2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

【来年のクラッシック候補が集結!】2021新潟2歳S・全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 競馬初心者で馬券の買い方に悩んでる人
  • 競馬玄人でも予想に自信のない人
  • 競馬玄人で自分の考えと比較参考にしたい人
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回は新潟2歳Sの全頭診断をご紹介します!

オルガン

2歳重賞第2弾!マイル戦だね。

コメダンク

今年は将来の期待できるメンバーが集まったので大注目です!

オルガン

今年は来年のクラッシックで活躍する馬がここから出てきそうだね♪

スポンサーリンク
目次

【結論】2021新潟2歳S<評価>

【評価】まとめ

A評価(○)

(能力S)オタルエバー

アライバル、スタニングローズ

B評価(△)

(適正A)セリフォス

(能力A)ウインピクシス、クレイドル

(適正C、能力A)サイード

C評価(×)

(能力B)クラウンドマジック、コムストックロード

キミワクイーン、グランドライン、タガノフィナーレ

コメダンク

評価の優劣がはっきり分かれました。評価A、Bの馬たちはこの世代を引っ張っていく存在になりそうな馬ばかりです。

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
セリフォス
AB詳細を見る
2枠2番
クレイドル
BA詳細を見る
3枠3番
ウインピクシス
BA詳細を見る
4枠4番
ダガノフィナーレ
CC詳細を見る
5枠5番
スタニングローズ
AA詳細を見る
5枠6番
オタルエバー
AS詳細を見る
6枠7番
クラウンドマジック
CB詳細を見る
6枠8番
アライバル
AA詳細を見る
7枠9番
キミワクイーン
CC詳細を見る
7枠10番
サイード
CA詳細を見る
8枠11番
コムストックロード
CC詳細を見る
8枠12番
グラインドライン
CC詳細を見る
2021新潟2歳S全頭診断まとめ

【予想】2021新潟2歳S<レース展開>

【解説】レース設定

新潟競馬場芝1600m
コースセッティング

新潟競馬場 第4回開催6日目 11R 2歳オープン G3

芝1600m Aコース

ゴール前直線距離:658.7m

コンディション

天候予想:曇り(予想)

馬場:良(標準)(予想)

含水率:12-15%(予想)

オルガン

新潟開催6週目だけど内側の芝状態もさほど悪くなくて、内外の優劣はほとんどないらしいよ!

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : スローペース

有利な位置取り : 好位先行 内外の優劣はないなら前々で経済コースを回る馬が有利!

注目馬 : (2)クレイドル、(6)オタルエバー、(8)アライバル

【位置取り予想】スタートから1コーナー
【解説】スタートから1コーナー

先手は(4)タガノフィナーレが奪い、外から(9)キミワクイーンと(10)サイードが競りかける。直後に(2)クレイドルと(6)オタルエバーが付け、(8)アライバルは(6)をマーク。(1)セリフォスと(5)スタニングローズは後方からゆったり構える。道中では(10)サイードがスピードの速さで先手を奪うと予想する。

【位置取り予想】4コーナーから最終直線
【解説】4コーナーから最終直線

直線では(3)ウインピクシスが先行勢を交わし粘り込みに掛かる。外から(6)オタルエバーが強襲し、その内を(2)クレイドルが隙をつく。(8)アライバルは(6)オタルエバーの仕掛けからワンテンポ遅らせ、その外を(1)セリフォスが末脚にかける。(5)スタニングローズが有力勢の攻防を見ながら馬群を割って抜け出そうとする。

【解説】2021新潟2歳S<全頭診断>

1枠1番セリフォス(適正A 能力B 総合B)

2歳戦に強いダイワメジャーに母父Le Havreとタフでスピードに優れた能力を継承する。新馬戦では小頭数ながら好位で道中を進め直線では先頭で入りながら残り200mまでは遊び、真剣に走れば後続馬を引き離す若さを見せた。ダイワメジャー産駒らしく馬格があり2戦目となる今回を真剣に走れば勝ち負けもある。ただ調教過程はイマイチで雰囲気、時計共に迫力が感じられなかったので割引が必要。

【評価】全頭診断に戻る

2枠2番クレイドル(適正B 能力A 総合B)

クロフネに母父ディープインパクトにして今年のクラッシックで善戦するステラヴェローチェの半妹。新馬戦は注目馬揃いの中で兄譲りの道悪適正を見せ完勝。切れる足というよりは長くいい脚を使うタイプだが反応の遅さは若駒ゆえか。クロフネ産駒のため早くから活躍が期待できもう少し芯が入りこれ以降のオープン特別のマイル戦あたりで活躍しそう。

【評価】全頭診断に戻る

3枠3番ウインピクシス(適正B 能力A 総合B)

ゴールドシップに母父ロージズインメイの血統構成は今年のオークス馬ユーバーレーベンと同じ。デビュー戦では4コーナーで躓きもあったが終わってみれば楽勝で2歳にしては根性のある馬。先行して粘り込める力も後方から鋭い脚も使えそうな点はアライバルより自在性は高そう。当日の馬場がタフになれば十分複勝圏内もある。

【評価】全頭診断に戻る

4枠4番タガノフィナーレ(適正C 能力C 総合C)

エピファネイアに母父ハーツクライという如何にも中距離向きの血統。新馬勝ち、2戦目のダリア賞では前で粘っての3着。飛びの大きい馬で広いコースは合いそうだが右にモタれる面があり現時点は右回りでラチを頼りに走る方が良さそう。スタートは早く先手を取れそうだが左回りの今回、上位進出は難しそうで阪神のオープン戦で見直したい。

【評価】全頭診断に戻る

5枠5番スタニングローズ(適正A 能力A 総合A)

キングカメハメハに母父クロフネと期待を持てる血統だが活躍馬はいない。母系が薔薇一族で重賞戦線でも活躍した有名ファミリーラインで近親にはG1を2勝したローズキングダムがいる。新馬戦では馬群の開いたところをスッと抜け出し長くいい脚で上がり最速の完勝。レースでも調教でも走りには芯が入っており、完成度ではメンバー中トップクラスで上位争いが期待できる。

【評価】全頭診断に戻る

5枠6番オタルエバー(適正A 能力S 総合A)

エピファネイアの半弟リオンディーズに母父Redoute’s Choiceの血統構成でデビュー戦では注目されたコリエンテスを4馬身差で勝利した。レースはスローで前残りとはいえ、逃げた当馬からコリエンテスは差を詰めるどころか離される一方で2歳の割にはスタート、テン、仕舞い3拍子揃って完成度の高い走りを見せた。中韓の調教でも軸のしっかりした走りは健在。ここでも本命候補の一頭。

【評価】全頭診断に戻る

6枠7番クラウンドマジック(適正C 能力B 総合C)

エピファネイアに母父ヴィクトワールピサのスピードよりはパワー寄りのタイプ。デビュー戦では大きく出遅れるも直線では大外から遊びながら脚を伸ばし最後の100mだけ真面目に走っての勝利。飛びの大きい馬で1600mは距離が短い。中距離あたりでゆったり走らせる方が向いているタイプ。

【評価】全頭診断に戻る

6枠8番アライバル(適正A 能力A 総合A)

ハービンジャーに母父ディープインパクトという如何にも期待感溢れる血統構成も重賞勝ちはハッピーアワーのみ。ただ母はクラッシックで善戦したように母系の日本適正を考えるとこれまでの産駒とは一味が違う。証明するように当馬はデビュー戦で4コーナーから直線に掛けて大きな不利があり新馬ならレースを辞めてもおかしくない状況から最後は楽勝。頭の低いフォームで前進姿勢が強くハマれば将来が期待できる。ここでも楽勝する可能性は高い。

【評価】全頭診断に戻る

7枠9番キミワクイーン(適正C 能力C 総合C)

ロードカナロアに母父ダイワメジャーの血統。デビュー戦は好位につけ直線では頭高くソラを使う(集中力を欠く)一面を見せながら後方から追ってくる馬が伸び切れず終わってみれば5着馬以降には5馬身ほどの差をつけての勝利。今回は距離延長となるが、1600mでは少し長く、1200mでは少し短いタイプ。完成度で見劣りするため相手強化で好走は厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

7枠10番サイード(適正C 能力A 総合B)

キズナに母父ボストンハーバーという今年の桜花賞3着馬ファインルージュと同じ血統構成で半姉にはベルカントやイベリスの短距離重賞で活躍している面はボールドルーラー系の影響が強く出ている。父がキズナになっても距離は1600mまでが限界で新潟より小回りの短距離での活躍が期待されるため、新馬勝ち同舞台の来週の小倉2歳Sを狙って欲しかった。

【評価】全頭診断に戻る

8枠11番コムストックロード(適正C 能力B 総合C)

2歳リーディングを走る新種牡馬シルバーテーストに欧州シャーペンアップ系の血統。新馬戦は注目馬の集まった中、クレイドルの4着とそれなりの素質は見せ次戦の未勝利戦1400mで勝利。続くダリア勝でも粘って2着と安定感を見せ、メンバー中最多戦歴を持ち経験では1枚上。ただし直線では仕掛けられるとフラフラ走るところから少し気の弱い面を見せる。さらにフルゲートは初めてで気の弱い馬が多頭数になって安定した実力を見せるかは疑問。

【評価】全頭診断に戻る

8枠12番グランドライン(適正C 能力C 総合C)

ドゥラメンテにデインヒル系の母父。デビュー戦こそ負けはしたが未勝利戦では逃げて楽勝。ただ新馬戦が多頭数に対して未勝利戦は小頭数で逃げれば関係ないものの馬群に入っての根性がイマイチ。逃げてのびのびと走りたいところだが多頭数となる今回は相手関係強化もあり厳しい一戦。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021新潟2歳S

コメダンク

今回は2021新潟2歳Sの全頭診断について解説しました!

A評価(○)

(能力S)オタルエバー

アライバル、スタニングローズ

B評価(△)

(適正A)セリフォス

(能力A)ウインピクシス、クレイドル

(適正C、能力A)サイード

C評価(×)

(能力B)クラウンドマジック、コムストックロード

キミワクイーン、グランドライン、タガノフィナーレ

オルガン

B評価まではどの馬も甲乙付け難く軸選びに迷いそうだね

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる