2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

今こそ奇跡を起こす!2021京都大賞典-全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 馬券の買い方に悩んでる競馬初心者の方
  • 予想の参考にしたい競馬玄人の方
  • 筆者と仲良くしてくれる競馬ブログやnoteの運営者や競馬関係者
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回は京都大賞典の全頭診断をご紹介します!

オルガン

秋の古馬G1ジャパンCや有馬記念の有力馬候補はどの馬になるかな。

コメダンク

古豪vs新興勢力の争い、いよいよ秋のG1前哨戦も佳境です。

オルガン

絶対的な馬がいないからこそ予想の腕が試される 1戦だね。

スポンサーリンク
目次

【結論】2021京都大賞典<評価>

【評価】まとめ

A評価(○)

キセキ、ヒートオンビート

B評価(△)

(適正A)アイアンバローズ、ダンビュライト、アリストテレス

(適正C、能力A)ステイフーリッシュ、モズベッロ

ヒュミドール、マカヒキ、ロードマイウェイ

C評価(×)

(能力B)ベレヌス、オセアグレイト

ムイトオブリガード、ディアマンミノル

コメダンク

阪神得意の友道厩舎&秋初戦得意の古豪が火花を散らします。厩舎力については(こちら)の記事に掲載していますのでチェックお願いします。

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
アイアンバローズ
AB詳細を見る
2枠2番
ベレヌス
CB詳細を見る
3枠3番
ステイフーリッシュ
CA詳細を見る
3枠4番
モズベッロ
CA詳細を見る
4枠5番
ムイトオブリガード
CC詳細を見る
4枠6番
ヒュミドール
BB詳細を見る
5枠7番
ダンビュライト
AB詳細を見る
5枠8番
マカヒキ
BB詳細を見る
6枠9番
アリストテレス
AB詳細を見る
6枠10番
ディアマンミノル
CC詳細を見る
7枠11番
キセキ
AA詳細を見る
7枠12番
オセアグレイト
CB詳細を見る
8枠13番
ロードマイウェイ
BB詳細を見る
8枠14番
ヒートオンビート
AA詳細を見る
2021京都大賞典全頭診断まとめ

【予想】2021京都大賞典<レース展開>

【解説】レース設定

中山競馬場芝2200m
コースセッティング

阪神競馬場 第4回開催2日目 11R 3歳上オープン G2

芝2400m Aコース(外回り)

ゴール前直線距離:473.6m

コンディション

天候予想:晴れ(予想)

馬場:良、標準(予想)

オルガン

パンパンの良馬場、前の内枠が止まらないかも。

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : スローペース

有利な位置取り : 先行 有力勢は好位から中団に、馬場も味方に強力先行馬が楽に逃げるか。

注目馬 : (3)ステイフーリッシュ、(7)ダンビュライト、(11)キセキ

【位置取り予想】スタート
【位置取り予想】ゴール前

【解説】2021京都大賞典<全頭診断>

1枠1番アイアンバローズ(牡4)(適正A 能力B 総合B)

父オルフェーヴル(サンデー系) 母父Royal Anthem(欧ヌレイエフ系)

ステイゴールドの中でも主流の競馬で力を発揮し母父としてスピードと馬力を強化。

近走は2400m戦で安定した成績で阪神2400m(1-2-0-0)。仕掛けられてからの反応が良く馬力による持続力もある。

重賞は2戦して掲示板を確保できず。1年前の神戸新聞杯(G2)8着以降の久しぶりの重賞。4歳秋になって歴戦の古馬に通用するか?

安定感故にメンバー強化で素直に実力が発揮できるか、G3クラスのG1級メンバーのいないレースで見直したい。

【評価】全頭診断に戻る

1枠2番ベレヌス(牡4)(適正C 能力B 総合C)

父タートルボウル(欧ノーザンダンサー系) 母父デュランダル(サンデー系)

ダート中距離に適性を持つ父に母父の瞬発力を受け継ぐ血統。芝適正は母系からのもの。

日本の主流血統が苦にするようなタフな特殊な馬場になればチャンスあり。

芝中京勝ちが1戦あるのみで4大競馬場よりはローカルのタフな流れに適正があり阪神2400mでは日本主流血統に及ばない。

ローカルの中長距離戦で狙ってみたい血統でG1級メンバーの主流競馬では力及ばない。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番ステイフーリッシュ(牡6)(適正C 能力A 総合B)

父ステイゴールド(サンデー系) 母父キングカメハメハ(欧キングマンボ系)

馬力に長けた血統構成でスピードとスタミナの持続力に長ける。

前走は2走前の心房細動、大外枠のG2戦で様子見の1戦を無事に走り切り、しかも好位から脚をしっかり伸ばしての5着。

引き続き心臓系に心配。その影響か前々での競馬がしにくくなっている印象。2400m以上は実績に乏しい(0-0-1-4)。

G2では実績上位、前走中団好位からしっかり脚を伸ばし一安心。中1週での出走も矢作厩舎の判断を信じヒモに抑える。

【評価】全頭診断に戻る

2枠4番モズベッロ(牡5)(適正C 能力A 総合B)

父ディープブリランテ(ディープ系) 母父Harlan`s Holiday(米ストームバード系)

ディープ系の中でも持久力に優れた父に芝のスピードを強化した血統。

他馬が苦労する特殊な馬場に強く、体力勝負になった時に能力の低下が少ない。

2021大阪杯(G1)2着や2020宝塚記念(G1)3着と阪神に強いイメージあるが阪神での勝ち星はない。2021宝塚記念(G1)良馬場開催で8着に敗退。

特殊な馬場での実績馬であり開幕週の綺麗な馬場では強く押せない。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番ムイトオブリガード(牡7)(適正C 能力C 総合C)

父ルーラーシップ(欧キングマンボ系) 母父サンデーサイレンス(サンデー系)

馬力にな長け母系の力を引き出す父に主流のサンデー系の母父。

母父サンデーサイレンスであり阪神2400mでもこなしておかしくなく馬力を生かす展開を望む。

前走から100mの距離短縮でペースアップ、メンバー強化も不利に働く。阪神実績(0-0-0-3)と見劣る。

流石にピークは過ぎ、距離短縮も血統的にはマイナス要素と考える。

【評価】全頭診断に戻る

3枠6番ヒュミドール(せん5)(適正B 能力B 総合B)

父オルフェーヴル(サンデー系) 母父チチカステナンゴ(欧グレイゾヴリン系)

ステイゴールドの中でも主流の競馬で力を発揮し母父として芝中距離以上で強い母父系。

4走前の日経賞(G2)で上位3頭の実績馬に2馬身離されての4着でG2,G1級の次点候補として力を示した。

前走の小倉記念(G3)は後方から脚を伸ばして2着も特殊な馬場での開催で一転し開幕週の綺麗な馬場で同じパフォーマンスは望めない。

メンバーはG1級も過去のこと、今回のメンバー構成では次点級の力を発揮するとみてヒモに抑える。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番ダンビュライト(せん7)(適正A 能力B 総合B)

父ルーラーシップ(欧キングマンボ系) 母父サンデーサイレンス(サンデー系)

馬力にな長け母系の力を引き出す父に主流のサンデー系の母父。

先行して粘り強く着を残す馬力に富んでいる。

成績が安定せず、勝ち見に遅い父産駒の影響を強く受けた。

忘れた頃のダンビュライトには注意、春の阪神開催の京都記念でも3着確保。ヒモには抑えたい。

【評価】全頭診断に戻る

4枠8番マカヒキ(牡8)(適正B 能力B 総合B)

父ディープインパクト(サンデー系) 母父フレンチデュピティ(米ヴァイスリージェント系)

牝馬なら東京マイルの黄金血統。ディープに母父米国はダービーを狙うにはセオリー血統。

阪神中距離に強い友道厩舎。G2戦では 1発あっても良い。

2019年春からG1しか出走していないとはいえ近走は掲示板を確保できず流石にピークは過ぎた。

G2で一発あっても良いが大事に使われたとはいえ消耗の激しいディープの24戦目は押しづらい。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番アリストテレス(牡4)(適正A 能力B 総合B)

父エピファネイア(欧ロベルト系) 母父ディープインパクト(サンデー系)

シーザリオの血をよく引き継ぐ主流に強い父に日本主流のディープ。

昨年の3冠馬に2020菊花賞(G2)で肉薄した実力。2021AJCCで重賞初勝利。現代日本競馬で主流の競馬に強い血統。

コントレイルでさえ4歳牡馬のレベルに疑問。近走は期待されながらも複勝圏を外す。

これまで長距離や非根幹距離を使われたが阪神2400mに代わるのはプラスも実力は疑問視しヒモまでに。

【評価】全頭診断に戻る

5枠10番ディアマンミノル(牡4)(適正C 能力C 総合C)

父オルフェーヴル(サンデー系) 母父デヒア(米ヴァイスリージェント系)

ステイゴールドの中でも主流の競馬で力を発揮し母父としてスピードと馬力を強化。

5走前の御堂筋S(阪神2400m)ではタフな馬場の中で荒れた内側を上がり最速で勝利。

2走前の函館記念(G3)で4着好走も結果的に勝ち馬以外はレベルが落ちた。他重賞戦線でも力及ばず現状でG3かオープンクラスの実力。

函館記念の実績を重視するのは危険で格的にはG3レベルでメンバーが落ちるとは言えG2では厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番キセキ(牡7)(適正A 能力A 総合A)

父ルーラーシップ(欧キングマンボ系) 母父ディープインパクト(サンデー系)

馬力にな長け母系の力を引き出す父に主流のサンデー系の母父。

無類の古豪というながピッタリ。3歳以降秋の休み明けは複勝圏内率100%、実力は疑うところなく阪神実績(1-4-2-3)も信じたい。

7歳の高齢馬で上積は望めない。夏休み中の様子はすでに高齢馬の証か?と思わせるコメント。

馬本来の総合力が7歳秋になってどれくらい落ちているか未知だが実力は疑いようの余地なく本命候補に。

【評価】全頭診断に戻る

6枠12番オセアグレイト(牡5)(適正C 能力B 総合C)

父オルフェーヴル(サンデー系) 母父Bahri(ネヴァーベント系)

ステイゴールドの中でも主流の競馬で力を発揮し母父の重馬場適正の高い血統。

主流競馬の強い父の良さより重い馬場でタフな流れで力を発揮する血統。

開幕週の綺麗な馬場では分が悪い。3歳秋から期待された馬だが期待外れに低迷。調教の走りのバランスも5歳にしてばバランスが悪い。

2020ステイヤーズS(G2)勝ち以降は2021日経賞(G2)で見せ場あるレースを見せ力あるところは示したがヒュミドールより上には上げられない。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番ロードマイウェイ(牡5)(適正B 能力B 総合B)

父ジャスタウェイ(サンデー系) 母父ジャングルポケット(グレイゾヴリン系)

トニービン4×3の血を引く成長力に長けた血統。

阪神で2勝。父ジャスタウェイも血統てきには中距離以降に適正があり初の2400mでも今なら合うと判断。

実績的にはオープンでも掲示板を確保できず重賞では厳しい。

2000m以下でオープンでも勝てないも2400mに舞台を移して期待したい。穴候補に推奨。

【評価】全頭診断に戻る

7枠14番ヒートオンビート(牡4)(適正A 能力A 総合A)

父キングカメハメハ(欧キングマンボ系) 母父ディープインパクト(サンデー系)

日本国内主流の王道血統で日本競馬で勝つための要素が詰まっている。母は2011桜花賞(G1)の勝ち馬で半兄は重賞戦線で活躍するラストドラフト。

阪神中距離に強い友道厩舎。阪神実績( 1-5-0-0)と6戦して連対率100%。仕舞いの脚は確かなものを持っている。

総合力に優れるからこそ決め手に欠け勝ち身に遅い。一皮剥ける舞台はここか。

上位争いは十分可能だが勝ち負けは怪しい分、対抗候補には推しやすい。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021京都大賞典

コメダンク

今回は2021京都大賞典の全頭診断について解説しました!

A評価(○)

キセキ、ヒートオンビート

B評価(△)

(適正A)アイアンバローズ、ダンビュライト、アリストテレス

(適正C、能力A)ステイフーリッシュ、モズベッロ

ヒュミドール、マカヒキ、ロードマイウェイ

C評価(×)

(能力B)ベレヌス、オセアグレイト

ムイトオブリガード、ディアマンミノル

オルガン

キセキの奇跡はここで起こるかもね。

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる