2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

”タガノ”初のビッグタイトルへ!2021ローズS全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 馬券の買い方に悩んでる競馬初心者の方
  • 予想の参考にしたい競馬玄人の方
  • 筆者と仲良くしてくれる競馬ブログやnoteの運営者や競馬関係者
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回はローズSの全頭診断をご紹介します!

オルガン

牝馬三冠・秋華賞に向けた最終トライアルだね

コメダンク

先週の紫苑S同様、ソダシへの挑戦権を賭けた1戦です。

オルガン

サトノレイナスの故障、ユーバーレーベンは故障明けで秋華賞直行・・・ますますソダシ1強ムードの中で第4勢力は出現するのか楽しみだね。

スポンサーリンク
目次

【結論】2021ローズS<評価>

【評価】まとめ

S評価(◎)

タガノパッション

A評価(○)

アンドヴァラナウト、クールキャット

B評価(△)

(能力A)アールドヴィーブル、イリマ

(適正C、能力A)オヌール、プリュムドール

(適正A、能力C)オパールムーン

アイコンテーラー、ストゥーティ、タガノディアーナ

C評価(×)

(適正B)エンスージアズム、スパークル

(能力B)メイショウユニオリ

エイシンヒテン、オータムヒロイン、コーディアル、レアシャンパーニュ

コメダンク

血統・戦歴・走法ともにソダシへの挑戦権1番手になるのはタガノパッション!堂々のS評価です!

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
イリマ
BA詳細を見る
1枠2番
エンスージアズム
BC詳細を見る
2枠3番
アイコンテーラー
BB詳細を見る
2枠4番
スパークル
BC詳細を見る
3枠5番
クールキャット
AA詳細を見る
3枠6番
メイショウユニオリ
CB詳細を見る
4枠7番
ストゥーティ
BB詳細を見る
4枠8番
オータムヒロイン
CC詳細を見る
5枠9番
タガノパッション
SS詳細を見る
5枠10番
エイシンヒテン
CC詳細を見る
6枠11番
プリュムドール
CA詳細を見る
6枠12番
アンドヴァラナウト
AA詳細を見る
7枠13番
コーディアル
CC詳細を見る
7枠14番
アールドヴィーヴル
BA詳細を見る
8枠15番
オパールムーン
AC詳細を見る
8枠16番
タガノディアーナ
BB詳細を見る
8枠17番
オヌール
CA詳細を見る
8枠18番
レアシャンパーニュ
CC詳細を見る
2021ローズS全頭診断まとめ

【予想】2021ローズS<レース展開>

【解説】レース設定

中京競馬場芝2000m
コースセッティング

中京競馬場 第5回開催4日目 11R 3歳オープン G2

芝2000m Aコース

ゴール前直線距離:412.5m

コンディション

天候予想:晴れ(予想)

馬場:稍重、やや軟らかめ(予想)

オルガン

台風の影響で先週の馬場から軟らかい馬場になったけどレートまでの回復は早いと思うよ。

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : スローペース

有利な位置取り : 差し コーナー4つで消耗戦になれば後方勢に勝機あり!

注目馬 : (9)タガノパッション、(15)オパールムーン、(14)アールドヴィーヴル

【位置取り予想】スタート
【解説】スタート

(10)エイシンヒテンがスタートの速さを活かして逃げる。それ以外は全体的に牽制し合い(1)イリマ、(5)クールキャットが内、(12)アンドヴァラナウトが外から好位を進む。外枠の(17)オヌールは先行したいが(14)アールドヴィーヴルと共に中団に落ち着く。(9)タガノパッション、(15)オパールムーンが直線に賭ける位置取り。

【位置取り予想】ゴール前
【解説】ゴール前

(10)エイシンヒテンが好位組に飲み込まれ(1)イリマが先頭になり直後に(5)クールキャットが抜け出しタイミングを図り、(12)アンドヴァラナウトが連れて上がってくる。(14)アールドヴィーヴルが外からロングスパートを仕掛け、(17)オヌールはエンジン掛かり遅め。(9)タガノパッションは内目を縫うように追い込み、馬場が悪ければ(15)オパールムーンが後方一気に駆け上がる。

【解説】2021ローズS<全頭診断>

1枠1番イリマ(適正B 能力A 総合B)

父キズナ(ディープ系) 母父ウォーエンブレム(米ミスプロ系)

キズナの母父はストームキャットで全体的にスピード&ダート向きの血統だが半姉に2019府中牝馬S(G2)勝ち馬のスカーレットカラー。

スピードの持続性が素晴らしく頭の低い走法は好感。4走前未勝利2着の勝ち馬は紫苑S3着のミスフィガロ。

スタートのバランスが悪く出遅れの危険性。良馬場がよく土曜日の雨(予想)が残れば能力ダウンが顕著。主戦の和田Jからの乗り替わり。

馬場次第だが能力はメンバー上位で紐に押さえる。

【評価】全頭診断に戻る

1枠2番エンスージアズム(適正B 能力C 総合C)

父ディープインパクト(サンデー系) 母父ストームキャット(米ストームバード系)

現代日本競馬のニックス。主流の根幹レースに強い。

瞬発力が高くスローのヨーイドンに強い。馬体が小さくとも怯まない根性を持っている。

血統傾向に反し根幹距離に弱く1800m戦のみ連対で左回り2000mは厳しい。G1以外では掲示板確保もG1では掲示板に乗れない総合力の低さ。

血統的にはマッチしているがメンバー的に総合力で劣る。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番アイコンテーラー(適正B 能力B 総合B)

父ドゥラメンテ(キングマンボ系) 母父ケイムホーム(米ミスプロ系)

ドゥラメンテ産駒は牡馬の成績(複34.3%)が牝馬より良い(複24.5%)。ケイムホームはダート短距離に強い種牡馬でスピードを伝える。

稍重の前走ラジオNIKKEI賞(G3)は敗れたが馬場が荒れた方が良いピッチに近い走法で土曜日の雨(予想)が残れば上位進出も可能。

開幕4日目の良い馬場状態は他馬比較で好転しない。左回りで2勝も常に外に手綱を引っ張っており気性が悪く真っ直ぐ走れない走法は調教でも現れる。気性の悪さは前走4コーナーで勝ち馬に外に振られてポジションを落としたことからも繊細な心の持ち主で多頭数に不安。

よっぽど馬場が悪くならなければ上位進出は難しい。

【評価】全頭診断に戻る

2枠4番スパークル(適正B 能力C 総合C)

父エピファネイア(ロベルト系) 母父ネオユニヴァース(サンデー系)

父の総合力の高さに母父から馬力を補った血統で高速馬場より渋った馬場の方が良い。

中京(1-1-1-0)を得意にしていて左回り(2-1-1-0)とコース条件はマッチ。先行できる脚力と馬格は心強い。

頭の高い走法はスピードに劣る。唯一の重賞挑戦NZT(G2)は明らかな力負けで夏の成長で再度の重賞挑戦で通用するか。中内田厩舎で川田Jでないとことは本気度がそれほど高くない。

初距離も舞台設定はピッタリ。ただ相手関係次第で総合力では一枚劣る。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番クールキャット(適正A 能力A 総合A)

父スクリーンヒーロー(ロベルト系) 母父ダンスインザダーク(サンデー系)

半兄にG3を2勝したトリオンフがいる血統。ダンスインザダークは母父として総合力を伝える一方で突出した特徴がない。

フローラS(G2)勝ちの鞍上、ルメールJの騎乗は期待大。前走オークスでは逃げて目標にされたが、先団でマークする形がベスト。2勝はともに左回りで長く良い脚を使えるのは左回り中京2000mはプラス。気性のため初めての輸送競馬も問題にならない。

目立ったマイナス材料はないが、成績が安定しない。ハマらなければ大敗もあり得る。

ルメールを配しての1戦も軸推しは厳しく紐には押さえておきたい。

【評価】全頭診断に戻る

3枠6番メイショウユニオリ(適正C 能力B 総合C)

父ジャスタウェイ(サンデー系) 母父ドリームジャーニー(サンデー系)

ジャスタウェイや父の父ハーツクライの晩成血統。叔父にキタサンブラックがいる血統。馬力のあるスピードがあるタイプ。

北海道シリーズで3戦2勝3着1回とそれ以前の凡走を払拭。前向きな気性から仕掛けられてからの瞬発力に優れる。

道中は常に手綱を引きっぱなしで前向き過ぎる気性は危うさがある。野芝には実績がない。

主戦の池添Jが競馬を教えながら北海道シリーズを勝ち上がってきた印象。ただ本当に良くなるのは4歳以降。ヒモまで。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番ストゥーティ(適正B 能力B 総合B)

父モーリス(ロベルト系) 母父ゼンノロブロイ(サンデー系)

母は2016マーメイドS(G3)勝ち馬リラヴァティ、叔母に2016オークス(G1)勝ち馬シンハライトで優秀な母系。父がマイル以下の芝で活躍しロベルト系らしく前向きで馬力に長ける。

前走1勝クラスのような荒れた馬場(2-0-1-0)が理想で土曜日の雨が多く残れば有利に働く。左回り(1-0-1-1)も苦にしない。先行して粘る走法。

2000mは長く1800mがギリギリ。頭が高い走法は最高速のスピードに欠ける。

圧倒的なプラス、マイナス要素がない分、勝ち負けは厳しいが、チューリップ賞3着だったように力はありヒモまでに押さえる。

【評価】全頭診断に戻る

4枠8番オータムヒロイン(適正C 能力C 総合C)

父スクリーンヒーロー(ロベルト系) 母父キングマンボ(キングマンボ系)

半姉に重馬場2012エリザベス女王杯(G1)3着のピクシープリンセス(ディープインパクト)。馬力に秀でたタイプ。

週末の雨が多く残れば馬力が活きる。前走不可思議な札幌2600mは参考外で2000mなら守備範囲。馬名の秋のヒロインに因んでの激走期待。

母系からもスピードに劣り開幕4日目の馬場は有利にならない。

血統的に面白く非根幹距離で期待したい。意味のわからない2600mからの転戦と根幹距離2000mのため今回は軽視。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番タガノパッション(適正S 能力S 総合S)

父キングカメハメハ(キングマンボ系) 母父シンボリクリスエス(ロベルト系)

父の総合力の高さに馬力をプラスした血統でスピードの持続力が活きてスタミナもある。母系にステイゴールドがいる。

オークス(G1)4着でスイートピーSは楽勝。世代トップレベルの実力を持ち、持ち味は後方からの瞬発力の高さとスピードの最高速。厩舎コメントでは元気いっぱいの様子でコンディションが良さそう。春より馬体に迫力が出てきて調教では仕掛けられて加速を見せた。

今回が5戦目で経験値の少なさくらいで大きなマイナス材料はない。

春の実績馬がさらに成長して最後の1冠に向けてステップレースらしくまだまだ余裕残しの仕上げもメンバー中最上位の実力を持つ。本命候補。

【評価】全頭診断に戻る

5枠10番エイシンヒテン(適正C 能力C 総合C)

父エイシンヒカリ(ディープ系) 母父エイシンワシントン(米ダマスカス系)

2015香港C(香G1)、2016イスパーン賞(仏G1)勝ち馬で快速馬の父と短距離G1好走の母父でスピード一辺倒の血統。父の産駒は牝馬の成績(連20.0%)が牡馬より良い(複11.6%)。

スタートが早く逃げ~先行できるスピードを持つ。

本質はマイル以下が良さそう。現時点で完成度が低い。

メンバー構成的に実力に見劣り厳しい展開を予想もレース展開を握る馬。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番プリュムドール(適正C 能力A 総合B)

父ゴールドシップ(サンデー系) 母父フレンチデピュティ(米ヴァイスリージェント系)

母系にタニノギムレットがいてタフなゴールドシップに母父からスピードを補い母系から馬力をさらにプラスした血統。

2000m以上で良積が集中(2-2-0-0)。上りのかかる馬場でスピードを落とさず馬力で走り続けられる。

休み明けよりは使い込まれた方が気が乗って良さそう。

本命候補のタガノパッションとは逆のタイプだが上位争いできる能力はある。穴後方として押さえておきたい。

【評価】全頭診断に戻る

6枠12番アンドヴァラナウト(適正A 能力A 総合A)

父キングカメハメハ(キングマンボ系) 母父ディープインパクト(サンデー系)

母は2012マーメイドS(G3)勝ち馬で祖母がエアグルーヴの名牝系で中距離に重賞勝ちが揃う血統。

瞬発力に優れ、先行できる脚力を持ち合わせている。2走前の1勝クラス2着時の勝ち馬は毎日杯(G3)の3着馬で上位馬はダービー1、4着馬。

最終追い切りは若干集中力を欠いた感じ。デビューから人気通りの着順で珍しく人気を落とすようなら注意

質はメンバー随一。アールドヴィーヴルとほぼ同じ血統構成も選ぶならこの馬。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番コーディアル(適正C 能力C 総合C)

父エピファネイア(ロベルト系) 母父リンカーン(サンデー系)

父の総合力の高さに母父からスタミナを補った血統でスピードに劣る。

複勝圏内率100%と安定した走り。デビューからすでに20kg馬体重が増え成長が窺える。

前走1勝クラスが良馬場といえど内側を嫌った馬群の内をすくって距離ロスを回避しての勝利。荒れた馬場で好走をしていたが特別得意にしているわけでなく単に相手関係に恵まれた。2走前の牝馬限定1勝クラス2着時の勝ち馬は紫苑Sで14着。

戦歴だけ見れば複勝圏内率100%と魅力的だが重賞では2枚くらい落ちる。

【評価】全頭診断に戻る

7枠14番アールドヴィーヴル(適正B 能力A 総合B)

父キングカメハメハ(キングマンボ系) 母父ディープインパクト(サンデー系)

叔父に2017青葉賞(G2)勝ち、ダービー3着のアドミラブル、姉に2020ローズSで1番人気のフアナ(父ルーラーシップ)がいる血統で距離は問題なし。

桜花賞、オークス共に5着で世代屈指の安定感を持つ。夏休みをへて体重こそ増えていないようだが調教は芯の入った動きで成長が感じられる。

左右どちら回りでも追ってから真っ直ぐ走れない体質の弱さがあり、末のワンパンチ足りない勝負弱さ。夏を越しての成長に期待。

ワンパンチの足りなさは性格によるものでメンバー的に紐まで。

【評価】全頭診断に戻る

8枠15番オパールムーン(適正A 能力C 総合B)

父ヴィクトワールピサ(サンデー系) 母父マヤノトップガン(ロベルト系)

母系のスタミナに父の馬力を叔父なった血統で中距離向き。

マイル以下から2000m変わりはプラスで週末の雨が多く残ればさらにプラスで他馬が力を出せないレース展開で浮上。

雨の影響が残らなければマイナス。マイル以下で好成績を収めているが重賞通用するスピードはない。直線一気のタイプでレース展開に左右される。

雨が残った場合に中京2000mは好転するがスピードに長けたメンバー構成では現時点で追走が精一杯。

【評価】全頭診断に戻る

8枠16番タガノディアーナ(適正B 能力B 総合B)

父リオンディーズ(キングマンボ系) 母父ディープインパクト(サンデー系)

父はエピファネイアの半弟でスピードに寄った血統に母父からスピードの最高速、母系からスピードを受け継ぐ。単なる日本主流血統よりもシーザリオの血が入った超優良血統。

瞬発力が優秀で速い上がりに強い。主戦の和田Jに乗り替わり。

調教では口向きの悪さと右に刺さる傾向は気に掛かり気の悪さが出ている。成長次第だが忘れな草賞の走りから2000mは若干長い印象。

血統的に1番手にしたいところだが気性の悪さが気に掛かる。チェーリップ賞を差のない4着と力はあり、ヒモまでに押さえる。

【評価】全頭診断に戻る

8枠17番オヌール(適正C 能力A 総合B)

父ディープインパクト(サンデー系) 母父Le Havre(欧ブラッシンググルーム系)

全姉デゼルは2021阪神牝馬S(G3)勝ち馬。瞬発力とスピードの最高速が高くレッドゴッド系の血流を受け継ぐ血統。タフな馬場でも能力の低下は小さい。

一言で言えば優等生。先行して直線で前に壁ができないようなら突き抜けてもおかしくない。雨の影響は多少残っていた方が有利。

現時点で2000mは長い。馬体が小さく多頭数は向かない。

強い馬だが完成は4歳以降。良くても善戦止まり。

【評価】全頭診断に戻る

8枠18番レアシャンパーニュ(適正C 能力C 総合C)

父エピファネイア(ロベルト系) 母父ゼンノロブロイ(サンデー系)

父の総合力の高さに母系からさらにスピードをプラスした血統。

スピードの最高速が高く直線の長い中京はマッチ。激しく追う浜中Jは手が合う。直線勝負に賭けるため大外枠はむしろプラス。

スピードはあるが仕掛けられてからの瞬発力には劣る。左回り(1-0-0-4)と劣勢。

素質は高いが直線が短いコースでのロンスパで本質が出そうで今回は見限る。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021ローズS

コメダンク

今回は2021ローズSの全頭診断について解説しました!

S評価(◎)

タガノパッション

A評価(○)

アンドヴァラナウト、クールキャット

B評価(△)

(能力A)アールドヴィーブル、イリマ

(適正C、能力A)オヌール、プリュムドール

(適正A、能力C)オパールムーン

アイコンテーラー、ストゥーティ、タガノディアーナ

C評価(×)

(適正B)エンスージアズム、スパークル

(能力B)メイショウユニオリ

エイシンヒテン、オータムヒロイン、コーディアル、レアシャンパーニュ

オルガン

当日の馬場状態が読めないけどタガノパッションの素質に期待だね

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる