2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

スプリント女王への序章!2021セントウルS全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 競馬初心者で馬券の買い方に悩んでる人
  • 競馬玄人でも予想に自信のない人
  • 競馬玄人で自分の考えと比較参考にしたい人
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回はセントウルSの全頭診断をご紹介します!

オルガン

サマースプリントシリーズ最終戦にしてスプリンターズSに向けた重要な1戦だね

コメダンク

スプリント路線の絶対王者不在の中、新たなチャンピオン候補が集結しました。

オルガン

レスシテンシアのスプリント女王への道はここから始まる!?

スポンサーリンク
目次

【結論】2021セントウルS<評価>

【評価】まとめ

S評価(◎)

レシステンシア

A評価(○)

ラウダシオン、カレンモエ、クリノガウディー

B評価(△)

(能力A)ジャンダルム、ピクシーナイト

メイショウチタン、シゲルピンクルビー

C評価(×)

(適正B)レッドアンシェル、シャンデリアムーン

(能力B)ボンボヤージ、タイセイビジョン

シャインガーネット、ベストアクター、ジャスティン、ナランフレグ、ラヴィングアンサー

コメダンク

レシステンシアは負けられない1戦。スプリント界の新女王に向け満点のS評価です!

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
ボンボヤージ
CB詳細を見る
1枠2番
シャインガーネット
CC詳細を見る
2枠3番
ラウダシオン
AA詳細を見る
2枠4番
レッドアンシェル
BC詳細を見る
3枠5番
タイセイビジョン
CB詳細を見る
3枠6番
シャンデリアムーン
BC詳細を見る
4枠7番
ベストアクター
CC詳細を見る
4枠8番
レシステンシア
SS詳細を見る
5枠9番
ジャスティン
CC詳細を見る
5枠10番
ジャンダルム
BA詳細を見る
6枠11番
カレンモエ
AA詳細を見る
6枠12番
メイショウチタン
BB詳細を見る
7枠13番
ナランフレグ
CC詳細を見る
7枠14番
クリノガウディー
AA詳細を見る
8枠15番
ピクシーナイト
BA詳細を見る
8枠16番
ラヴィングアンサー
CC詳細を見る
8枠17番
シゲルピンクルビー
BB詳細を見る
2021セントウルS全頭診断まとめ

【予想】2021セントウルS<レース展開>

【解説】レース設定

中京競馬場芝1200m
コースセッティング

中京競馬場 第5回開催2日目 11R 3歳上オープン 別定 G2

芝1200m Aコース

ゴール前直線距離:412.5m

コンディション

天候予想:晴れ(予想)

馬場:良、やや硬め(予想)

オルガン

夏の間に内側の芝を張り替えたようで力さえあれば内枠内側を通った方が有利そうだね

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : ハイペース

有利な位置取り : 先行 新グリーンベルトの内側のポジション取りが鍵

注目馬 : (8)レスシテンシア、(11)カレンモエ、(14)クリノガウディー

【位置取り予想】スタートから1コーナー
【解説】スタートから1コーナー

内枠を活かして(3)ラウダシオンが頭を主張。いつも通りスタートダッシュの効く(11)カレンモエが外から先団に取り付く。先頭の馬を見ながら(8)レシステンシアが好位で追走。(14)クリノガウディーは前に壁を作り直線に賭ける。(10)ジャンダルムは前に行きたいところだが他の快速馬の後陣を喫して中団で末脚を活かす競馬に。(15)ピクシーナイトは外枠から先団に取り付こうと押して押しての展開。

【位置取り予想】4コーナーから最終直線
【解説】4コーナーから最終直線

(3)ラウダシオンが先頭で直線に、その後方から(8)レスシテンシアが迫り(11)カレンモエも外から脚を伸ばす。(5)タイセイビジョンと(14)クリノガウディー、(15)ピクシーナイトが先行集団の争いを尻目に外から一気の追い込みを仕掛け、(10)ジャンダルムと(17)シゲルピンクルビーは伸びあぐねる。

【解説】2021セントウルS<全頭診断>

1枠1番ボンボヤージ(適正C 能力B 総合C)

父ロードカナロアに母父ディープインパクト。前走の北九州記念は軽斤量であったものの馬場に泣き直線では伸びを欠いた。重賞2回目の挑戦となる今回、主戦の川須Jに戻るのはプラス。ただメンバー強化、最内枠、斤量増と強く押せる材料はなく左回り実績も乏しく厳しいレースが予想される。

【評価】全頭診断に戻る

1枠2番シャインガーネット(適正C 能力C 総合C)

父オルフェーブルに母父ミスプロ系のゴーンウエストで父の馬力にスピード強化もオルフェーブル産駒の1200m実績(複勝圏内率15.7%)は他距離に比べ思わしくないが、前向きな気性的にはマッチしている。今回が1200mデビュー戦となるがまずは早い道中の流れに慣れるための1戦。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番ラウダシオン(適正A 能力A 総合A)

父リアルインパクトに母父ファピアノ系とスピードの長けた血統。2020NHKマイルCの勝ち馬もその後はG2以下で善戦するもG1では大敗続き。休み明け初戦があっているタイプで左回り得意で開幕週の馬場で前々で粘り強い走りが期待でき上位争いの筆頭候補に推す。

【評価】全頭診断に戻る

2枠4番レッドアンシェル(適正B 能力C 総合C)

父マンハッタンカフェに母父ストームキャット系で母系のロベルトを持つ特殊馬場に強いタイプ。前走得意の小倉で最後は足を伸ばすもポジションの差で5着。今回は2019CBC賞の勝ち舞台だが開幕週の馬場はメンバー構成と7歳馬にとっては厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番タイセイビジョン(適正C 能力B 総合C)

父タートルボウルに母父スペシャルウィーク。マイル以下重賞を2勝しているが近走はスタートで負けして後方からの競馬となっている。前走CBC賞も出遅れたが内の開いたところを鋭い末脚で強襲しての4着でその間には他馬に挟まれることも苦にせず馬群を割ってきた。掲示板確保か大敗か極端な成績となっているが今回は実績の乏しい左回り(1-0-0-4)であり大敗を選択。

【評価】全頭診断に戻る

3枠6番シャンデリアムーン(適正B 能力C 総合C)

父アドマイヤムーンに母父タイキシャトル。逃げて真価を発揮するタイプでダートを除く近5走で逃げた時の成績は(1-0-1-0)、残り3走は掲示板外。必ずしもスタートでダッシュのつく馬ではないが強力スプリンターが揃うG2では実力不足は否めない。但し血統的には短距離に向いたスピードと持続力を持っていそうで大穴では狙ってみたい。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番ベストアクター(適正C 能力C 総合C)

父ディープインパクトに母父クロフネといかにもマイル戦に強そうな血統。2020阪急杯(G2)を制して1年の休養、その後は2戦連続ブービー。7歳馬にとって1年のブランクは衰えしかなくここでも厳しいレースを強いられると予想する。

【評価】全頭診断に戻る

4枠8番レスシテンシア(適正S 能力S 総合S)

父ダイワメジャー、母型にノーザンダンサー系が詰まった血統。実績はメンバーNo1。鞍上もルメールを配し調教も流石の迫力デモ。左回りでこそ勝ち星がないが(0-2-0-1)の2着2回はともにG1。中京1200mも経験済み、休み明けも苦にせず、ここでも当然の勝ち負け候補筆頭。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番ジャスティン(適正C 能力C 総合C)

父オルフェーブルで母父ミスプロ系のゴーンウエストはシャインガーネットと同じ。2走前の函館SSで芝を使われ一度地方ダートに戻っての芝再挑戦。函館SSではスタートから入れ込み直線に入る前には既に後方に下がってしまったが決して道中のスピードについていけていないわけでなく、気性的な悪さが出た。しかしメンバー強化となる今回は掲示板争いをできる可能性は低いと見る。

【評価】全頭診断に戻る

5枠10番ジャンダルム(適正B 能力A 総合B)

母は2002セントウルSを制したビリーブで母子制覇掛かる1戦。前走の北九州記念(G3)では期待とは裏腹にゲートで暴れて出負けして直線は外々を回されての7着。但し勝ち馬とも0.4秒差と大きく負けておらず最後の脚は確かなものを感じた。斤量も56kgと前走より軽くなるのはプラスも左回り実績(1-0-0-6)は思わしくなく勝ち負けよりも最後強襲しての複勝圏が妥当な狙い目。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番カレンモエ(適正A 能力A 総合A)

父ロードカナロアに母父クロフネ、母は名スプリンターのカレンチャン。常に安定した走りでスタートよし仕舞いよしとスプリント能力は現役屈指。今回は3勝クラス勝ち以来の中京左回りとなるが、当該レースでは強い内容で先行して直線早め先頭も最後は後続をさらに引き離す競馬を見せ左回りも問題ない。但し勝ち身に遅く重賞3戦連続2着は勝ち星に恵まれない星のもとに生まれのか既に5歳となり更なる上積みは見込めにくく、ここでも紐までに押さえておくのが良い。

【評価】全頭診断に戻る

6枠12番メイショウチタン(適正B 能力B 総合B)

父ロードカナロアに母父マイネルラブ。スプリントに適したスピードに長けた血統も1200m戦は(0-0-0-5)と奮わない。左回り(1-0-1-1)、良馬場以外成績(2-0-0-1)と問題にしないが仕舞いが甘くなる感じがあり、もう少しゆったりとした距離が良さそう。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番ナランフレグ(適正C 能力C 総合C)

父ゴールドアリュールに母父ブライアンズタイム。父はサンデーサイレンスの直子だがダートに特化した得意な馬でロベルト系のブライアンズタイムも考えれば芝であればもう少し距離があった方が良く芝の早い道中と上がりは馬力よりスピードを要求される。能力的にはオープンクラスでも善戦できるが重賞でこのメンバーに入れば展開や馬場の助けがないと厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

7枠14番クリノガウディー(適正A 能力A 総合A)

父スクリーンヒーローに母父ヘイロー系とスピードよりは馬力に長けた血統。2020高松宮記念で1着入線も降着裁定で幻のG1馬となった。その後は期待をされながらも不振を極めたが近2走は岩田康誠Jに変わり中京で2連勝。オープンクラスの実績が重賞に入って通用するか、連勝の勢いに乗って狙い澄ましたセントウルS参戦で上位進出を期待できる。

【評価】全頭診断に戻る

8枠15番ピクシーナイト(適正B 能力A 総合B)

父モーリスに母父キングヘイローとスピードと馬力に長けた血統。前走CBC賞では初の1200m戦&古馬との対決となったが2着と検討。斤量の恩恵があったとは言え将来のスプリント戦線を担う1頭。中京は勝率100%と苦にしないも調教では右に斜行する癖が気になり左回りではマイナス。紐までに押さえる。

【評価】全頭診断に戻る

8枠16番ラヴィングアンサー(適正C 能力C 総合C)

父ダイワメジャーに母父ロックオブジブラルタル。7歳と高齢であってもオープンクラスでは上位の実力を持っているが重賞では力及ばないことは戦歴からも明らかで年齢的な上積みも見込めない。調教での走りは迫力があって休み明けでもコンディションは良さそう。

【評価】全頭診断に戻る

8枠17番シゲルピンクルビー(適正B 能力B 総合B)

父モーリスに母父サドラーズウェルズと重厚な血統。前走の北九州記念(G3)で2戦目の古馬挑戦となり特殊な馬場の中でも4着と検討。先団から好位で競馬するスタイルが今回は大外になることはマイナス。左回りは初めてで未知数。今回も引き続き52kgでの出走と斤量の恩恵を受けるが夏競馬とはメンバー構成が強化され厳しい競馬が予想され、距離ロスを最小限にした後方一気に腹を括れば1発あって良い。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021セントウルS

コメダンク

今回は2021セントウルSの全頭診断について解説しました!

S評価(◎)

レシステンシア

A評価(○)

ラウダシオン、カレンモエ、クリノガウディー

B評価(△)

(能力A)ジャンダルム、ピクシーナイト

メイショウチタン、シゲルピンクルビー

C評価(×)

(適正B)レッドアンシェル、シャンデリアムーン

(能力B)ボンボヤージ、タイセイビジョン

シャインガーネット、ベストアクター、ジャスティン、ナランフレグ、ラヴィングアンサー

オルガン

レシステンシアの相手探しの1戦、A評価から選べばいいよね!

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる