2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

【シリーズ同舞台で重賞連勝だ!】2021北九州記念・全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 競馬初心者で馬券の買い方に悩んでる人
  • 競馬玄人でも予想に自信のない人
  • 競馬玄人で自分の考えと比較参考にしたい人
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回は北九州記念の全頭診断をご紹介します!

オルガン

サマーマイルシリーズ第4戦だね

コメダンク

現在首位タイのファストフォースが一歩抜け出すか注目です!

オルガン

スプリンターズSに向けてそろそろ強力スプリンターも登場してくるよ!

スポンサーリンク
目次

【結論】2021北九州記念<評価>

【評価】まとめ

A評価(○)

(適正S)ファストフォース

(能力S)モズスーパーフレア

アウィルアウェイ

B評価(△)

(適正A)レッドアンシェル、ヨカヨカ、ボンボヤージ

ジャンダルム、シゲルピンクルビー、アスコルターレ

C評価(×)

(能力B)ボンセルヴィーソ、エングレーバー、ノーワン

コンパウンダー、ロジクライ、メイショウメイケイ、メイショウカリン、ファンタジステラ、メイショウキョウジ

コメダンク

今年は変則日程のため小倉1200m戦が2戦組まれています。特殊な年だからこそ最初からCBC賞を勝った馬が北九州記念も有利と考えています。

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
ポンセルヴィーソ
CB詳細を見る
1枠2番
エングレーバー
CB詳細を見る
2枠3番
コンパウンダー
CC詳細を見る
2枠4番
ノーワン
CB詳細を見る
3枠5番
ロジクライ
CC詳細を見る
3枠6番
ファストフォース
SA詳細を見る
4枠7番
ジャンダルム
BB詳細を見る
4枠8番
メイショウメイケイ
CC詳細を見る
5枠9番
シゲルピンクルビー
BB詳細を見る
5枠10番
メイショウカリン
CC詳細を見る
6枠11番
アウィルアウェイ
AA詳細を見る
6枠12番
モズスーパーフレア
AS詳細を見る
7枠13番
ファンタジステラ
CC詳細を見る
7枠14番
レッドアンシェル
AB詳細を見る
7枠15番
メイショウキョウジ
CC詳細を見る
8枠16番
アスコルターレ
BB詳細を見る
8枠17番
ヨカヨカ
AB詳細を見る
8枠18番
ボンボヤージ
AB詳細を見る
2021北九州記念全頭診断まとめ

【予想】2021北九州記念<レース展開>

【解説】レース設定

小倉競馬場芝1200m
コースセッティング

小倉競馬場 第4回開催4日目 11R 3歳上オープン G3

芝1200m

ゴール前直線距離:293m

コンディション

天候予想:雨(予想)

馬場:稍重、標準(予想)

含水率:9〜11%(予想)

オルガン

先週に引き続き雨の影響が出ると馬場傾向は外差しが優勢かもね

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : ハイペース

有利な位置取り : 好位先行 雨の影響で昨年のような中団後方より1列前の位置取り

注目馬 : (12)モズスーパーフレア、(6)ファストフォース、(18)ボンボヤージ

【位置取り予想】スタートから1コーナー
【解説】スタートから1コーナー

圧倒的なスタートの速さで(12)モズスーパーフレアが先手を取り、(6)ファストフォース、(7)ジャンダルム、(18)ロータスランドが2列目につける。(9)シゲルピンクルビー、(17)ヨカヨカの3歳牝馬勢は中団から。(4)ノーワン、(14)レッドアンシェルは後方からハイペースの先行勢の隙突く。

【位置取り予想】4コーナーから最終直線
【解説】4コーナーから最終直線

圧倒的なスピードの持続力で(12)モズスーパーフレアが単独先頭で直線へ。(7)ジャンダルムが早め先頭に並び掛けを図り、(18)ボンボヤージ、(9)シゲルピンクルビー、(17)ヨカヨカがまくり気味に外から襲いかかる。(6)ファストフォースは(12)の直後から抜け出しのタイミングを図る。後方勢からは(11)アウィルアウェイ、(14)レッドアンシェルが馬群の隙間から末脚勝負に賭ける。

【解説】2021北九州記念<全頭診断>

1枠1番ポンセルヴィーソ(適正C 能力B 総合C)

ダイワメジャーにブッラシンググルーム系のスタミナを補った血統で低評価時に馬券圏内に飛び込んでくる馬。7歳になって冬場は善戦したが近2走は二桁着順に終わっているためここでも低人気が期待される。ただし1200m戦最内枠の先行馬は狙われる立場にあるためラップの早い1200m重賞では一息。真ん中辺りの枠でノーマークで競馬を進められる方が良かった。

【評価】全頭診断に戻る

1枠2番エングレーバー(適正C 能力B 総合C)

オルフェーブルにシンボリクリスエスと重厚な血統。元々2000m付近を使われてきたが2走前の心斎橋S(1400m)で快勝により短距離路線へ。父同様に牡馬にしては小柄にも関わらず、パワーに秀でたタイプなので先週のように馬場が荒れれば1発もあり得るが、ハイペースの予想される初の1200m戦の重賞では前走以上にペースについていくのが厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番コンパウンダー(適正C 能力C 総合C)

短距離得意のアドマイヤムーン産駒に欧州のタフな馬場で力を発揮するブランドフォード系。6歳にしてオープン入りもその後は2桁着順が続き、直線に賭ける脚質でハイペースは展開が向きそうだが、そもそもの実力が何枚も落ちる。

【評価】全頭診断に戻る

2枠4番ノーワン(適正C 能力B 総合C)

ハーツクライにニジンスキー系のカーリアンの配合。3歳時にフィリーズレビュー(G2,1400m)を勝ったためか短距離~マイル路線で使われている。1200m以下も過去に7走しているが全て複勝圏外。年齢も重ね血統的にもゆったり追走できる方が良さそう。その中でも前走同舞台のCBC賞を6着まで持ってきた上に今回が内々で外に馬を置いてスムーズにコーナリングできれば内々馬群をこじ開けてきてもおかしくない。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番ロジクライ(適正C 能力C 総合C)

ハーツクライにマキャヴェリアンという日本馬場にマッチした配合。マキャヴェリアン自身は欧州で活躍しながら米国産馬とスピード要素も持ち合わせている。ロジクライ自身はマイル重賞勝ちがあるなど1400~1600mで活躍したが近走は距離を短縮したりダートを使われたりと8歳馬ながらなんとかもう一花と馬主の意向が現れた戦歴。本来はアイビスSDを予定していたがハ行により取り消し北九州記念にきりかえ。程度が大したことなかったようだが、今回は無事に走り切ってくれることを願う1戦。

【評価】全頭診断に戻る

3枠6番ファストフォース(適正S 能力A 総合A)

ロードカナロアにサクラバクシンオーというスピードに特化した血統。決してスタートが抜群に上手かったり、二の足が早かったりする馬ではないが、1200mを同じスピードで維持し続けられる持続力に優れていている。中央デビューながら早々に門別へ移籍し4歳夏に中央へ再移籍。前走CBC賞は超高速馬場の中レコードで重賞初勝利を収めた。今回はモズスーパーフレアという快速馬がいるので逃げることは難しそうだが今年はCBC賞が同舞台と千載一遇のチャンス。CBC賞の勝ち馬がここも連勝する。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番ジャンダルム(適正B 能力B 総合B)

サドラーズウェルズ系の父に母系は名牝ビリーブの子供。2、3歳児から完成度の高さで世代有力視されながらもその後の成長は今ひとつだったがここにきて復調。2走前の阪急杯では前残りの中、粘っての3着と重賞でも戦える力は示し、前走は初の1200mで完勝。年齢を重ね先行力もつき福永Jに乗り替わり今回も有力馬の1頭として勝ち負けできる状態。馬格のある馬で57.5kgのハンデも問題なく、もともとマイルで走ってたようにスタミナもあり、モズスーパーフレアの高速ラップにも対応可能。ただし好調な時期から4ヶ月半の休み明けで馬のリズムを崩していないか、また短距離重賞に実績の乏しい池江厩舎の厩舎力にも疑問が残り、本命候補には押しにくく対抗以下で今回は様子をみたい。

【評価】全頭診断に戻る

4枠8番メイショウケイメイ(適正C 能力C 総合C)

ワークフォースにデュランダルの能力の方向性が見極め辛い血統構成。3歳時の紅梅S以降は善戦もできず2桁着順が定位置。オープン、リステッドでも上位進出が難しいため快速馬が揃った今回も上位進出は難しく、枠も真ん中で後方から競馬をする馬にとっては厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番シゲルピンクルビー(適正B 能力B 総合B)

モーリス産駒で半姉に重賞戦線で活躍するシゲルピンクダイヤがいる血統。前走・函館SSは内で前が開かず不完全燃焼の9着。馬場の悪い中の調教でも活発な動きを見せ、今回は主戦の和田Jに戻り改めての1戦。前走の敗戦から人気を落とすようなら美味しい1頭。(右前足が白くてプチソダシみたいで可愛い)

【評価】全頭診断に戻る

5枠10番メイショウカリン(適正C 能力C 総合C)

ゴーンウエスト系のケイムホームにデインヒルというダート向きの血統。自身は7歳にしてオープン入りとなった巌流島S(小倉1200m)の足は秀逸。CBC賞後に福島で1戦を挟まれての再度の小倉、いくら夏場は牝馬といえど体調、実力的に格落ちは否めない。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番ソングライン(適正S 能力A 総合A)

成長力のあるジャスタウェイに母父キンカメという以上に兄弟にインディチャンプ、近親にリアルインパクト、ネオリアリズムがいる名牝の名にふさわしい血統。坂のないコースに強く追って一本調子の爆発的なスピードでハマれば善戦するブロンズコレクター。前走同舞台のCBC賞でも3着だったように5歳になってもそのキャラクターは変わらず。外差しの決まる今の舞台なら安心して紐に入れれる1頭。

【評価】全頭診断に戻る

6枠12番モズスーパーフレア(適正A 能力S 総合A)

ゴーンウエスト系のスペイツタウンにダンジグ系という米国血統でスピードの塊。スタート、テン、仕舞も早く2020G1高松宮記念を勝ったように6歳牝馬にして間違いなくスプリント界のトップホース。小倉も2年連続掲示板を確保し、昨年56.5kgのハンデで2着しているように今回も有力候補の1頭。しかも2年連続、北九州記念で10kg以上馬体を増やしており春からの回復度、成長度を見る点では今回も馬体重には注目。今回は先週の外差しが決まる馬場状態、週末の雨模様の天気も考慮すると割引は必要。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番ファンタジステラ(適正C 能力C 総合C)

ダイワメジャーに穴を開けやすい万能リボー系で全兄に短距離重賞で活躍したダイワマッジョーレがいる血統で7歳ながら底力は秘めた馬。当馬は前走の足立太良S(福島1200m)を勝ってオープン入り。血統は魅力的も流石にこのメンバーに入っては実力は落ちると考えざる終えない。調教でもバランスの悪い走りが目立つ。

【評価】全頭診断に戻る

7枠14番クリスティ(適正C 能力B 総合C)

サンデー系のマンハッタンカフェにストームキャットという典型配合に非主流的要素が配合された血統。力のいる馬場に強いものの7歳では流石に衰えを隠せず近2走は2桁着順。とはいえ昨年の北九州記念勝ち馬でCBC賞で2年連続馬券圏内と重賞上位もあり侮れない存在。今回は58kgの最重量斤量と近走の走りを考えれば連下までに止めるのが妥当。

【評価】全頭診断に戻る

7枠15番メイショウキョウジ(適正C 能力C 総合C)

ダイワメジャーにロベルト系のいかにもパワーに秀でた血統。小倉では9戦して複勝圏内率88.9%の驚異の数字だがそれはオープン競走以下。昨年の北九州記念では10着と得意の小倉で初めて副証券を外し明け6歳の牡馬には昨年以上の上積みは見込めない。

【評価】全頭診断に戻る

8枠16番アスコルターレ(適正B 能力B 総合B)

小倉に良績を残すドゥラメンテ産駒に母系はタッチングスピーチやサトノルークスなど中距離で活躍した名牝系。マーガレットSでは最高峰から全頭差し切りを見せ、その時は後にアイビスSDを制したオールアットワンスを破っている。それ以降は短距離路線を歩んできたがピリッとしない成績。反応に鈍いタイプで直線の長いコースの方が合いそう。ただし52kgの3歳馬は思わぬ好走を見せることもあり軽視は禁物。

【評価】全頭診断に戻る

8枠17番ヨカヨカ(適正A 能力B 総合B)

米国型ミスプロ系のスクワートルスクワートにデインヒル系の欧州のデインヒル系の血統。九州の牧場生まれで2歳児に小倉で2連勝したことで地元のアイドルホースとして人気を博している。前走CBC賞はレコード決着の中で5着と善戦も底力の差で伸び悩んだ感が否めない。今回は前走ほど早い馬場にはならないがモズスーパーフレアの作る早い流れに対応できるかがポイント。ただ短距離路線ではしぶとく掲示板を確保するあたり、重賞でも善戦できる力は十分ある。

【評価】全頭診断に戻る

8枠18番ボンボヤージ(適正A 能力B 総合A)

ロードカナロアにディープインパクトとスピードに爆発的な瞬発力をプラスされた血統。全兄に2歳短距離重賞2勝のファンタジストがいるように重賞戦線でも十分に戦える実力は持っている。小倉は3戦2勝2着1回と得意にしている。芝は軽い方が良いタイプで今回の雨予報はマイナス。成績にもムラがあり絶対の信頼を置けない。小さな馬で内で揉まれるより大外枠はプラスに働くが強力スプリンターの中でどこまで対応できるか。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021北九州記念

コメダンク

今回は2021北九州記念の全頭診断について解説しました!

A評価(○)

(適正S)ファストフォース

(能力S)モズスーパーフレア

アウィルアウェイ

B評価(△)

(適正A)レッドアンシェル、ヨカヨカ、ボンボヤージ

ジャンダルム、シゲルピンクルビー、アスコルターレ

C評価(×)

(能力B)ボンセルヴィーソ、エングレーバー、ノーワン

コンパウンダー、ロジクライ、メイショウメイケイ、メイショウカリン、ファンタジステラ、メイショウキョウジ

オルガン

能力のモズ、適正のファスト、バランスのアウィル・・・1着狙いより軸馬選びが重要な1戦だね

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる