2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

ステラヴェローチェに信頼のS評価!2021神戸新聞杯全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 馬券の買い方に悩んでる競馬初心者の方
  • 予想の参考にしたい競馬玄人の方
  • 筆者と仲良くしてくれる競馬ブログやnoteの運営者や競馬関係者
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回は神戸新聞杯の全頭診断をご紹介します!

オルガン

ダービー馬の出走機会過去10年5戦5勝、シャフリヤールの鉄板かな?

コメダンク

抗えない事実ですが、先に話すと筆者はステラヴェローチェが本命です!

オルガン

日本競馬の発展のために是非ビッグタイトルを獲得する足掛かりにして欲しい1戦だね。

スポンサーリンク
目次

【結論】2021神戸新聞杯<評価>

【評価】まとめ

S評価(◎)

ステラヴェローチェ、シャフリヤール

A評価(○)

キングストンボーイ

B評価(△)

(適正A)レッドジェネシス

(能力A)ワンダフルタウン

(適正A、能力C)イクスプロージョン

(適正C、能力A)シゲルソウサイ

セファーラジエル

C評価(×)

(能力B)モンテディオ、テイエムタツマキ

コメダンク

日本ダービー1、3着馬は文句なしのS評価です。小頭数だけどB評価はバラツキもしかしたら紛れのあるレースになるかも。

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
セファールラジエル
BB詳細を見る
2枠2番
ワンダフルタウン
BA詳細を見る
3枠3番
キングストンボーイ
AA詳細を見る
4枠4番
モンテディオ
CB詳細を見る
5枠5番
ステラヴェローチェ
SS詳細を見る
6枠6番
シゲルソウサイ
CA詳細を見る
7枠7番
レッドジェネシス
AB詳細を見る
7枠8番
イクスプロージョン
AC詳細を見る
8枠9番
テイエムタツマキ
CB詳細を見る
8枠10番
シャフリヤール
SS詳細を見る
2021神戸新聞杯全頭診断まとめ

【予想】2021神戸新聞杯<レース展開>

【解説】レース設定

中京競馬場芝2200m
コースセッティング

中京競馬場 第5回開催7日目 11R 3歳オープン G2

芝2200m Bコース

ゴール前直線距離:412.5m

コンディション

天候予想:曇り(予想)

馬場:良、やや硬め(予想)

オルガン

不安定な天気だけど馬場自体は引き続き良いコンディションが継続すると思うよ

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : スローペース

有利な位置取り : 先行 小頭数で逃げたい馬もおらず各馬がシャフリヤールをマークする展開

注目馬 : (10)シャフリヤール、(3)キングストンボーイ、(5)ステラヴェローチェ

【位置取り予想】スタート
【解説】スタート

(8)イクスプロージョンが鼻を切るが各馬が牽制した中で(10)シャフリヤールが早め前目につけ、(2)ワンダフルタウンが内枠沿いを、(3)キングストンボーイが(10)の直後でマークしながら好位追走。(5)ステラヴェローチェは後方マイペースで進み、(7)レッドジェネシスは直線に賭ける。

【位置取り予想】ゴール前
【解説】ゴール前

(10)シャフリヤールは馬なりで早め先頭に立ち(3)キングストンボーイがタイミングを図りゴール前できっちり捉える体制に。(2)ワンダフルタウンはワンテンポ遅れ、(5)ステラヴェローチェがマイペース外直線を追い込み、(7)レッドジェネシスが最後方から猛追。

【解説】2021神戸新聞杯<全頭診断>

1枠1番セファーラジエル(適正B 能力B 総合B)

父キズナ(ディープ系) 母父Out of Place(欧ターントゥ系)

馬力のあるキズナ産駒の牡馬にターントゥ系でも欧州型の馬力を強化した血統。

前向きな気性が好転すれば先行して追われて2段階加速できる。タフな競馬で実力が発揮される。

気性の悪さから自身のレースを組み立てられない諸刃の剣。早い上がりの競馬経験がない。

早い上がりよりは自らのペースで先行してタフな流れに持ち込みたい。小頭数の今回は各馬が理想の走りをしやすく上位馬を各馬がマークするなら一発の可能性あり。

【評価】全頭診断に戻る

2枠2番ワンダフルタウン(適正B 能力A 総合B)

父ルーラーシップ(欧キングマンボ系) 母父ディープインパクト(サンデー系)

キセキに近く母系に欧州色の濃い血が流れる長く能力を維持できる血統はディープの弱点を補う。

馬力の要求される非根幹距離2200mはプラス。タフな競馬で上がりのかかる競馬で力を発揮する。

前走日本ダービー(G1)で惨敗したように早い上がりには弱い。根幹距離のチャンピオンレースでは割引が必要。ゆったりとした競馬がよく距離短縮はマイナス。

舞台設定は適するも小頭数&相手関係で早い上がりが求められそう。今回はステップレースとして次走が菊花賞ならば期待したい1頭。

【評価】全頭診断に戻る

3枠3番キングストンボーイ(適正A 能力A 総合A)

父ドゥラメンテ(欧キングマンボ系) 母父フォーティナイナー(米)フォティナイナー系)

父の力強い走りに短距離的なスピードを強化した血統。

青葉賞(G2)はワンダフルタウンに屈したが日本ダービー(G1)に出て来れば上位争いもできた可能性が高い瞬発力とスピード。日本ダービーを無理使いせず休みに当てたことも好感でフレッシュな状態で気配良さげ。

初の関西圏への輸送に気性が対応するか。

実績こそ乏しいが素質は最上位でレベルの高い共同通信杯組の1角。関西圏の初輸送も走り慣れた左回り。休み明けのフレッシュな状態で持ち前の瞬発力が発揮できる。

【評価】全頭診断に戻る

4枠4番モンテディオ(適正C 能力B 総合C)

父ジャスタウェイ(サンデー系) 母父Tejano Run(欧グレイソヴリン系)

ハーツクライ産駒でも米国のスピードを強化された父に母父から芝適正と母系からスタミナと底力を補強された血統。

道中をゆったり走らせてのロングスパートが得意で長距離への適正が高い。

血統的にはスピードだが、馬的にはハーツクライに近い感じで距離はもう少しあった方がゆったり追走ができるため2200mは若干短い。

前走から400mの距離短縮とメンバー強化では追走で精一杯。先々の長距離戦で期待したい。

【評価】全頭診断に戻る

5枠5番ステラヴェローチェ(適正S 能力S 総合S)

父バゴ(欧ブラッシンググルーム系) 母父ディープインパクト(サンデー系)

父は欧州のタフな競馬出身だがスピードに長けた産駒で母父から瞬発力を補われた。

サウジアラビアRC(G3)や皐月賞(G1)のタフな競馬から、共同通信杯(G3)や日本ダービー(G1)の早い上がりでも対応。ノーザンファーム生産のバゴ産駒は期待度Max。

気性の悪さ。休み明け初戦はとぼけた面を出す可能性。

不利と思われた日本ダービーのレースに対応したことは評価。休み明けが不安だが、どんな舞台設定でも走れることを示した。追い切りも流石の迫力で徐々に完成の域に近づいてきている。ノーザンファーム生産のバゴ産駒としてビッグレースを取り種牡馬入りして欲しい1頭で全集中の応援本命。

【評価】全頭診断に戻る

6枠6番シゲルソウサイ(適正C 能力A 総合B)

父エピファネイア(欧キングマンボ系) 母父Halling(欧シャーペンアップ系)

父の瞬発力と馬力に母父からスタミナと成長力を補強した血統。薄くなった芝のトップスピードをリファールの血を母系から補う。

前進気勢が強く推進力に優れる。2走前の芝1勝クラスや5走前の未勝利戦は気性がぴたりとハマった強い内容。

気性が強い分、波がはっきりしており前走は惨敗。先行するよりは後方待機させた方が良さそうなタイプ。

戦歴からも重い印は打てないが一発あって良さそうなレースをする馬。超大穴として抑えたい。

【評価】全頭診断に戻る

7枠7番レッドジェネシス(適正A 能力B 総合B)

父ディープインパクト(サンデー系) 母父Storm Cat(ストームバード系)

日本国内のニックス配合。瞬発力と米国的なスピードに長け日本国内の主流レースに強い。

中京2200mの京都新聞杯(G2)勝ちを収めている実績はプラス材料。後方からの末脚は確かなものを持っている。調教では非常にバランスの良い走法で推進力が高い。

強いメンバーに入って実力を発揮できていない。

舞台設定は合うも、先の本番を見据えており小頭数でも強いメンバーでに入ってどこまでやれるか改めての力試しの1戦。

【評価】全頭診断に戻る

7枠8番イクスプロージョン(適正A 能力C 総合B)

父オルフェーブル(サンデー系) 母父シンボリクリスエス(欧ロベルト系)

力強いスピードの父に底力を強化した血統で成長力が高い。

なぜか2200m実績が4戦あり(1-1-1-1)、中京実績が(1-1-1-0)と舞台設定はバッチリ。

強いメンバーとの経験がなく初の重賞挑戦。

最高の舞台設定で棚ぼた権利獲得を狙った1戦。古馬になってからの成長力に期待したい。

【評価】全頭診断に戻る

8枠9番テイエムタツマキ(適正C 能力B 総合C)

父キズナ(ディープ系) 母父クロフネ(米ヴァイスリージェント系)

ディープの瞬発力、キズナの馬力にスピードを補った血統。

日本競馬に対応できる血統背景。

明らかに実力不足で厩舎の育成力が問われる。

血統的に走っても良さそうだが厩舎力が問われる典型。ここでは実力不足。

【評価】全頭診断に戻る

8枠10番シャフリヤール(適正S 能力S 総合S)

父ディープインパクト(サンデー系) 母父Essence of Dubai(米エーピーインディ)

瞬発力のディープにスピードとパワーを補われた血統で総合力が高い。全兄はディープに珍しい古馬になってからG1を勝ったアルアイン。

レコード決着の毎日杯(G3)勝ちにして日本ダービー(G1)馬で血統背景からしても疑いようがなく非根幹距離でも不問の母父。ダービー馬が神戸新聞杯に出走すれば過去10年で5戦5勝(2010エイシンフラッシュ2着を最後に全勝)。

歳を重ねるごとに馬体が大きく硬くなれば瞬発力が衰える血統。ただ450kg程で維持できていれば長く活躍できる可能性。

疑いようのない実力を持った馬。前哨戦にして追い切りも迫力十分。神戸新聞杯の過去実績からも当然の本命候補だが他に応援したい馬がいるため対抗に抑える。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021神戸新聞杯

コメダンク

今回は2021神戸新聞杯の全頭診断について解説しました!

S評価(◎)

ステラヴェローチェ、シャフリヤール

A評価(○)

キングストンボーイ

B評価(△)

(適正A)レッドジェネシス

(能力A)ワンダフルタウン

(適正A、能力C)イクスプロージョン

(適正C、能力A)シゲルソウサイ

セファーラジエル

C評価(×)

(能力B)モンテディオ、テイエムタツマキ

オルガン

次走の菊花賞を考えると、実は神戸新聞杯3着という結果も悪くないかも。

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる