2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

コントレイルに花を添える!2021京阪杯-全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 馬券の買い方に悩んでる競馬初心者の方
  • 予想の参考にしたい競馬玄人の方
  • 筆者と仲良くしてくれる競馬ブログやnoteの運営者や競馬関係者
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回は京阪杯の全頭診断をご紹介します!

オルガン

来春の高松宮記念を目指してスプリンターが始動します。

コメダンク

スプリンターズS惨敗組を中心に次世代派遣争い勃発です。

オルガン

阪神開催16日目ともなるとスプリント戦でも欧州色が強い馬が狙い目かな。

\ 当サイトも使用しています /

目次

【結論】2021京阪杯<評価>

【評価】まとめ

A評価(◯)

(適正S、能力B)ミッキーブリランテ

ライトオンキュー

B評価(△)

(適正A)シゲルピンクルビー

(能力A)シヴァージ、レイハリア

アウィルアウェイ、エイティーンガール、オールアットワンス、レッドアンシェル

C評価(×)

(適正B)ムイトオブリガード、ワグネリアン

(能力B)ファストフォース、アストラエンブレム、ソーグリッタリング

ラヴィングアンサー、タイセイビジョン、ザヴォワールエメ、アイラブテーラー

コメダンク

能力はさておき、欧州血統の馬を上位評価としました。

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
アウィルアウェイ
BB詳細を見る
1枠2番
エイティーンガール
BB詳細を見る
2枠3番
ラヴィングアンサー
CC詳細を見る
2枠4番
オールアットワンス
BB詳細を見る
3枠5番
タイセイビジョン
CC詳細を見る
3枠6番
シヴァージ
BA詳細を見る
4枠7番
ファストフォース
CB詳細を見る
4枠8番
ザヴォワールエメ
CC詳細を見る
5枠9番
ミッキーブリランテ
SB詳細を見る
5枠10番
レッドアンシェル
BB詳細を見る
6枠11番
アストラエンブレム
CB詳細を見る
6枠12番
アイラブテーラー
CC詳細を見る
7枠13番
シゲルピンクルビー
AB詳細を見る
7枠14番
ソーグリッタリング
CB詳細を見る
7枠15番
レイハリア
BA詳細を見る
8枠16番
ライトオンキュー
AA詳細を見る
2021京阪杯全頭診断まとめ

【解説】2021京阪杯<全頭診断>

1枠1番アウィルアウェイ(牝5)(適正B 能力B 総合B)

父ジャスタウェイ(Mサンデー系) 母父キングカメハメハ(欧キングマンボ系)

爆発的な末脚を持つインディチャンプ半妹も近走は惨敗続き。直線に賭ける競馬よりも道中押し上げて勢いに乗って中団まで押し上げていきたい。3コーナーから坂のある阪神コースならスタイルがハマりそう。時計の掛かる良馬場で最内枠ながら外に出して上位進出を狙いたい。

【評価】全頭診断に戻る

1枠2番エイティーンガール(牝5)(適正B 能力B 総合B)

父ヨハネスブルグ(米ストームバード系) 母父アグネスタキオン(サンデー系)

中山や中京の成績(0-0-0-6)は振るわないため人気を落としがちだが関西圏は(4-3-1-3)と決して侮ってはいけない。時計は掛かった方がよくアウィルアウェイと纏めて纏めて上位進出をしても不思議ではない。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番ラヴィングアンサー(牡7)(適正C 能力C 総合C)

父ダイワメジャー(サンデー系) 母父Rock of Gibraltar(欧ダンチヒ系)

昨年の同時期に3勝クラスながら阪神1200mを勝ってオープン入りも今年は10勝戦ではもう一つ成績は振るわない。内枠に同型が集まっているが重賞実績のない早熟傾向のダイワメジャー産駒の7歳がここで上位進出は厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

2枠4番オールアットワンス(牝3)(適正B 能力B 総合B)

父マクフィ(米ミスプロ系) 母父ディープインパクト(ディープ系)

前走のアイビスSDで千直王・ライオンボスを退けて重賞初制覇。3着以降は大きく引き離しスピードの高さを示した。コーナーのあるコースに戻ってスプリンターとしての真価を問われる一戦。2走前の葵Sでは後の重賞勝ちレイハリア、ヨカヨカに屈するも逆転を狙いたい。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番タイセイビジョン(牡4)(適正C 能力C 総合C)

父タートルボウル(欧ノーザンダンサー系) 母父スペシャルウィーク(サンデー系)

2020アーリントンCを勝ち2021京都金杯(中京開催)も4着に入りマイルを中心に使われたが近走はなぜか1200mを使われている。血統的にはマイル以上が本質的に向いているが気性的な問題が大勢しない原因となっているとみる。

【評価】全頭診断に戻る

3枠6番シヴァージ(牡6)(適正B 能力A 総合B)

父First Sumurai(米ストームバード系) 母父Indian Charlie(米グレイソヴリン系)

前走は休み明けながらスプリンターズSで最内枠から内を強襲しての3着。今回の追い切りも引き続きコンディションは良さそう。昨年は脚を余して5着と同舞台を苦にしない。スプリンターにしては飛びの大きな馬のため荒れた内から外に出したい。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番ファストフォース(牡5)(適正C 能力B 総合C)

父ロードカナロア(欧キングマンボ系) 母父サクラバクシンオー(プリンスリーギフト系)

日本のスプリント戦最高配合。夏の小倉スプリント重賞で2連対したサマースプリント王者も前走スプリンターズSは押してもポジションを上げられずブービー。本来は先行したいタイプだが荒れた内を通ることになりそうで先行できたとしても出番はなさそう。

【評価】全頭診断に戻る

4枠8番ザヴォワールエメ(牡5)(適正C 能力C 総合C)

父ダイワメジャー(Mサンデー系) 母父Pivotal(欧ヌレイエフ系)

夏に1度ダートを使われていこう馬が変わったように3勝クラス、オープンと連勝中。特に前走は51kgと軽斤量の恩恵もあった。ダイワメジャーの5歳馬が久しぶりの重賞で上位は見込めない。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番ミッキーブリランテ(牡5)(適正S 能力B 総合A)

父ディープブリランテ(ディープ系) 母父Dansili(欧ダンチヒ系)

スプリンターとして大勢しそうな春の走りだったが近2走は不甲斐ない成績。ただ今回は舞台が好転、開催16日目の荒れた阪神はディープ産駒でもタフな欧州色の強い父が力を引き出す。東京ではコントレイルに続いて阪神ではこの馬が矢作厩舎にお祭りムードに花を添える。

【評価】全頭診断に戻る

5枠10番レッドアンシェル(牡7)(適正B 能力B 総合B)

父マンハッタンカフェ(Lサンデー系) 母父Storm Cat(米ストームバード系)

スプリント重賞2勝の実績馬も加齢と共に近走の成績は振るわない。ただし重賞を勝つ馬は近走凡走でも軽視は禁物。タフな芝の状態もこの馬には合う。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番アストラエンブレム(せん8)(適正C 能力B 総合C)

父ダイワメジャー(Mサンデー系) 母父ウォーエンブレム(米ミスプロ系)

突如として走り出す癖馬。せん馬とは言え8歳のダイワメジャー産駒がここで激走することはイメージしにくい。オープンクラスでは上位進出も期待できるが重賞では掲示板確保が目標となる。

【評価】全頭診断に戻る

6枠12番アイラブテーラー(牝5)(適正C 能力C 総合C)

父トーセンラー(Mディープ系) 母父ダンスインザダーク(Lサンデー系)

京都でこそ力を発揮する馬。京都で行われた2019年は3歳馬ながら2着に入った。近走は自慢の末脚が影を潜め最後の脚が他馬と同じになる。スプリンターズSを戦ってきたメンバーに入って上位進出は厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番シゲルピンクルビー(牝3)(適正A 能力B 総合B)

父モーリス(欧ロベルト系) 母父High Chaparral(欧サドラーズウェルズ系)

阪神1400mのフィリーズRを勝って以降はスプリント戦に照準を絞って使われたが同世代の牝馬に先を越された印象。ただ今回のタフな阪神1200mは時計が掛かりそうでこの馬にとっては血統的にも絶好の舞台。外枠に入ったことも芝の良い所を走れそうで勝ち負けも期待できる。

【評価】全頭診断に戻る

7枠14番ソーグリッタリング(牡7)(適正C 能力B 総合C)

父ステイゴールド(サンデー系) 母父シンボリクリスエス(欧ロベルト系)

初のスプリント戦となるが血統的に1200mでは道中の早い流れの追走に厳しくなりそう。厩舎も決してスプリント戦に強いとは言えない池江厩舎であることもノウハウの点でマイナス。

【評価】全頭診断に戻る

7枠15番レイハリア(牝3)(適正B 能力A 総合B)

父ロードカナロア(Sキングマンボ系) 母父マンハッタンカフェ(Lサンデー系)

葵S、キーンランドCと重賞を連勝しての参戦。スプリンターズSをスキップして照準をここに絞った。前走は外枠ながらスタートの速さで内に潜り込み51kgの軽斤量も相まって強い競馬を見せた。今回は外枠に入ったが先行して荒れた内枠を通ることになれば凡走の可能性もあり舞台設定としては向かない。

【評価】全頭診断に戻る

8枠16番ライトンキュー(牡6)(適正A 能力A 総合A)

父Shamardai(米ストームバード系) 母父Raven’s Pass(米ミスプロ系)

今年の高松宮記念からの復帰戦。最重量の58kgも大型のこの馬にとっては不問。タフな馬場も苦にせず芝の良い外を走れる点では大外枠はプラス。京都で行われた2019年の勝ち馬でもあり自力ではメンバー最上位。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021京阪杯

コメダンク

今回は2021京阪杯の全頭診断について解説しました!

A評価(◯)

(適正S、能力B)ミッキーブリランテ

ライトオンキュー

B評価(△)

(適正A)シゲルピンクルビー

(能力A)シヴァージ、レイハリア

アウィルアウェイ、エイティーンガール、オールアットワンス、レッドアンシェル

C評価(×)

(適正B)ムイトオブリガード、ワグネリアン

(能力B)ファストフォース、アストラエンブレム、ソーグリッタリング

ラヴィングアンサー、タイセイビジョン、ザヴォワールエメ、アイラブテーラー

オルガン

矢作厩舎の同日東西重賞取りでコントレイルの有終の美に花を添えるよ。

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる