2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

春のマイル王2頭が再び激突!2021毎日王冠-全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 馬券の買い方に悩んでる競馬初心者の方
  • 予想の参考にしたい競馬玄人の方
  • 筆者と仲良くしてくれる競馬ブログやnoteの運営者や競馬関係者
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回は毎日王冠の全頭診断をご紹介します!

オルガン

スーパーG2らしく骨っぽいメンバーが揃ったね。

コメダンク

天皇賞・秋とマイルSCへの重要ステップレース、注目です!

オルガン

過去 2年は3歳馬の勝利、果たしてシュネルマイスターは続けるかな。

スポンサーリンク
目次

【結論】2021毎日王冠<評価>

【評価】まとめ

A評価(○)

(能力S)シュネルマイスター

ダノンキングリー

B評価(△)

(適正A)ポタジェ、

(能力A)ケイデンスコール、ヴァンドギャルド

(適正A、能力C)ダイワキャグニー

サンレイポケット、ラストドラフト、カイザーミノル

C評価(×)

(適正B)カデナ、ヴェロックス、トーラスジェミニ

マイネルファンロン

コメダンク

シュネルマイスターにとっては強力古馬で1800mをこなせるかがポイントです。

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
シュネルマイスター
AS詳細を見る
1枠2番
サンレイポケット
BB詳細を見る
3枠3番
ラストドラフト
BB詳細を見る
4枠4番
マイネルファンロン
CC詳細を見る
4枠5番
ポタジェ
AB詳細を見る
5枠6番
カデナ
BC詳細を見る
5枠7番
ダノンキングリー
AA詳細を見る
6枠8番
ダイワキャグニー
AC詳細を見る
6枠9番
ヴェロックス
CB詳細を見る
7枠10番
ケイデンスコール
BA詳細を見る
7枠11番
カイザーミノル
BB詳細を見る
8枠12番
ヴァンドギャルド
BA詳細を見る
8枠13番
トーラスジェミニ
CB詳細を見る
2021毎日王冠全頭診断まとめ

【予想】2021毎日王冠<レース展開>

【解説】レース設定

東京競馬場芝1800m
コースセッティング

東京競馬場 第4回開催2日目 11R 3歳上オープン G2

芝1800m Aコース

ゴール前直線距離:525.9m

コンディション

天候予想:晴れ(予想)

馬場:良、標準(予想)

オルガン

非根幹距離だけど開幕週の東京ならば速い上がりの決着濃厚だね。

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : ミドルペース

有利な位置取り : 差し 先行馬は少なく強力な末脚を持つ瞬発力に強い馬が有利

注目馬 : (1)シュネルマイスター、(4)マイネルファンロン、(13)トーラスジェミニ

【位置取り予想】スタート
【位置取り予想】ゴール前

【解説】2021毎日王冠<全頭診断>

1枠1番シュネルマイスター(牡3)(適正A 能力S 総合A)

父Kingman(欧ダンチヒ系) 母父Soldier Hollow(サドラーズウェルズ系)

日本競馬に親和性の高いジャックルマロワ賞の勝ち馬の父で欧州の重厚な血統。

血統的にはタフでもこなし、芝のスピードに優れ2021NHKマイルC(G1)を勝ち、2021安田記念(G1)も3着とマイル適正が高く、2000mの2021弥生賞(G2)を2着に残したように同年代では素質の高さでカバーしてきた。

古馬との対戦になりマイルから200m伸びた1800mで疑問視。極端な高速馬場は本質的には合わない。スピードの最高速は日本主流血統には見劣りする。

一線級の古馬に入っても実績は上位。ここでも勝ち負けの可能性は高く本命に推奨。

【評価】全頭診断に戻る

1枠2番サンレイポケット(牡6)(適正B 能力B 総合B)

父ジャングルポケット(欧グレイゾヴリン系) 母父ワイルドラッシュ(米ニーアテック系)

成長力が高く広く直線の長い競馬場が得意で母父系からスピードを強化された血統。

前走の鳴尾記念は前残りの特殊な競馬で度外しも近走は安定した成績で成長が窺える。中京を除けば左回りは(2-2-2-1)と優秀な成績。

本質的に開幕週の馬場で早い決着に対応できるか。

昨年の3着馬で舞台適正は問題なく開幕週の馬場で後方からの追い込みは勝ち負けは期待できない。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番ラストドラフト(牡5)(適正B 能力B 総合B)

父ノヴェリスト(欧スターリング系) 母父ディープインパクト(サンデー系)

ドイツのマイナー血統で日本の主流馬場に合わない父系を母系が補う血統。

調教ではキビキビした走りでコンディションの良さを伺わせる。前向きな血統は2500m戦からの700m短縮はプラス。

重賞勝ちのあるも日本競馬の適正は不安視。

前走日経賞では1戦級の馬の後塵を拝したがG2,G3クラスでは実績上位。

【評価】全頭診断に戻る

2枠4番マイネルファンロン(牡6)(適正C 能力C 総合C)

父ステイゴールド(サンデー系) 母父ロージズインメイ(米ヘイロー系)

馬力に長けた血統構成でスピードとスタミナの持続力に長け母父からも強化された血統。半妹は2021オークス馬のユーバーレーベン。

前走の新潟記念(G3)は直線競馬のように大外を回しての勝利。早い時計にも対応した。勝ちパターンを覚えたステイゴールド産駒には要注意。

前走は特殊な競馬で勝利、東京1800mでは同パターンは通用しない。G1級も揃ったメンバー構成ではスピード勝負で分が悪い。

実力的にはG3クラスも勝ち癖を知ったステイゴールド産駒には注意したい。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番ポタジェ(牡4)(適正A 能力B 総合B)

父ディープインパクト(サンデー系) 母父Awesome Again(米ヴァイスリージェント系)

牝馬なら東京マイルの黄金血統。ディープに母父米国はダービーを狙うにはセオリー血統。重賞4勝ルージュバックの半弟。

戦歴(5-4-1-0)とデビュー以来複勝圏を外しておらず重賞でも好走しておりG2クラスでは実力を示しつつある。前走の新潟大賞典(G3)は特殊な馬場でも2着と総合力の高さを示した。

2走前の金鯱賞(G 2)も最低人気馬が勝ったように近走は特殊な馬場での活躍が目立つ分、開幕週の綺麗な馬場で重賞戦線で通用するか試金石の1戦。

実力は疑いようがなく秋のG1戦線に食い込めるかの注目に1戦。穴候補に推奨。

【評価】全頭診断に戻る

3枠6番カデナ(牡7)(適正B 能力C 総合C)

父ディープインパクト(サンデー系) 母父French Deputy(米ヴァイスリージェント系)

牝馬なら東京マイルの黄金血統。ディープに母父米国はダービーを狙うにはセオリー血統。

春は古馬中距離G1を2戦したように7歳になっても一線級と凌ぎを削るタフさを備える。後方からの末脚は確実。

ディープインパクトの7歳馬で33戦目。無事これ名馬。ただし一所懸命走る産駒は流石にピークは過ぎた。

後方からは確実に脚を伸ばし3着までならば可能性はありヒモに抑える。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番ダノンキングリー(牡5)(適正A 能力A 総合A)

父ディープインパクト(サンデー系) 母父Stome Cat(ストームバード系)

日本競馬における黄金配合の1つ。

前走の安田記念(G1)で復活の勝利。昨年秋は不振にあえだものの実績的には高くスピード能力に優れている。

ディープ産駒の秋5歳馬、特に一所懸命走る当馬のピークは流石に下降線。

2019の勝ち馬で舞台適正は疑いようがなく、休み明けはプラスに働く。2kg斤量分、ヒモまでとする。

【評価】全頭診断に戻る

4枠8番ダイワキャグニー(せん7)(適正A 能力C 総合B)

父キングカメハメハ(欧キングマンボ系) 母父サンデーサイレンス(サンデー系)

日本王道血統。年齢を重ねても能力の低下が少ない血統。

昨年の2着馬で東京コースで8勝の東京巧者。

7歳になって結果に現れるように明らかにピークは過ぎた。メンバーも強く東京の鬼でも年齢には勝てない。

東京巧者としてヒモに抑えたいも流石に昨年よりはメンバーが強い。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番ヴェロックス(牡5)(適正C 能力B 総合C)

父ジャスタウェイ(サンデー系) 母父Monsun(欧スターリング系)

成長力のあるスピード血統に欧州の重厚のタフな馬場に強い血統。

調教でキビキビとした走りでコンディションの良さを窺わせる。

早い足が使えず持久力勝負は開幕賞の速い馬場は合わない。左回り(0-0-2-3)と推せる実績ではない。気持ちの面の復調が競走馬として復調の鍵。

2019のクラシックを賑わせた馬も古馬になって活躍できず、前走の小倉記念(G3)で見限りができた。開幕馬場と左回りでは合わずローカルの重賞で狙いたい。

【評価】全頭診断に戻る

5枠10番ケイデンスコール(牡5)(適正B 能力A 総合B)

父ロードカナロア(欧キングマンボ系) 母父ハーツクライ(サンデー系)

スピードと馬力に長ける父に母父から成長力を補われた血統。

5歳になって重賞で3連対と実力が身になってきた。夏の休養で更なる成長を期待したい。

前走の安田記念(G1)は10着惨敗。春時点でG2以下マイル限定馬。調教では手前を替えない陣営コメントは不安し。

休養明けの今回は成長力の様子見として次戦以降で見極めたい馬。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番カイザーミノル(牡5)(適正B 能力B 総合B)

父ロードカナロア(欧キングマンボ系) 母父Smart Strike(米ミスプロ系)

スピードと馬力に長ける父に母父から高速決着に強いスピードを補われた血統。

5歳になって重賞戦線で連続3着と実力を見せ、夏競馬で勝利し堂々のオープン入り。先行してしぶとい脚を使え上位争いを狙う。

久しぶりの1800m戦でスーパーG2、G1級のメンバーに通用するか試金石の1戦。

特筆した能力はないものの前でしぶとく脚を伸ばす走法は開幕週の馬場で 1発を感じさせ穴候補に推奨。

【評価】全頭診断に戻る

6枠12番ヴァンドギャルド(牡5)(適正B 能力A 総合B)

父ディープインパクト(サンデー系) 母父Motivator(欧サドラーズウェルズ系)

父の瞬発力に欧州のタフさを補った血統で成長力がある。

2020富士Sの勝ち馬で2021ドバイターフ 2着、海外での適正の高さを示した。調教の動きは抜群で成長が窺える。

日本の開幕週の馬場はマイナス。

実力が飛び抜けているわけではない上に目標は先のBCマイルで明らかな調整レース。ただ、恥ずかしい走りはできず3着までなら可能と判断。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番トーラスジェミニ(牡5)(適正C 能力B 総合C)

父キングズベスト(欧キングマンボ系) 母父マンハッタンカフェ(サンデー系)

欧州のキングズベストに非主流に強いマンハッタンカフェが母父。

中団から後方からの競馬をするメンバー構成の中でテンの速さで逃げることのできる脚質はプラスで開幕週の馬場も合う。

2走前の七夕賞(G3)で初重賞制覇も前走の札幌記念(G2)では惨敗。一線級との実力差は明確になり東京1800mもタフな流れになりづらく向かない。

昨年は逃げて6着とタフな競馬でメンバーの落ちたレースでも掲示板に載ることができなかった。メンバー強化と良馬場開催想定の今回は軽視。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021毎日王冠

コメダンク

今回は2021毎日王冠の全頭診断について解説しました!

A評価(○)

(能力S)シュネルマイスター

ダノンキングリー

B評価(△)

(適正A)ポタジェ、

(能力A)ケイデンスコール、ヴァンドギャルド

(適正A、能力C)ダイワキャグニー

サンレイポケット、ラストドラフト、カイザーミノル

C評価(×)

(適正B)カデナ、ヴェロックス、トーラスジェミニ

マイネルファンロン

オルガン

春のマイルG1馬の争い経験か若さか。伏兵選びで妙味ありそうだね。

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる