2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

【覚醒した5歳女王にS評価!】2021札幌記念・全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 競馬初心者で馬券の買い方に悩んでる人
  • 競馬玄人でも予想に自信のない人
  • 競馬玄人で自分の考えと比較参考にしたい人
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回は札幌記念の全頭診断をご紹介します!

オルガン

G1桜花賞馬・白毛アイドルホースのソダシが登場するね

コメダンク

香港でQE2世Cを制したラヴズオンリーユーとの直接対決も注目です!

オルガン

サマー2000シリーズチャンピオンも決まるかもしれないし注目の1戦だね

スポンサーリンク
目次

【結論】2021札幌記念<評価>

【評価】まとめ

S評価(◎)

ラヴズオンリーユー

A評価(○)

(適正S)ウインキートス、ソダシ

B評価(△)

(適正A)ペルシアンナイト

(適正A、能力C)ブラストワンピース

(能力A)トーラスジェミニ

アイスバブル、ステイフーリッシュ、ディアマンミノル、バイオスパーク

C評価(×)

(能力B)ユーキャンスマイル

マイネルウィルトス

オルガン

ラヴズオンリーユーに最高のS評価!期待度ハンパないね!!

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
ステイフーリッシュ
BB詳細を見る
2枠2番
サトノセシル
BC詳細を見る
3枠3番
マイネルウィルトス
CC詳細を見る
4枠4番
ラヴズオンリーユー
SS詳細を見る
4枠5番
トーラスジェミニ
BA詳細を見る
5枠6番
バイオスパーク
BB詳細を見る
5枠7番
ペルシアンナイト
AB詳細を見る
6枠8番
ユーキャンスマイル
CB詳細を見る
6枠9番
アイスバブル
BB詳細を見る
7枠10番
ディアマンミノル
BB詳細を見る
7枠11番
ウインキートス
SA詳細を見る
8枠12番
ブラストワンピース
AC詳細を見る
7枠13番
ソダシ
SA詳細を見る
2021札幌記念全頭診断まとめ

【予想】2021札幌記念<レース展開>

【解説】レース設定

札幌競馬場芝2000m
コースセッティング

札幌競馬場 第2回開催4日目 11R 3歳上オープン G3

芝2000m

ゴール前直線距離:264.3m

コンディション

天候予想:晴れ(予想)

馬場:良・やや軟らかい(予想)

含水率:12〜15%(予想)

オルガン

札幌競馬場は丸っこい形だから数字よりも直線が短く、函館よりも先行馬有利の傾向だね。

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : ミドルペース

有利な位置取り : 先行 中団より前で逃げ馬を見ながら競馬ができる馬、穴には後方勢より

注目馬 : (X)ラヴズオンリーユー、(12)ソダシ、(13)ウインキートス

【位置取り予想】スタートから1コーナー
【解説】スタートから1コーナー

(1)ステイフーリッシュが最内枠を活かして鼻を切って、直後に(5)トーラスジェミニが控え、外から(11)ウインキートスがストレスフリーに追走する。(4)ラヴズオンリーユーは先行勢直後に位置し(2)サトノセシルがマーク、外から(13)ソダシが好位集団を形成する。その他は好位組の後ろで抜け出しやすいポジション取り争いになり、ごちゃつきにくい外枠の馬がより有利になる。

【位置取り予想】4コーナーから最終直線
【解説】4コーナーから最終直線

内の(1)ステイフーリッシュと外の(11)ウインキートスが並んで直線へ、間を(5)トーラスジェミニが抜け出しタイミングを図る。(4)ラヴズオンリーユーは早め(5)トーラスジェミニに並び、(13)ソダシはまくり気味に外から早め進出。(2)サトノセシルは(1)ステイフーリッシュの内の隙を突き、(7)ペルシアンナイトが馬群の真ん中を強引に突き進む。(12)ブラストワンピースは敢えての内突き、(6)バイオスパークが外突きを仕掛ける。

【解説】2021札幌記念<全頭診断>

1枠1番ステイフーリッシュ(適正B 能力B 総合B)

前走、ラヴズオンリーユーの2着となった京都記念からフレグモーネ(化膿性疾患)明け半年振りの競馬。競馬場形態や馬場も問わず弱点は少ないがG1では実力不足のタイプ。今回はG2といえど休み明け、且つG1級の相手に対し上位進出は難しい。ただし矢作厩舎2頭だしの人気薄、紐には一考の価値あり。

【評価】全頭診断に戻る

2枠2番サトノセシル(適正B 能力C 総合C)

フランケルを始め欧州血統で構成され、前走クイーンSの直前の大雨が味方して3着。先行するかと思いきや後方からしぶとく脚を伸ばした。洋芝で力のいる馬場とはいえ函館ほど馬力を要しない札幌では2勝クラスの当馬が上位進出は厳しい。ただし鞍上がルメールに変わるため紐の1角として押さえておく方が無難か。

【評価】全頭診断に戻る

3枠3番マイネルウィルトス(適正C 能力C 総合C)

ロベルト系のスクリーンヒーローに米国型にしては珍しいスタミナと馬力を強化する母父の血統。スピード勝負よりは前のこりのタフな競馬が得意なタイプ。2走前の超不良馬場を勝ったように馬場が荒れて強いタイプで、実績だけ見れば札幌は複勝内率100%と苦にしないと見えるが、その時の相手とは比べ物にならない強化される。前走・函館記念は凱旋門賞前哨戦の位置付けで気合が入りすぎたか8着だったが、凱旋門賞挑戦は白紙になった今回は無欲の重賞挑戦となり怖い存在に。ただし、実力的には特殊な馬場になって1発ある馬で今回は連下までに留めるのが妥当。

【評価】全頭診断に戻る

4枠4番ラヴズオンリーユー(適正S 能力S 総合S)

3歳時にオークス(G1)を勝ったがそれ以降は善戦止まりも、前走QE2世C(香港G1)を勝ち5歳春にしてついに本格化した印象(こういう牝馬は最も強烈)。ディープにスマートキャットの黄金配合は早くにピークを迎える印象も流石の矢作厩舎の力で第二成長期を実現した。これはリシュグラシューを育てた経験が活かされていると思われる。本質的には広いコースがあっているが、札幌と同じような作りの香港で勝ったことからも初の札幌も問題とならない。ソダシと人気を2分するだろうが、斤量3kg差はここでは問題にならないとみて本命候補に推奨する。

【評価】全頭診断に戻る

4枠5番トーラスジェミニ(適正B 能力A 総合B)

欧州のキングズベストに非主流に強いマンハッタンカフェが母父。前走・七夕賞で重賞馬の仲間入りを果たした。リステッドでは上位も重賞では今ひとつパンチがなかったが、2走前の安田記念含めマイル重賞経験を積みここにきて馬力にスピードが加わった。とはいえ、前走は馬場が渋り後続勢が脚を使えなかったことも味方した。ここを勝てばサマー2000シリーズチャンピオンが確定する1戦、1週前追い切りでは美浦で南Wで一杯に追われハツラツした動きで陣営の本気度が伺える。

【評価】全頭診断に戻る

5枠6番バイオスパーク(適正B 能力B 総合B)

オルフェーブルに米国のスピード要素が補われた血統。前走・函館記念では3コーナー付近からのロンスパで早め抜き出すも前の勝ち馬からは0.5遅れ、後方からの追撃にもあったがしぶとく脚を伸ばし3着を確保。函館適正を示したが、札幌は初出走。相手強化で前走の着差を考えればここでは一枚落ちる。

【評価】全頭診断に戻る

5枠7番ペルシアンナイト(適正A 能力B 総合B)

2017マイルCS勝ち馬にして昨年の2着馬の洋芝巧者ハービンジャーの産駒。7歳と年齢を重ね上昇は見込めないが、G1でも度々複勝圏に飛び込んでくる実力(器用さ)は持っている。面白いものでマイルCSと札幌記念では上位争いをしてきており、今回は勝ちまでは厳しいが複勝圏に飛び込んできてもおかしくない。

【評価】全頭診断に戻る

6枠8番ユーキャンスマイル(適正C 能力B 総合C)

キングカメハメハにダンスインザダークと2000m戦に強いと思えないが、2年前の新潟記念では勝利。それ以来の2000m戦となるが流石に3000m超えからの転戦はゆったり後方待機をする当馬にとっての道中のペースは厳しいので、秋のG1戦線へスピードを取り戻すための1戦と考えた方が良さそう。

【評価】全頭診断に戻る

6枠9番アイスバブル(適正B 能力B 総合B)

前走の函館記念はタフな流れで上がり最速の2着。ディープ×キンカメの黄金配合の割には上がりが掛かる方が良いタイプ。札幌に代わり函館よりは緩みそうだが、今回は強力な先行馬が2、3頭いてペースも流れることが予想されるので、当場にとってはプラスに働く。ただし相手強化により平均的な当馬がここで1発という展開は望めなさそう。

【評価】全頭診断に戻る

7枠10番ディアマンミノル(適正B 能力B 総合B)

オルフェーブルに米国のスピード要素を加えられた当馬。前走・函館記念は後方から外を回ってのタイム差なしの4着。アイスバブルと上がりも同タイムで内外のコース取りの差と考えて良い。戦歴通じて基本的には追い込み脚質でどんなレース展開でも最後は確実に脚を使える。ただし実力的にはオープンからG3クラス。展開が紛れて3着に突っ込んで来るとすれば極端な脚質を持つこの馬。

【評価】全頭診断に戻る

7枠11番ウインキートス(適正S 能力A 総合A)

ゴールドシップの馬力に母系からスピードを補われたタイプ。中長距離の早い上がりにも消耗戦にも強く4歳にして充実してきた気配。2走前に15着と大敗した時は前をいく馬のキックバックに嫌気がさし競馬を辞めたように気性的な幼さは残す。ゴールドシップ産駒は札幌を得意としており(勝率10.2%、複勝圏内率36.7%)、前走から相手強化も1年振りの2000m戦のペースに適応できれば複勝圏も期待でき、穴候補の1頭に推奨。

【評価】全頭診断に戻る

8枠12番ブラストワンピース(適正A 能力C 総合B)

2019勝ち馬で2018有馬記念を勝った洋芝巧者ハービンジャーの産駒。550kg近い雄大な馬体で3歳時はそれがパワーにつながったが、古馬になって仕上がりの悪さとなった。前走は5ヶ月半の休み明けの鳴尾記念を3着と復調気配を見せるも後続が脚を使えない展開でG3クラスの馬たちより地力が勝っただけ。ここをかって秋のG1戦線に復活を賭けたいところだが、勢十分の牝馬&上り馬の中では再浮上は厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

8枠13番ソダシ(適正S 能力A 総合A)

アイドルホース白毛の3歳牝馬にして桜花賞馬。クロフネ産駒&厳しいマークにより前走2400mのオークスでは8着。秋の路線が注目される中での試金石。3歳から完成度高く常に迫力のある走りで洋芝適性も問題なし。初めてのG1級の古馬との対戦だが52kgの軽斤量と実力で勝ち負けも十分あるが、今回は覚醒した強力な相手がいる中で対抗以下の評価が妥当。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021札幌記念

コメダンク

今回は2021札幌記念の全頭診断について解説しました!

S評価(◎)

ラヴズオンリーユー

A評価(○)

(適正S)ウインキートス、ソダシ

B評価(△)

(適正A)ペルシアンナイト

(適正A、能力C)ブラストワンピース

(能力A)トーラスジェミニ

アイスバブル、ステイフーリッシュ、ディアマンミノル、バイオスパーク

C評価(×)

(能力B)ユーキャンスマイル

マイネルウィルトス

オルガン

ラヴズは同じ厩舎のリシュグラシューと同じ雰囲気が漂っているね

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる