2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

【個性派おてんば娘にA評価!】2021キーンランドC・全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 競馬初心者で馬券の買い方に悩んでる人
  • 競馬玄人でも予想に自信のない人
  • 競馬玄人で自分の考えと比較参考にしたい人
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回はキーンランドCの全頭診断をご紹介します!

オルガン

サマースプリントシリーズ第5戦だね

コメダンク

メンバー中最多ポイントのミッキーブリランテが勝ってもサマースプリント王者は難しいね。

オルガン

今年は重賞で活躍する3歳牝馬に注目だね。

スポンサーリンク
目次

【結論】2021キーンランドC<評価>

【評価】まとめ

A評価(○)

ミッキーブリランテ、メイケイエール

B評価(△)

(適正A)カイザーメランジェ、マイネルアルケミー

(能力A)レイハリア

(適正A、能力C)エイティーンガール

セイウンコウセイ、ダイアトニック

C評価(×)

(適正B)シュウジ、タイセイアベニール、メイショウチタン

(能力B)アストラエンブレム、カツジ、ジョーアラビカ、ソロユニット

ヒロイックアゲン、ビリーバー、ロードアクア

コメダンク

アイビスSD、北九州記念と3歳牝馬が勝利してる、まさに黄金世代のメイケイエール、レイハリアの走りに大注目です。

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
ロードアクア
CC詳細を見る
1枠2番
ソロユニット
CC詳細を見る
2枠3番
アストラエンブレム
CB詳細を見る
2枠4番
タイセイアベニール
BC詳細を見る
3枠5番
メイケイエール
AA詳細を見る
3枠6番
カツジ
CB詳細を見る
4枠7番
ヒロイックアゲン
CC詳細を見る
4枠8番
セイウンコウセイ
BB詳細を見る
5枠9番
エイティーンガール
AB詳細を見る
5枠10番
シュウジ
BC詳細を見る
6枠11番
ミッキーブリランテ
AA詳細を見る
6枠12番
レイハリア
BA詳細を見る
7枠13番
ダイアトニック
BB詳細を見る
7枠14番
カイザーメランジェ
AB詳細を見る
8枠15番
マイネルアルケミー
AB詳細を見る
8枠16番
ジョーアラビカ
CB詳細を見る
2021キーンランドC全頭診断まとめ

【予想】2021キーンランドC<レース展開>

【解説】レース設定

札幌競馬場芝1200m
コースセッティング

札幌競馬場 第2回開催6日目 11R 3歳上オープン G3

芝1200m

ゴール前直線距離:264.3m

コンディション

天候予想:晴れ(予想)

馬場:良、やや軟らかめ(予想)

含水率:10〜13%(予想)

オルガン

開催3週目も芝の状態はまだまだ内外の差はなさそうだね

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : ミドルペース

有利な位置取り : 逃げ 中団から後方から進める馬が多く、高齢馬の多いのでマイペースの逃げ馬に注意

注目馬 : (12)レイハリア、(11)ミッキーブリランテ、(5)メイケイエール

【位置取り予想】スタートから1コーナー
【解説】スタートから1コーナー

内枠を活かす(1)ロードアクアとスタート後のスムーズな加速で持ち味の(12)レイハリアが先手争い。スプリントペースになれた(11)ディープブリランテが逃げ馬の後ろを追走、(8)セイウンコウセイは逃げたいところだがスタートのズブさで好位の位置。(13)ダイアトニック、(15)マイネルアルケミーが中団を形成し、(5)メイケイエールはマイペースでゲートを出して馬形で位置取りを外から上げていく。

【位置取り予想】4コーナーから最終直線
【解説】4コーナーから最終直線

軽斤量を活かして(12)レイハリアが先頭で直線へ。直後を(11)ミッキーブリランテがじわりと競り寄り、(15)マイネルアルケミーは外から強襲。(13)ダイアトニックは4コーナーからロングスパートで一気の抜け出しを図り、(5)メイケイエールが外から内に切れ込むように各馬と競りながら爆発的な気性とスピードで全頭に襲いかかる。

【解説】2021キーンランドC<全頭診断>

1枠1番ロードアクア(適正C 能力C 総合C)

ロードカナロアに母父ダイワメジャーのスピード血統。オープン入り後は重賞の壁にぶち当たっている。1200m戦では先手を奪えなければキレる脚がなくズブい面があるため、ペースが早くなる重賞では厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

1枠2番ソロユニット(適正C 能力B 総合C)

アジアエクスプレスにクラフティプロスペクター系。アジアエクスプレス自身は2013朝日杯FS(G1)と2014レパードS(G3)の芝ダート両方の重賞を勝利した二刀流。当馬は門別所属の地方馬でダート1200m以下では世代屈指の力を持つ馬。初めての芝で父譲りの能力を出せれば好走も期待できるが、3歳馬で斤量51kgなら他に優先する馬がおり、且つ歴戦の古馬との戦いとなれば見限るのが妥当。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番アストラエンブレム(適正C 能力B 総合C)

ダイワメジャーに母父ウォーエンブレムの血統。流石に8歳のダイワメジャー産駒がここで一花咲かせるとは思えない。気性が荒く脚質は安定しない馬で短距離戦になってからは追い込み脚質。4走前のラビリンスSで大外枠から勝利したように唯一大外枠になれば複勝圏内に飛び込むだけの実力は持っている。

【評価】全頭診断に戻る

2枠4番タイセイアベニール(適正B 能力C 総合C)

ベーカバドに母父ブライアンズタイムとタフな短距離で力を発揮しそうな血統。重賞では掲示板も厳しいが前走同舞台のUHB賞で2着。調教では集中力を欠く走りでオープンでは好走できる実力は持っているものの重賞では力不足。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番メイケイエール(適正A 能力A 総合A)

ミッキーアイルに母父ハービンジャーで母系はシラユキヒメを軸にした白毛一族の鹿毛の馬。3歳にして1600m以下重賞3勝、阪神JF4着と世代屈指の実力はありながらレースでは道中我慢の効かない。桜花賞18着以来、調教審査明けだが上がったテンションのまま1200mを走り切り圧勝する可能性もあるくらいポテンシャルは高い。スタートは遅いのでゴールドシップのようにゆったりゲートを出して後方からマイペースでレース全体通して捲り上がっていく競馬が理想。調教では足捌きが少しぎこちなく見えるがそれも気性ゆえ。

【評価】全頭診断に戻る

3枠6番カツジ(適正C 能力B 総合C)

ディープインパクトに母父ホワイトマズルで重賞2勝を誇る馬。母メリッサも短距離で活躍し全兄のミッキーグローリーもマイル重賞を勝つなど母系は優秀。若い頃から重賞戦線で活躍してきたので実力はあるものの、勝つか惨敗かの典型馬。今回は強いスプリンターはいないので1発も期待できるが、ディープインパクト産駒のスプリント戦は他の距離に見劣りし、ここでは惨敗を予想する。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番ヒロイックアゲン(適正C 能力C 総合C)

ロードアルティマに母父ブライアンズタイムとダートで力を発揮しそうな血統。決して大崩れせず、複勝圏に入ることなく、安定した成績を納め前走のUH B賞でも4着。ただ直線競馬の方が得意な馬で札幌実績の見劣る重賞では一枚落ちる。

【評価】全頭診断に戻る

4枠8番セイウンコウセイ(適正B 能力B 総合B)

アドマイヤムーンに母父シアトルスルー系で2017高松宮杯(G1)の勝ち馬。2019CBC賞(G3)3着以降、良くても掲示板を確保するのがやっとでは札幌が特別得意というわけでもなく、8歳にして再浮上は難しい。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番エイティーンガール(適正A 能力C 総合B)

ヨハネスブルグに母父アグネスタキオンで昨年は雨の重馬場の中で決意の後方一気で大外から勝利。その後は重賞戦線でも二桁着順が続き、前走オープン競走のUHB賞でも13着。年齢的には5歳と完全に衰えたとは言い切れず、札幌記念のペルシアンナイトのように特定のレースだけ不思議な力を発揮する馬の可能性があり紐には押さえておきたい1頭。

【評価】全頭診断に戻る

5枠10番シュウジ(適正B 能力C 総合C)

キンシャサノキセキに母父キングマンボという日本主流の血統。若くからスプリント戦で近走はダートを主に使われていたが今回は7戦ぶりの芝スプリント。芝スプリント重賞を2勝しているがすでに8歳でダートからの馬場変わりという推せる要素がないため今回も厳しい予想をする。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番ミッキーブリランテ(適正A 能力A 総合A)

ディープブリランテにデインヒル系でスピードよりはしぶとく伸びるタイプ。半弟には昨年のホープフルS(G1)勝ちのダノンザキッドがいる血統。今年に入って1200~1400mを使われ高松宮記念以外は安定した成績もワンパンチ足りない。前でしぶとく伸びる戦法がいいが1200mのペースにもそろそろ慣れた頃。鞍上の和田J志願の1戦も心強い。G3でも1着は懐疑的も連複には抑えたい。

【評価】全頭診断に戻る

6枠12番レイハリア(適正B 能力A 総合B)

ロードカナロアに母父マンハッタンカフェで3歳スプリントチャンピオンといっても良い葵S勝ち馬。ここまで3連勝で葵Sではヨカヨカ、オールアットワンスという古馬混合重賞で勝ちを納めた3歳馬を退けての勝利とメイケイエール含め現3歳牝馬はスプリント界を席巻している。これまでのレースから右回りよりは左回りの方が良さそうで、いずれも若干右にモタれるのが気になる。調教ではリラックスして走れてるように古馬に入っても斤量51kgも相まって好勝負が期待できる。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番ダイアトニック(適正B 能力B 総合B)

ロードカナロアに母父サンデーサイレンス、シルクレーシング所有馬とアーモンドアイと共通点が多い馬。ただし当馬は1200~1600mで活躍。2020スプリンターズS13着後に骨折が判明し以来、約11ヶ月ぶりの競馬。昨年のキーランドCは1番人気押されながら15着。休み前は2戦連続で二桁着順と、文字通り復活を期待される1戦。調教自体は休み明けを感じさせない流石のトップホースの迫力。6歳と上積みは望めないが持てる素質でG1戦線へ復帰を目指す。

【評価】全頭診断に戻る

7枠14番カイザーメランジェ(適正A 能力B 総合B)

サクラオリオンに母父サクラプレジデントという純和風血統ながら系統はキングマンボ系×サンデーサイレンス系と現代の日本競馬の王道血統。2019年の函館SSを勝ったものの、その後は2桁着順が続いているものの洋芝、とりわけ札幌は(1-0-1-1)と得意にしている。前走も久し振りに複勝圏の3着に飛び込む。重賞勝ちがあり札幌得意となれば大穴候補として押さえておきたい一頭。

【評価】全頭診断に戻る

8枠15番マイネルアルケミー(適正A 能力B 総合B)

ダンカークに母父フジキセキとスピードに長けた血統。今年に入って2勝、3勝クラスを連勝してオープイン入りし重賞初挑戦の函館SSは7着も勝ち馬とは0.2秒差。以降、札幌1200mを続けて使われての今シーズンの集大成。前走から中2週のため軽めの調教ながらリラックスして走れていて調子は良さそう。ここで人気を落とすようならオープンクラスとコースに慣れたここが狙い目。

【評価】全頭診断に戻る

8枠16番ジョーアラビカ(適正C 能力B 総合C)

ジョーカプチーノに母父ダンスインザダークとサンデーサイレンス3×3のインブリードを持つ。札幌1200mはジョーカプチーノ産駒の庭とどこかの誰かが言ってたが当馬は7歳にして札幌(0-0-0-3)、1200m(0-2-1-6)と全く振るわない。ただし、歳を重ねて2020京成杯(G3)3着や2021函館SS(G3)4着とサプライズの可能性は秘めている。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021キーンランドC

コメダンク

今回は2021キーンランドCの全頭診断について解説しました!

A評価(○)

ミッキーブリランテ、メイケイエール

B評価(△)

(適正A)カイザーメランジェ、マイネルアルケミー

(能力A)レイハリア

(適正A、能力C)エイティーンガール

セイウンコウセイ、ダイアトニック

C評価(×)

(適正B)シュウジ、タイセイアベニール、メイショウチタン

(能力B)アストラエンブレム、カツジ、ジョーアラビカ、ソロユニット

ヒロイックアゲン、ビリーバー、ロードアクア

オルガン

大人になった?メイケイエールの大爆発に期待しよう!

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる