2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

ステラヴェローチェに信頼のS評価!2021菊花賞-全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 馬券の買い方に悩んでる競馬初心者の方
  • 予想の参考にしたい競馬玄人の方
  • 筆者と仲良くしてくれる競馬ブログやnoteの運営者や競馬関係者
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回は菊花賞の全頭診断をご紹介します!

オルガン

3歳クラシック三冠最後の1戦だね。

コメダンク

今年は京都競馬場改修工事のため阪神3000mが舞台です。

オルガン

舞台が変わっても、菊花賞は本当に強い馬が勝つ!格言を信じたいね。

スポンサーリンク
目次

【結論】2021菊花賞<評価>

【評価】まとめ

S評価(◎)

ステラヴェローチェ

A評価(◯)

なし

B評価(△)

(適正A)レッドジェネシス、セファーラジエル、ヴィクティファルクス

(能力A)アサマノイタズラ、ヴァイスメテオール

(適正A、能力C)ワールドリバイバル

(適正C、能力A)タイトルホルダー、

ヴェローチェオロ、モンテディオ、グラティアス、オーソクレース

C評価(×)

(適正B)エアサージュ

(能力B)ディヴァインラヴ

ロードトゥフェイム、ディープモンスター、ノースザワールド、アリーヴォ

コメダンク

ステラヴェローチェに自身のS評価です!A評価なし、 2番手評価は混戦模様です。

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
ワールドリバイバル
AC詳細を見る
1枠2番
アサマノイタズラ
BA詳細を見る
2枠3番
タイトルホルダー
CA詳細を見る
2枠4番
ロードトゥフェイム
CC詳細を見る
3枠5番
レッドジェネシス
AB詳細を見る
3枠6番
セファーラジエル
AB詳細を見る
4枠7番
ディープモンスター
CC詳細を見る
4枠8番
エアサージュ
BC詳細を見る
5枠9番
ヴェローチェオロ
BB詳細を見る
5枠10番
モンテディオ
BB詳細を見る
6枠11番
ディヴァインラヴ
CB詳細を見る
6枠12番
ノースザワールド
CC詳細を見る
7枠13番
アリーヴォ
CC詳細を見る
7枠14番
ステラヴェローチェ
SS詳細を見る
7枠15番
ヴァイスメテオール
BA詳細を見る
8枠16番
グラティアス
BB詳細を見る
8枠17番
ヴィクティファルクス
AB詳細を見る
8枠18番
オーソクレース
BB詳細を見る
2021菊花賞全頭診断まとめ

【予想】2021菊花賞<レース展開>

【解説】レース設定

阪神競馬場芝3000m
コースセッティング

阪神競馬場 第4回開催6日目 11R 3歳オープン G1

芝3000m Aコース

ゴール前直線距離:356.5m

コンディション

天候予想:晴れ(予想)

馬場:良、標準(予想)

オルガン

馬場はイーブン。スタンド前直線の急坂2回を登坂するタフさが必要なコース設定だね。

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : スローペース

有利な位置取り : 中団差し どの馬も先行したい!バチバチに前でやり合うなら後方勢にチャンスあり

注目馬 : (14)ステラヴェローチェ、(9)ヴェローチェオロ、(18)オーソクレース

【位置取り予想】スタート
【位置取り予想】ゴール前

【解説】2021菊花賞<全頭診断>

1枠1番ワールドリバイバル(牡3)(適正A 能力C 総合B)

父エピファネイア(欧ロベルト系) 母父アグネスタキオン(サンデー系)

日本の主流競馬に強くゆったりした距離延長に強い父にサンデー系でもパワーを強化した血統。

前走は大外枠ながら逃げたが先行するタイトルホルダーをマークする馬群のプレッシャーを受け厳しい展開に。今回はマークがバラける展開が期待でき最内枠は絶好。

パワーに寄った分エンジンの掛かりが遅く先行できなかった時は厳しい。調教でも騎手のアクションに対しての反応はイマイチで走りのバランスも悪い。

血統的にはタフな阪神3000mは合いそうで最内枠は運も引き寄せた。ただし実力とコンディション的には軽視したい。

【評価】全頭診断に戻る

1枠2番アサマノイタズラ(牡3)(適正B 能力A 総合B)

父ヴィクトワールピサ(サンデー系) 母父キングヘイロー(欧リファール系)

サンデー系でも父父ネオユニヴァースはダート的馬力を持つ。母父からは前向きな気性からのスピード、母系は欧州の重厚なオペラハウスを持つ。

直線での2回の急坂に対応できるパワーがあり欧州のスタミナがスピードを持続させる。

初の関西圏への輸送。中山で重賞1勝2着1回とマイスターの様相。ヴィクトワールピサ産駒は3000m級競走に2015年以降で2頭のみで掲示板に載っていない。

前走は各馬がタイトルホルダーをマークする中で自分の競馬に徹した結果がハマった印象も重賞を勝つだけの力は持っている。穴候補に推奨。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番タイトルホルダー(牡3)(適正C 能力A 総合B)

父ドゥラメンテ(欧キングマンボ系) 母父Motivator(欧サドラーズウェルズ系)

引き出しの父系に母父から欧州の重厚な能力が活きる血統。

中山2000m重賞で良積を残しているようにピッチの効いた走法は阪神内回りにも適用できそう。

前走セントライト記念(G2)は厳しいマークにあっての13着で全く力を出せていない。皐月賞(G1)以降着順を落としていて勢いが落ちてる印象。母系に重厚な血統を持っているが本質的には2000mくらいがあっていそう。

皐月賞2着より実力が評価される所だが今のコンディションでは過大評価に思われる。一旦海外で走るなどショック療法が必要な印象。

【評価】全頭診断に戻る

2枠4番ロードトゥフェイム(牡3)(適正C 能力C 総合C)

父マツリダゴッホ(サンデー系) 母父ホワイトマズル(欧リファール系)

日本芝のマイル競走に強い血統構成。ホワイトマズルから距離延長も可能に。

前走の九十九里浜特別はタフな中山2500mを最後迫られながら粘っての勝利。夏を越して先行できる脚力が付いてきた。

父の産駒は長距離を不得意としており2400m以上の勝ち馬は2013年以降の産駒初出走以降で当馬だけ。3歳春の重賞では力及ばず。

夏を超えて成長は見せているが3歳上位馬には及ばない。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番レッドジェネシス(牡3)(適正A 能力B 総合B)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父Storm Cat(米ストームバード系)

日本競馬におけるニックス。ディープの瞬発力に母父、母系から米国のスピードの持続力を強化した血統。

母系にサドラーを持ち米国要素に欧州要素も加わり距離延長適性を持つ。阪神長距離得意の友道厩舎の厩舎力も後押し。

前走の神戸新聞杯(G2)は4コーナー内突き他馬が重馬場で力を出せない中でポジションの利を活かし2着。力のあるところを見せるも春の競馬では強い相手のダービー(G1)で11着と実力は怪しい。

実力的には春の実績馬に及ばないも阪神3000mという舞台が実績上位に押し上げた。連下候補に推奨。

【評価】全頭診断に戻る

3枠6番セファーラジエル(牡3)(適正A 能力B 総合B)

父キズナ(ディープ系) 母父Out of Place(欧ターントゥ系)

牡馬には馬力とスタミナをを引き継ぐ父に母父からサンデーサイレンスの血を補強した血統。

2走前の白百合Sはスタート遅れ後方から3コーナーで鞭を入れて直線寄れながら上がり最速の勝利。前向きな気性が爆発もありそうで調教は前走とは別馬の落ち着いた走り。今回唯一のサンデーR出走馬。

気性の悪さから自身のレースを組み立てられない諸刃の剣。

一見長距離適性はなさそうに見えるが爆発力は魅力的。スタミナもありタフな競馬も合いそうで阪神3000mという舞台適正はありそう。特注馬に推奨。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番ディープモンスター(牡3)(適正C 能力C 総合C)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父Bellamy Road(米ダンチヒ系)

ディープインパクトの瞬発力に母系から馬力のあるスピードを強化した血統。

阪神2000m以上で1勝2着1回と得意にしている。

厩舎コメントでは弱気な発言。調教は動くがレースで調教が活かされないタイプ。

武豊Jのコメントも控え目で陣営は阪神3000mという紛れのある競馬で一握りのチャンスを窺っている様子。

【評価】全頭診断に戻る

4枠8番エアサージュ(牡3)(適正B 能力C 総合C)

父Point of Entry(欧ロベルト系) 母父Empire Maker(米ミスプロ系)

欧州のタフな血統に全体的には米国のスピードに寄った血統。

4戦3勝と底を見せていない。本来はスピードを活かしたい血統。

前走の札幌日刊S杯が陣営にとっては望まぬ逃げる展開。負かした相手も8歳、6歳の2勝クラスで2着馬とは迫られての鼻差勝利。

戦歴優秀とはいえ戦ってきた相手は2枚も落ちる。3最上位の馬と初対戦で戦歴から上位争いは厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番ヴェローチェオロ(牡3)(適正B 能力B 総合B)

父ゴールドシップ(サンデー系) 母父タイキシャトル(欧ヘイロー系)

芝の上がりの掛かる競馬、非根幹距離の距離延長に強い父に前向きなスピードを補った血統。

前走の見た特別は後方から一旦追い上げて、道中我慢させ4コーナーから直線にかけてもう一度足を伸ばして勝利し血統からも距離延長の阪神3000mは合う。

京都新聞杯(G2)5着あるだけで強いメンバーとの対戦がなく実力的には一枚落ちる印象。

前走の三田特別はデムーロJの好騎乗もあるが春からの成長を伺わせ、血統的背景からも掲示板争いには加わりそうな一頭。

【評価】全頭診断に戻る

5枠10番モンテディオ(牡3)(適正B 能力B 総合B)

父ジャスタウェイ(サンデー系) 母父Tajano Run(米グレイソヴリン系)

マイル適正の高いハーツ後継種牡馬に芝中距離適性の高い血統。

2走前のルスツ特別が強い内容で3コーナー手前から上がって直線先頭というスタミナがないとできない競馬をした。神戸新聞杯(G2)でもコーナーリングの旨さで直線前目につけて粘り込んで3着。

前走は他馬が力を出せない中で3着で最後は前2頭には最後離された。ジャスタウェイ産駒は長距離重賞で2019菊花賞ヴェロックス3着が最高で決して長距離は得意としていない。

今年の神戸新聞杯は重馬場開催の中ではあるが3着以内馬は素直に信頼したい。連下候補に推奨。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番ディヴァインラヴ(牝3)(適正C 能力B 総合C)

父エピファネイア(欧ロベルト系) 母父ディープインパクト(ディープ系)

日本の主流競馬に強くゆったりした距離延長に強い父にディープの瞬発力を強化した血統。

スローの瞬発力に強く近2戦の2連勝は強い競馬で勝利。斉藤厩舎は阪神成績が優秀。

長距離適正というよりは日本の王道競馬に強いタイプで牝馬で阪神3000mが合うとは思えない血統。

厩舎力と福永Jは魅力的も2000mなどの王道競馬で見てみたいタイプで今回は軽視。

【評価】全頭診断に戻る

6枠12番ノースザワードル(牡3)(適正C 能力C 総合C)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父Giant’s Causeway(米ストームキャット系)

ディープインパクトの瞬発力に母系から馬力のあるスピードを強化した血統。

2走前は昨年の神戸新聞杯3着馬のロバートソンキーの2着。ダートのような馬場になればダート実績が力になる。

2勝クラスで連続2着も実力的には1勝クラスでしかもダート勝ち上がり。

流石に何枚も実力が落ちる。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番アリーヴォ(牡3)(適正C 能力C 総合C)

父ドゥラメンテ(欧キングマンボ系) 母父Harlan’s Holiday(ストームバード系)

引き出しの父系に母父から米国のスピードが活きる血統。

ダートデビューも2戦目以降の芝では(3-1-2-0)と優秀。

母系は米国血統の塊で引き出し型のキングマンボ系にして長距離的は低い。

相手なりに走ってきた実績は紛れのある阪神3000mでも近走馬に釣られて上位進出もありそうな馬。ただし実力的には落ちる。

【評価】全頭診断に戻る

7枠14番ステラヴェローチェ(牡3)(適正S 能力S 総合S)

父バゴ(欧ブラッシンググルーム系) 母父ディープインパクト(ディープ系)

父は欧州のタフな競馬出身だがスピードに長けた産駒もだし母父から瞬発力を補われた。バゴ産駒はビックウィークが2010菊花賞(G1)を制し近年のディープ産駒の早い上がりでも対応。

前走の神戸新聞杯(G2)は重馬場の中他馬が力を出せない中で適正を見せ勝利。春から体重も増え成長を見せた。調教は前走の方が見栄えするが厩舎コメントからは状態は維持してる様子。ノーザンファーム生産のバゴ産駒は期待度Max。

前走の神戸新聞杯(G2)はタフな展開で疲労が心配される。今回は1番人気濃厚で他馬からのマークも厳しい。

他馬との力関係は抜けていて距離や舞台適正も問題ない。厳しいマークが予想されるがタフな展開になっても能力の低下が小さい。ノーザンファーム生産のバゴ産駒としてビッグレースを取り種牡馬入りして欲しい1頭。文句なく本命候補に推奨。

【評価】全頭診断に戻る

7枠15番ヴァイスメテオール(牡3)(適正B 能力A 総合B)

父キングカメハメハ(欧キングマンボ系) 母父キングヘイロー(欧リファール系)

キングカメハメハ産駒の中でも母父より前向きな気性からのスピードに優れた血統。

前走のラジオNIKKEI賞は(G3)はタフな流れを鮮やかな勝利。不良馬場での勝利もあり急坂2回のタフな競馬に向きそう。

長い距離を早く走るとタフな競馬で強いは意味合いが異なり長距離は走れるだろうが上位で入着する血統ではない。

前走は相手関係に恵まれた感があるがそれでも重賞を勝つ力を示したが、上位争いは厳しい印象。

【評価】全頭診断に戻る

8枠16番グラティアス(牡3)(適正B 能力B 総合B)

父ハーツクライ(サンデー系) 母父Lizard Island(欧ダンチヒ系)

半姉に2019阪神JF(G1)勝ち馬のレシステンシアで父がハーツクライに代わって成長力を補われた。

前走セントライト記念(G2)からの距離延長はプラス。姉がスプリント戦で活躍している様に京成杯(G3)の走りからもスピードも問題ない。

京成杯の走りから将来が期待されたが、セントライト記念はメンバー構成からすれば案外な結果。気持ち的な面が春から回復していない印象。

先行したかったが外枠をひき長距離競走であるため前走のように無理にポジションを取り辛いとすれば仕舞いの脚がないため今回も厳しい印象。

【評価】全頭診断に戻る

8枠17番ヴィクティファルクス(牡3)(適正A 能力B 総合B)

父ハーツクライ(サンデー系) 母父Galileo(欧サドラーズウェルズ系)

距離延長でゆったりとした流れが得意な父にタフな流れとスタミナに優れた血統。

急坂2回のタフな競馬に向き、3000m戦は極端に早いペースになり辛く血統的背景が後押しする。

仕舞いのスピード勝負になれば分が悪く、前が大きく離れて逃げた場合に捉え流のは難しい。

タフな競馬を歓迎し阪神舞台は合う。共同通信杯(G3)2着の実績を信頼し対抗候補に推奨。

【評価】全頭診断に戻る

8枠18番オーソクレース(牡3)(適正B 能力B 総合B)

父エピファネイア(欧キングマンボ系) 母父ディープインパクト(ディープ系)

牝馬ではデアリングタクトと同じ血統。母は中距離G1を2勝した名牝で母の兄弟にはダートの怪物クリソベリル、2015神戸新聞杯(G2)勝ち馬のリアファルがいる血統。

母系から重い馬場への高い適性を受け継ぎ、暮れの2020ホープフルSで2着。最大の持ち味は前向きな気性に裏付けられる勝負根性。

前走は故障明け9ヶ月ぶりのレースでも3着を確保し力のあるところは見せたが急坂は苦手そうな雰囲気で急坂2回の阪神3000mよりは広く直線の長いコースが合いそう。

春先の骨折が激痛で勢いを失ったエピファネイア&ディープ産駒がG1を勝てるほどの馬に成長は難しそう。騎手がルメールだけにマークを外すのは避けた方が良い。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021菊花賞

コメダンク

今回は2021菊花賞の全頭診断について解説しました!

S評価(◎)

ステラヴェローチェ

A評価(◯)

なし

B評価(△)

(適正A)レッドジェネシス、セファーラジエル、ヴィクティファルクス

(能力A)アサマノイタズラ、ヴァイスメテオール

(適正A、能力C)ワールドリバイバル

(適正C、能力A)タイトルホルダー、

ヴェローチェオロ、モンテディオ、グラティアス、オーソクレース

C評価(×)

(適正B)エアサージュ

(能力B)ディヴァインラヴ

ロードトゥフェイム、ディープモンスター、ノースザワールド、アリーヴォ

オルガン

流石にここではステラヴェローチェ1択、今年は共同通信杯組を信頼したいね。

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる