2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

日本代表として負けられない!2021京成杯AH全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 競馬初心者で馬券の買い方に悩んでる人
  • 競馬玄人でも予想に自信のない人
  • 競馬玄人で自分の考えと比較参考にしたい人
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回は京成杯AHの全頭診断をご紹介します!

オルガン

サマーマイルシリーズ最終戦は決しているので秋のマイルCSへの権利取りの1戦だね

コメダンク

グレナディアガーズにとってはBCマイルのステップレース。恥ずかしい結果は残せません。

オルガン

実績馬に加えて、気になる上がり馬が複数いて今後のマイル路線を占うかもね。

スポンサーリンク
目次

【結論】2021京成杯AH<評価>

【評価】まとめ

A評価(○)

グレナディアガーズ

B評価(△)

(適正A)グランデマーレ、バスラットレオン、マイスタイル、スマイルカナ

(能力A)カテドラル、カラテ、カレンシュトラウス、アカノニジュウイチ

マルターズディオサ、コントラチェック、スマートリアン

C評価(×)

(能力B)ステルヴィオ

ベステンダンク、レイエンダ、ワイドファラオ

コメダンク

最高の内枠に入ったグレナディアガースの相手探しで、近走実績なら能力Aを優先したいところです。

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
グレナディアガーズ
AA詳細を見る
1枠2番
カテドラル
BA詳細を見る
2枠3番
ベステンダンク
CC詳細を見る
2枠4番
グランデマーレ
AB詳細を見る
3枠5番
ステルヴィオ
CB詳細を見る
3枠6番
レイエンダ
CC詳細を見る
4枠7番
マルターズディオサ
BB詳細を見る
4枠8番
ワイドファラオ
CC詳細を見る
5枠9番
コントラチェック
BB詳細を見る
5枠10番
カラテ
BA詳細を見る
6枠11番
バスラットレオン
AB詳細を見る
6枠12番
カレンシュトラウス
BA詳細を見る
7枠13番
スマートリアン
BC詳細を見る
7枠14番
マイスタイル
AB詳細を見る
8枠15番
アカノニジュウイチ
BA詳細を見る
8枠16番
スマイルカナ
AB詳細を見る
2021京成杯AH全頭診断まとめ

【予想】2021京成杯AH<レース展開>

【解説】レース設定

中山競馬場芝1600m
コースセッティング

中山競馬場 第4回開催2日目 11R 3歳上オープン ハンデ G3

芝1600m Bコース

ゴール前直線距離:310m

コンディション

天候予想:曇り(予想)

馬場:良、やや硬め(予想)

オルガン

土曜日の傾向から前々だけでなく、好位から中団のポジションにも可能性がありそうだね

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : ミドルペース

有利な位置取り : 先行 基本的には先行馬が有利も好位組にもチャンスあり、後方は厳しいか

注目馬 : (1)グレナディアガーズ、(14)マイスタイル、(11)バスラットレオン

【位置取り予想】スタートから1コーナー
【解説】スタートから1コーナー

(14)マイスタイルと(18)スマイルカナが先行争いし(11)バスラットレオンは控える競馬に。(1)グレナディアガーズは内枠先団を形成する。(7)マルターズディオサが好位を進み、(10)カラテが中団を追走。上がり馬(12)カレンシュトラウスと(15)アカノニジュウイチは外枠から中団から後方を形成し(2)カテドラルは後方に下げて道中でいつでも外に出すことのできるポジション取りをする。

【位置取り予想】4コーナーから最終直線
【解説】4コーナーから最終直線

(14)マイスタイルが先頭で直線に入るも(16)スマイルカナ、(11)バスラットレオン、(12)カレンシュトラウスが早め先頭を猛追。(1)グレナディアガーズは(14)の後ろで進路と仕掛け所を探しながらの抜け出しのタイミングを図り、(7)マルターズディオサと(10)カラテが馬群を縫って上がってくる。(2)カテドラルは大外直線一気でゴール前の抜け出しを狙う。

【解説】2021京成杯AH<全頭診断>

1枠1番グレナディアガーズ(適正A 能力A 総合A)

父系は欧州、母系はミスプロ系とヴァイスリージェント系と馬力にスピードを補った血統。2020朝日杯FS(G1)の勝ち馬で2021NHKマイルC3着馬。BCマイル(米・G1)の前哨戦となる今回、恥ずかしい結果は出せない。右回りは(2-0-0-0)と負けなしで調教も流石の迫力で休み明けでも動ける状態。ただし、本質的にはスプリンターだと思うが、右回りの中山マイルなら誤魔化しも効く。先行力があり最内枠に入ったことは大きなプラス。

【評価】全頭診断に戻る

1枠2番カテドラル(適正B 能力A 総合B)

父ハーツクライに母父ダンチヒ系。マイル戦での勝ち星がないが幅広いカテゴリーで重賞でも安定した成績を残している。近走は安田記念(G1)を除けば重賞3戦連続2着。スタートが遅いわけではないが後方からのロングスパートをスタイルとしており、開幕週の中山は少し厳しい印象だが最後は確実に伸びてくる。対抗候補として信頼。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番ベステンダンク(適正C 能力C 総合C)

父タイキシャトルに母父スペシャルウィーク。9歳牡馬はオープンクラスでは実力上位も重賞クラスでは厳しい戦歴。サマーマイルやマイルCSを狙う馬が集結するここではやはり厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

2枠4番グランデマーレ(適正A 能力B 総合B)

父ロードカナロアに母父ネオユニヴァース。前走は3勝クラス勝ち上がりからの重賞初挑戦となった関屋記念では後方から追い込んで見せ場ありの5着。上がり最速も切れる脚よりは長くいい脚を使うタイプ。右回り(4-0-0-0)を得意にしており中山実績もあり舞台設定は文句なし。世代のレベルが低いと言われる4歳牡馬でどこまで上位に食い込めるか。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番ステルヴィオ(適正C 能力B 総合C)

父ロードカナロアに母父ファルブラブで短距離で力を発揮する決闘で2018マイルCSの勝ち馬だが本質的にはスプリンター。根岸S以降は喉の手術をして休み明けの1戦で2度目の手術明けになる。さすがにここでの上位進出は厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

3枠6番レイエンダ(適正C 能力C 総合C)

父キングカメハメハに母父シンボリクリスエスで全兄はレイデオロ。今回は平地再審査と去勢手術明けで近走成績も振るわず。津村Jが藤沢厩舎の管理馬に騎乗できることに意気込んでいるようだが、普段の藤沢厩舎の調教課程も踏めず、ここは競走復調を見る1戦となる。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番マルターズディオサ(適正B 能力B 総合B)

父キズナに母父ミスプロ系のグランドスラムと米国要素の色濃い血統。重賞2勝しているように世代の中では実力上位も他世代に入ると一段見劣りする。ただ厩舎サイドは春をチャレンジのシーズンとしていてタフなG1を2戦した意図からもこの馬にかける熱意を感じる。休み明けは苦にしないタイプだが調教の動きは今ひとつ物足りなく見え、総合的には紐までに留めておきたい。

【評価】全頭診断に戻る

4枠8番ワイドファラオ(適正C 能力C 総合C)

父ヘニーヒューズに母父アグネスタキオンで芝とダートで重賞勝ち鞍がある二刀流。芝は2019NHKマイルC以来でおそらく南部杯(ダートJpn1)やチャンピオンズC(ダートG1)に向けたスピード強化のための出走と考える。勝ち負けに拘らず芝の早いペースを馬に覚えさせ更なるダートG1獲得に向けた1戦。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番コントラチェック(適正B 能力B 総合B)

父ディープインパクトに母父ネイティブダンサー系で道中のスピードと瞬発力が特徴。成績が安定しない馬だが1200~1800mの重賞を3勝しているように、決して軽視してはいけない。近走は1200mを4戦使われスピード競馬に慣れた今回、マイル戦に戻って先行する力をつけた今回は開幕週の中山で再びの重賞制覇もあり得る。

【評価】全頭診断に戻る

5枠10番カラテ(適正B 能力A 総合B)

父トゥザグローリーに母父フレンチデピュティと特異なスピード競馬に長けた血統で中山のマイルはあっているが開幕週の馬場がどうか。前走の関屋記念(G3)では2021東京新聞杯勝ちがフロッグでないことを証明し、改めてマイルCSに向けた試金石となる1戦。57kgの斤量も経験済みで雄大な馬体では苦にしない。G3では好位につける能力を持ちここでも十分上位争いができる。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番バスラットレオン(適正A 能力B 総合B)

父キズナに母父サトラーズウェルズ系とスピードに馬力を補ったタイプ。春のG1(NHKマイルC、ダービー)ではいいとこなしで重賞勝ちのある中山で再びのマイル挑戦。厩舎サイドからは逃げる競馬から控える競馬に切り替える算段があるようで言葉通りなら好位追走の競馬でマイル戦線の強者の中でどの程度できるか試す1戦となる。

【評価】全頭診断に戻る

6枠12番カレンシュトラウス(適正B 能力A 総合B)

父ルーラーシップに母父は名刀ゼンノロブロイ。1勝クラスから3連勝のほか、戦歴では9戦して複勝率100%での初重賞挑戦となる。スタートが極端に遅いわけではないが後方からの競馬スタイルで長い脚を使え戦歴でも常に上がり3Fタイム3位以内と最後の脚には期待できる。調教でも力強い走りで休み明けでも体調良く好レースができそう。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番スマートリアン(適正B 能力B 総合B)

父キズナに母父はゴーンウエスト系。前走の米子Sは2021関屋記念(G3)勝ち馬ロータスランドの2着。オープンクラスでは上位の実績も重賞に入ると一息なタイプ。最も気になるのは主戦の池添Jがカレンシュトラウスを選んだこと。実績のある右回りの開幕週馬場で上位に食い込めるか。

【評価】全頭診断に戻る

7枠14番マイスタイル(適正A 能力B 総合B)

父ハーツクライに母父フォーティナイナーでスタミナにスピードを補ったタイプ。前走の関屋記念(G3)は逃げて4着と見せ場を示した。逃げるスタイルは開幕馬場に合っていて成績は振るわないが紐には入れておきたい。

【評価】全頭診断に戻る

8枠15番アカノニジュウイチ(適正B 能力A 総合B)

父ブラックタイドに母父ファピアノ系と瞬発力にスピードを補った血統。1200m戦を連勝してのマイル重賞参戦。5戦連続して上がり最速を記録しているように後方から直線で勝負するスタイル。ここ2戦は内枠であったこともあり馬群を捌いて外に出して追い込んでくるスタイル。開幕週の馬場がどうかだが引き続き横山典Jが手綱を握る期待度に上位進出の可能性を感じる。

【評価】全頭診断に戻る

8枠16番スマイルカナ(適正A 能力B 総合B)

父ディープインパクトに母父フォーティナイナー。大外枠に入ったが去年の父レースでも大外枠での2着と前に行ければ問題にならない。中山マイル重賞2勝と馬場適正は抜群。春は2戦して二桁着順と激しい気性故にディープ産駒の特徴である燃え尽き症候群が出ている可能性。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021京成杯AH

コメダンク

今回は2021京成杯AHの全頭診断について解説しました!

A評価(○)

グレナディアガーズ

B評価(△)

(適正A)グランデマーレ、バスラットレオン、マイスタイル、スマイルカナ

(能力A)カテドラル、カラテ、カレンシュトラウス、アカノニジュウイチ

マルターズディオサ、コントラチェック、スマートリアン

C評価(×)

(能力B)ステルヴィオ

ベステンダンク、レイエンダ、ワイドファラオ

オルガン

能力A評価は後方、適正Aは先団と選択次第で予想結果が大きく変わっちゃうね

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる