2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

未来の中距離G1への道!2021京都2歳S-全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 馬券の買い方に悩んでる競馬初心者の方
  • 予想の参考にしたい競馬玄人の方
  • 筆者と仲良くしてくれる競馬ブログやnoteの運営者や競馬関係者
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回は京都2歳Sの全頭診断をご紹介します!

オルガン

勝ち馬は大勢しないけど3着内馬には後のG1馬が3頭出ているね。

コメダンク

惜敗した馬から将来の中距離路線の大物が出てくるかもしれません。

オルガン

去年は出走した2頭のステイゴールド後継種牡馬産駒が2頭とも複勝圏に入ったね。

\ 当サイトも使用しています /

目次

【結論】2021京都2歳S<評価>

【評価】まとめ

B評価(△)

(適正A)ライラック、フィデル

(能力A)トゥデイイズザデイ、キャンデセント

ポッドポレット

C評価(×)

(適正B)グッドフェイス

(能力B)ジャスティンロック

ディープレイヤー、ピーアストニッシド、シホノスペランツァ

コメダンク

初めてのA評価なし!ディープ産駒には厳しい馬場と予想します。

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
ポッドボレット
BB詳細を見る
2枠2番
ディープレイヤー
CC詳細を見る
3枠3番
ビーアストニッシド
CC詳細を見る
4枠4番
シホノスペランツァ
CC詳細を見る
5枠5番
トゥデイイズザデイ
BA詳細を見る
6枠6番
ライラック
AB詳細を見る
7枠7番
フィデル
AB詳細を見る
7枠8番
ジャスティンロック
CB詳細を見る
8枠9番
キャンデセント
BA詳細を見る
8枠10番
グッドフェイス
BC詳細を見る
2021京都2歳S全頭診断まとめ

【解説】2021京都2歳S<全頭診断>

1枠1番ポッドボレット(牡2)(適正B 能力B 総合B)

父ジャスタウェイ(Mサンデー系) 母父Medaglia d’Oro(米サドラーズウェルズ系)

中距離の持続力勝負に強い父に芝のスピードと瞬発力を強化した血統。

勝ち上がりに3戦を擁したが決して弱い馬ではない。最後は長くいい脚を使う分、荒れた馬場は歓迎だがスローの瞬発力勝負になれば分が悪い。

【評価】全頭診断に戻る

2枠2番ディープレイヤー(牡2)(適正A 能力B 総合B)

父ディーマジェスティ(Iサンデー系) 母父トウカイテイオー(欧マイバブー系)

勝ち上りに3戦を要したがいずれも連対したことからレースセンスの良さが伺える一方で決め手に欠ける印象。勝ち上がった未勝利戦はルメールJが上手く乗って33秒台の上がり最速を出した。本質的には切れ味よりも長くいい脚、しぶとさを活かす血統で阪神2000mは合う印象。

【評価】全頭診断に戻る

3枠3番ビーアストニッシド(牡2)(適正C 能力C 総合C)

父アメリカンペリオット(米ダンチヒ系) 母父ネオユニヴァース(Dサンデー系)

スタートしてからの加速力とラストのダート的な馬力が売り。マイルからの400m延長となるがメンバーは強くなるがスタートを決め荒れた馬場で粘り腰を見せることができれば掲示板確保が期待できるが本質的にはダート向きの馬。

【評価】全頭診断に戻る

4枠4番シホノスペランツァ(牡2)(適正C 能力C 総合C)

父ブラックタイド(Dディープ系) 母父シンボリクリスエス(欧ロベルト系)

過去2千の2000mタイムは2歳戦にしては優秀。新馬戦こそ出遅れはしたが2戦共に上りの掛かる競馬で上位の上がりで連対しておりレースセンスの良さは伺えるものの血統的にはローカル小回りやダートで大勢しそう。阪神2000mならチャンスはある。

【評価】全頭診断に戻る

5枠5番トゥデイイズザデイ(牡2)(適正B 能力A 総合B)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父Kitten’s Joy(米サドラーズウェルズ系)

正直言って新馬戦でこの馬の真価を推し量ることはできない。ただ言えることは新馬戦ではこの馬が一番強かったということ。追い切りでの厩舎コメントは上々で武豊Jも絶賛の声。確かに追い切りタイムは優秀。重賞とはいえメンバー的には上位争いをしてもおかしくない。

【評価】全頭診断に戻る

5枠6番ライラック(牝2)(適正A 能力B 総合B)

父オルフェーヴル(Lサンデー系) 母父キングカメハメハ(欧キングマンボ系)

新馬戦では先行して抜け出す王道競馬で勝ち上がり。最後は2着馬に迫られるも流したため。ゴールドシップ産駒の兄は2019札幌2歳S馬でクラシック皆勤で2020菊花賞5着と力を示す。オルフェーヴルの牝馬で気性的難しそうだがタフで小回りの阪神2000mでトリッキーではあるもののオークス、秋華賞を目指しての試金石の1戦となる。

【評価】全頭診断に戻る

7枠7番フィデル(牡2)(適正A 能力B 総合B)

父ハーツクライ(Lサンデー系) 母父Bernstein(米ストームバード系)

新馬戦では操縦性が高くレースセンスの良さで先行して上がり最速で押し切り勝利。操縦性の高さは悪くいえばおっとりした気性。母系からスピードを補われてはいるがエンジンの掛かりが遅そそうで先行して押し切る競馬ができれば勝ち負けもあるが決め手に欠ける印象。

【評価】全頭診断に戻る

7枠8番ジャスティンロック(牡2)(適正C 能力B 総合C)

父リオンディーズ(Iキングマンボ系) 母父アッミラーレ(Dサンデー系)

新馬戦ではトゥデイイズザデイの2着になったが超スローのヨーイドン勝負で負けたことからトゥデイイズザデイより上には置けない。過去2戦上がり最速の33秒台で纏める瞬発力は秘めているが最終週のタフな阪神は向かない。

【評価】全頭診断に戻る

8枠9番キャンデセント(牡2)(適正B 能力A 総合B)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父Street Cry(米ミスプロ系)

新馬戦では素軽い走法ながら時計のかかる馬場で上がり最速を記録しての勝利。藤原厩舎の福永Jで素質を高く評価されていそう。ただサンデーレーシング所有もノーザンファーム生産でなく社台生産のディープ産駒である点が気になる。大勢はしなくともG3クラスでは勝つ力はあるか。

【評価】全頭診断に戻る

8枠10番グッドフェイス(牡2)(適正B 能力C 総合C)

父キズナ(Iディープ系) 母父クロフネ(米ヴァイスリージェント系)

2戦目の勝ち上がりだが2戦とも強い競馬には見えない。根性はありそうでトリッキーな阪神2000mで紛れがあれば粘り込みも効くか。ただ将来的にはダートを使われそうな血統。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021京都2歳S

コメダンク

今回は2021京都2歳Sの全頭診断について解説しました!

B評価(△)

(適正A)ライラック、フィデル

(能力A)トゥデイイズザデイ、キャンデセント

ポッドポレット

C評価(×)

(適正B)グッドフェイス

(能力B)ジャスティンロック

ディープレイヤー、ピーアストニッシド、シホノスペランツァ

オルガン

開催15日目、タフな馬場になってるから適正を重視したいね。

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる