 総合B)

父オルフェーブルに母父ディープインパクト。道中乗り抜くく、2着に入ったフローラSはうまく乗ったがオークスではスタートで全てが終わった。最終追い切りでは跳びの大きい走りでどちらかというと広いコースの方が合いそう。引き続き石川Jが手綱を取りフローラSのイメージで乗ることを考えると開幕週の馬場は合い、重賞で好走する素質は秘めており再びの大舞台への切符もあり得る。

【評価】全頭診断に戻る

8枠16番クイーンスイープ(適正B 能力A 総合A)

父ドゥラメンテに母父フォーティナイナー系のエンドスウィープ、母はG1を3勝したスゥイープトウショウで兄弟もそれなりに勝ち上がりを見せている。当馬は4戦2勝2着2回と100%連対を誇る。コーナーリングが苦手な様子でコーナー出口ではポジションを落としたり、他馬を気にする素振りを見せ、さらに馬場が悪化するとノメるタイプ。ただ直線で追われてからの加速力、ゴールまでのスピードの持続力に長けており開幕週の良馬場なら穴候補として推したい。

【評価】全頭診断に戻る

8枠17番ホウオウラスカーズ(適正B 能力A 総合B)

父ディープインパクトに母父はシャマーダル。スイートピーSこそ破れてオークスの権利は得られなかったものの夏競馬で連勝して力は示した。ただマイルでの連勝であり破れたスイートピーSは1800mと距離不安は残る。3歳牝馬同士の戦いで秋華賞へ向けての力試しの1戦となる。

【評価】全頭診断に戻る

8枠18番プレミアムエンブレム(適正B 能力A 総合B)

父ルーラーシップにG1を2勝のメジャーエンブレム。勝ち身に遅いタイプで夏の北海道で1勝クラスを勝ち上がり。父がルーラーシップになりある程度の距離融通は効き開幕週の小回り中山は誤魔化しが効きそう。ただ両親の馬格からするともう少し馬格が欲しいところ。前進気勢の強いのも前々で競馬ができることはプラスに働く。力試しの1戦。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021紫苑S

コメダンク

今回は2021紫苑Sの全頭診断について解説しました!

A評価(○)

(適正B、能力S)ミスフィガロ

メイサウザンアワー

B評価(△)

(適正A)スルーセブンシーズ、

(能力A)ホウオウラスカーズ、プレミアエンブレム、スライリー、クイーンスイープ、エクランドール

(適正C、能力A)ファインルージュ

(適正A、能力C)ホウオウイクセル、

ハギノピリナ、アビッグチア

C評価(×)

(適正B)パープルレディー

(能力B)トウシンモンブラン、シャーレイポピー

キヨラ、エイシンチラー、アイリッシュムーン

オルガン

春の実績馬よりも隠れた実力馬に好評価だね。

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる