2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

凱旋門賞を夢見た馬!2021アルゼンチン共和国杯-全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 馬券の買い方に悩んでる競馬初心者の方
  • 予想の参考にしたい競馬玄人の方
  • 筆者と仲良くしてくれる競馬ブログやnoteの運営者や競馬関係者
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回はアルゼンチン共和国杯の全頭診断をご紹介します!

オルガン

メンバーは中堅クラス、古馬中距離G1への挑戦権を賭けた1戦だね。

コメダンク

ハンデ戦らしく混戦模様の1戦でもしっかり診断していきます!

オルガン

このレースの勝ち馬は以降のレースでも注目しておいた方がいいよ。

スポンサーリンク
目次

【結論】2021アルゼンチン共和国杯<評価>

【評価】まとめ

A評価(◯)

マイネルウィルトス

B評価(△)

(適正A)アドマイアヤアルバ、フライライクバード、ロードマイウェイ

(能力A)オーソリティ

アイアンバローズ、サトノソルタス、ボスジラ

C評価(×)

(適正B)アイスバブル、ゴースト、トーセンカンビーナ、レクセランス

(能力B)アンティシペイト、ディアマンミノル

オウケンムーン

コメダンク

1度は凱旋門賞を目指した馬、前走の走りから今一度見直し唯一のA評価です!

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
レクセランス
BC詳細を見る
2枠2番
オーケンムーン
CC詳細を見る
2枠3番
サトノソルタス
BB詳細を見る
3枠4番
ロードマイウェイ
AB詳細を見る
3枠5番
フライライクバード
AB詳細を見る
4枠6番
アイアンバローズ
BB詳細を見る
4枠7番
アドマイヤアルバ
AB詳細を見る
5枠8番
アイスバブル
BC詳細を見る
5枠9番
ディアマンミノル
CB詳細を見る
6枠10番
オーソリティ
BA詳細を見る
6枠11番
ゴースト
BC詳細を見る
7枠12番
マイネルウィルトス
AA詳細を見る
7枠13番
ボスジラ
BB詳細を見る
8枠14番
トーセンカンビーナ
BC詳細を見る
8枠15番
アンティシペイト
CB詳細を見る
2021アルゼンチン共和国杯全頭診断まとめ

【解説】2021アルゼンチン共和国杯<全頭診断>

1枠1番レクセランス(牡4)(適正B 能力C 総合C)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父Champs Elysees(欧ダンチヒ系)

ディープインパクトの瞬発力に力強いスピードを強化した血統。

3歳時はクラッシック皆勤も全て2桁着順。古馬になっても3着が1回ある位でリステッドでも成績は振るわない。調教ではいつも及第点の走りを見せるもレースに繋がらない気持ちの弱さが出ている印象。

【評価】全頭診断に戻る

2枠2番オウケンムーン(牡6)(適正C 能力C 総合C)

父オウケンブルースリ(欧グレイソヴリン系) 母父エリシオ(欧ノーザンダンサー系)

中距離のスピードの持続力とタフさを持つ父にタフな競馬への適性を強化した血統。

2018共同通信杯(G3)勝ち馬もその後は成績は振るわない。近走はオープンで掲示板を確保するも仕舞いの脚を使えるわけではなく先行して粘れるわけでもなく久しぶりの重賞でも実力は 2枚くらい落ちる。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番サトノソルタス(牡6)(適正B 能力B 総合B)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父Petionville(米ミスプロ系)

日本主流の血統構成でディープの瞬発力にスピードを強化した血統。

近走は続けて重賞で揉まれ6歳のディープ産駒にしては安定した成績。総合力は高いがレースに繋がらないのは気の悪さが影響している。最終追い切りでは前走からの上積みを見込める走りを披露。

【評価】全頭診断に戻る

3枠4番ロードマイウェイ(牡5)(適正A 能力B 総合B)

父ジャスタウェイ(サンデー系) 母父ジャングルポケット(欧グレイソヴリン系)

トニービン4×3の血を引く成長力に長けた血統。

2019チャレンジC(G3)勝ち馬も以降の成績は振るわずオープンでも掲示板を確保できなかった中、前走の京都大賞典(G2)は5着に善戦。中距離の実績は見劣るが東京2500mになってトニービンの血が騒ぎ出す。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番フライライクバード(牡4)(適正A 能力B 総合B)

父スクリーンヒーロー(欧ロベルト系) 母父シンボリクリスエス(欧ロベルト系)

馬力のロベルトを強化した血統。

持ち前の馬力に追ってスムーズな反応が持ち味。前走の3勝クラスが磐石の完勝。非根幹距離の東京2500mも舞台適正としては文句なく善戦してもおかしくないがレベルの低い4歳馬で一気の重賞取りまでは疑問。

【評価】全頭診断に戻る

4枠6番アイアンバローズ(牡4)(適正B 能力B 総合B)

父オルフェーヴル(サンデー系) 母父Royal Anthem(欧ヌレイエフ系)

ステイゴールドの中でも主流の競馬で力を発揮し母父としてスピードと馬力を強化。

前走の京都大賞典(G2)は勢いを買われての3番人気だったが惨敗。最内枠だったが不利があったわけでもなく前が開きながら伸びきれず。追い切り自体も前走の方が見栄えし秋のG1へ向けての目一の仕上げだった様子。東京2500mハンデ戦では紛れがあって台頭の可能性もありそうだが今回も軽視。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番アドマイヤアルバ(せん6)(適正A 能力B 総合B)

父ハーツクライ(サンデー系) 母父Bemstein(米ストームバード系)

ゆったりとした中距離に強いハーツクライにストームバード系なのかでもスピードの力強さを補った血統。

基本は後方から脚を伸ばすスタイルも上がり勝負になった同舞台の目黒記念(G2)を3着。調教でも久しぶりに活気ある走りを見せ先行して粘り込むスタイルに持ち込めば上位争いをしてもおかしくない。

【評価】全頭診断に戻る

5枠8番アイスバブル(牡6)(適正B 能力C 総合C)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父キングカメハメハ(欧キングマンボ系)

日本芝の瞬発力競馬適正にスピードを補った血統。

同舞台の2019、2020目黒記念(G2)を2着も2021は掲示板外。当レースも 2年連続出走もいずれも2桁着順。基本的に3年連続出走での上積みは見込みにくい。函館記念(G3)で2着も同レースのレベルは低い。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番ディアマンミノル(牡4)(適正C 能力B 総合C)

父オルフェーヴル(サンデー系) 母父デヒア(米ヴァイスリージェント系)

ステイゴールドの中でも主流の競馬で力を発揮し母父としてスピードと馬力を強化。

頑として後方から追い上げるスタイルで前走の京都大賞典(G2)では上位3頭に離されての4着。最終追い切りでゴール前を一杯に追われて形は作ったが動きは重い雰囲気。レベルの低い4歳馬、函館記念組み・・・東京2500mで前が崩れるようならしぶとい脚で1発もあり得る。

【評価】全頭診断に戻る

6枠10番オーソリティ(牡4)(適正B 能力A 総合B)

父オルフェーヴル(サンデー系) 母父シンボリクリスエス(欧ロベルト系)

ステイゴールドの中でも主流の競馬で力を発揮し馬力を強化した血統。

昨年の勝ち馬にして重賞2勝馬。今年は最重量を背負ってのレースとなる。天皇賞・春後の骨折明けのレースも昨年同様。実力的には勝ち負け候補も古馬になっての勢いがなくレベルの低い4歳世代、評価は一段落としたい。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番ゴースト(せん5)(適正B 能力C 総合C)

父ハーツクライ(サンデー系) 母父Cozzene(欧グレイソヴリン系)

成長力が高く中距離適正の高いサンデー系の父を強化した血統。

4歳の夏から秋に成長した時に重賞で揉まれなかったので成長を阻害。せん馬になって父の成長力が削がれた印象。最終追い切りでもどこなくこじんまりとした印象で流石にG2競走では力は落ちる。

【評価】全頭診断に戻る

7枠12番マイネルウィルトス(牡5)(適正A 能力A 総合A)

父スクリーンヒーロー(欧ロベルト系) 母父ロージズインメイ(米ヘイロー系)

ロベルトの馬力とスクリーンヒーロー産駒の牝馬のスピードに米国的なスピードを強化した血統。

一時は今年の凱旋門賞出走も検討された馬。函館記念(G3)で惨敗により取り消されたが前走の札幌記念(G2)見直しできる4着。決してタフな馬場専用ではなくタフになる東京2500mで早い上げがりに対応できれば十分勝ち負けの筆頭格となる。最終追い切りでも伸びやかな走りでデムーロに乗り替わり陣営も勝負レースと位置付けている。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番ボスジラ(牡5)(適正B 能力B 総合B)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父Mr.Greeley(米ミスプロ系)

ディープインパクトの瞬発力にスピードを強化した血統。

血統的に兄弟から重賞勝ちが出ているもののいずれも3歳春のもの。当馬も3歳から4歳にかけて成長したが大切な時期に強い馬と揉まれなかったことが痛い。夏から休み明け初戦となるが本当に良くなるのは次戦以降。ただしこれからの上積みも見込みにくい。

【評価】全頭診断に戻る

8枠14番トーセンカンビーナ(牡5)(適正B 能力C 総合C)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父Hawk Wing(米ミスプロ系)

ディープインパクトの瞬発力にスピードを強化した血統。

この馬の最盛期は4歳春。2020天皇賞・春5着以降はオープンクラスでも苦戦。前走で長期休み明けを復帰したが流石にここでの復調を思わせるような追い切りではない。

【評価】全頭診断に戻る

8枠15番アンティシペイト(牡4)(適正C 能力B 総合C)

父ルーラーシップ(欧キングマンボ系) 母父ディープインパクト(サンデー系)

馬力にな長け母系の力を引き出す父に主流のサンデー系の母父。

夏に3勝クラスを勝ち上がり初の重賞挑戦。前走は中断で控える形が功を奏して外から伸びての勝利。血統的にはタフな東京2500mは合いそうだが早い上がりになった時に対応が難しそうでメンバー的には消耗戦は見込めない。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021アルゼンチン共和国杯

コメダンク

今回は2021アルゼンチン共和国杯の全頭診断について解説しました!

A評価(◯)

マイネルウィルトス

B評価(△)

(適正A)アドマイアヤアルバ、フライライクバード、ロードマイウェイ

(能力A)オーソリティ

アイアンバローズ、サトノソルタス、ボスジラ

C評価(×)

(適正B)アイスバブル、ゴースト、トーセンカンビーナ、レクセランス

(能力B)アンティシペイト、ディアマンミノル

オウケンムーン

オルガン

レベルの低い4歳馬より年長馬の経験を買いたいね。

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる