2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

マイル界も牝馬時代に突入!?2021富士S-全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 馬券の買い方に悩んでる競馬初心者の方
  • 予想の参考にしたい競馬玄人の方
  • 筆者と仲良くしてくれる競馬ブログやnoteの運営者や競馬関係者
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回は富士Sの全頭診断をご紹介します!

オルガン

秋のマイル王・マイルCSへの最重要ステップレースだね。

コメダンク

今年は3歳からも好メンバーが出走し、古馬も負けてられません!

オルガン

金曜日は終日雨で土曜日は好天、乾き途中の馬場は力が入りそうだね。

スポンサーリンク
目次

【結論】2021富士S<評価>

【評価】まとめ

A評価(◯)

(適正B、能力S)ロータスランド

ソングライン

B評価(△)

(適正A)ラウダシオン、サンライズオネスト

(能力A)ザダル、アルジャンナ

(適正C、能力A)バスラットレオン、ダーリントンホール、ワグネリアン

サトノウィザード

C評価(×)

(適正B)ソーグリッタリング

マイラプソディ、ハッピーアワー、タイムトゥヘヴン、ポンセルヴィーソ、フォルコメン

コメダンク

初東京をクリアすれば、ローラスランドはマイル王者候補になり得ると見ます!

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
ソングライン
AA詳細を見る
1枠2番
ザダル
BA詳細を見る
2枠3番
マイラプソディ
CC詳細を見る
2枠4番
バスラットレオン
CA詳細を見る
3枠5番
ロータスランド
BS詳細を見る
3枠6番
ハッピーアワー
CC詳細を見る
4枠7番
タイムトゥヘヴン
CC詳細を見る
4枠8番
ラウダシオン
AB詳細を見る
5枠9番
ダーリントンホール
CA詳細を見る
5枠10番
アルジャンナ
BA詳細を見る
6枠11番
ポンセルヴィーソ
CC詳細を見る
6枠12番
フォルコメン
CC詳細を見る
7枠13番
ソーグリッタリング
BC詳細を見る
7枠14番
ワグネリアン
CA詳細を見る
8枠15番
サンライズオネスト
AB詳細を見る
8枠16番
ダノンザキッド
AB詳細を見る
8枠17番
サトノウィザード
BB詳細を見る
2021富士S全頭診断まとめ

【予想】2021富士S<レース展開>

【解説】レース設定

東京競馬場芝1600m
コースセッティング

東京競馬場 第4回開催5日目 11R 3歳オープン別定 G2

芝1600m Aコース

ゴール前直線距離:525.9m

コンディション

天候予想:晴れ(予想)

馬場:良、標準(予想)

オルガン

内側に痛みが出ているとの情報だよ。

【予想】レース展開

【予想】レース展開

レースペース : ミドルペース

有利な位置取り : 差し 金曜日の1日雨により乾く過程で内側の荒れ具合が顕著になり外を回る中団勢が有利

注目馬 : (4)バスラットレオン、(5)ロータスランド、(1)ソングライン

【位置取り予想】スタート
【位置取り予想】ゴール前

【解説】2021富士S<全頭診断>

1枠1番ソングライン(牝3)(適正A 能力A 総合A)

父キズナ(ディープ系) 母父シンボリクリスエス(欧ロベルト系)

牝馬に瞬発力を引き継ぐ父に母父から馬力を補強された血統。

得意の左回り(2-2-1-0)で前走は古馬相手の関屋記念(G3)でも3着。今回も軽斤量52kg。NHKマイルC(G1)勝ち馬が毎日王冠(G2)で古馬を撃破、2着馬の当馬も負けてられない。調教でも前走より上澄みがありそう。最内枠から荒れた内側をどう捌くか鞍上の手腕の見せ所。

【評価】全頭診断に戻る

1枠2番ザダル(牡5)(適正B 能力A 総合B)

父トーセンラー(ディープ系) 母父Lemon Drop Kid(欧キングマンボ系)

ディープ産駒の中での万能型でスピードに優れた父に母父から馬力を強化した血統。

得意の東京(2-0-1-1)もマイル戦は新馬以来。前走の新潟記念(G3)は通ったコースの割には終盤伸びず、早い時計よりもタフな競馬になった方が良い。調教では前走よりは前進気勢が良い方に出ている様に見える。

【評価】全頭診断に戻る

2枠3番マイラプソディ(牡4)(適正C 能力C 総合C)

父ハーツクライ(サンデー系) 母父Salt Lake(米ヴァイスリージェント系)

父の成長力に母系からスピードを強化した血統。

母系からスピードを強化されたとしても父がハーツクライであるためマイルでもスローペース希望。仮にここで大勢する様だと来年以降の活躍が期待できる。調教では前より上に飛び上がるような雰囲気でここでの変わり身は難しいか。素直に考えるならリステッドでも掲示板確保がやっとの中で相手強化では期待はできない。

【評価】全頭診断に戻る

2枠4番バスラットレオン(牡3)(適正C 能力C 総合C)

父キズナ(ディープ系) 母父New Approach(サドラーズウェルズ系)

牡馬には馬力とスタミナをを引き継ぐ父に母父から馬力とタフさを強化した血統。

NHKマイル(G1)スタート失敗以降、リズムが狂い立て直しの秋初戦の京成杯AH(G3)も15着。左回りもダービーは参考外としても(0-0-1-1)。ただ矢作厩舎の厩舎力を考えれば突然の復活も考えられ、鞍上が坂井Jへの変更が起爆剤になるか。

【評価】全頭診断に戻る

3枠5番ロータスランド(牝4)(適正B 能力S 総合A)

父Point of Entry(欧ロベルト系) 母父Scat Daddy(米ストームバード系)

欧州のタフな血統に米国のスピードを補った血統。

前走の関屋記念(G3)で重賞初制覇し早い時計にも対応できた。重賞初挑戦の中京記念(G3)こそ5着に敗れたがタフな馬場にも適正があり現役馬でマイル適正は上位にある。調教でも引き続き力強い動きを見せている。東京マイルは初。目標は得意の阪神で行われるマイルCS。

【評価】全頭診断に戻る

3枠6番ハッピーアワー(牡5)(適正C 能力C 総合C)

父ハービンジャー(欧ダンチヒ系) 母父ディープインパクト(ディープ系)

タフな芝競馬に強い父に日本適性を補った血統。

仕舞いの脚は確かなものを持っているも道中で置いていかれるため脚を持て余す。リステッドでも掲示板を確保できない現状ではメンバー強化の今回も厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

4枠7番タイムトゥヘヴン(牡3)(適正C 能力C 総合C)

父ロードカナロア(欧キングマンボ系) 母父アドマイヤベガ(サンデー系)

スピードと馬力に長ける父に母父から日本競馬適正を補われた血統。

中距離から久しぶりのマイル戦に戻るも道中のペースが上がる競馬ではリハビリが必要。調教では常に活気ある走りを見せるもレースにつながらないタイプ。

【評価】全頭診断に戻る

4枠8番ラウダシオン(牡4)(適正A 能力B 総合B)

父リアルインパクト(ディープ系) 母父Songandaprayer(米ミスプロ系)

タフなマイル色の強いディープ産駒の父にスピードを強化した血統。

昨年の2着馬で得意の東京(3-1-0-1)に戻り勝負気配。前走のセントウルS(G2)は直前の調教で動かされすぎた感があり今回はソフトな仕上げでレースにピークを持っていく調整過程に戻した。ただ大型の馬体がここにきて重荷になってきている雰囲気を感じる。

【評価】全頭診断に戻る

5枠9番ダーリントンホール(牡4)(適正C 能力A 総合B)

父New Approach(欧サドラーズウェルズ系) 母父Pivotal(ヌレイエフ系)

欧州のタフな馬力を最大限に強化した血統。

喉の手術で9ヶ月の休み明けも1週前追い切りでは秋華賞2着馬のファインルーズの外をあっさり先着。呼吸器系の不安はあるもののコンディションは良さそうで東京マイルが適しているとは思わないが1発あってもおかしくない。

【評価】全頭診断に戻る

5枠10番アルジャンナ(牡4)(適正B 能力A 総合B)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父Tiz Wonde(マッチェム系)

ディープインパクトの瞬発力に母系から強烈なスピードを強化した血統。

全弟のコマンドラインは来年のクラシックを期待される馬。3歳のダービー(G1)18着後に長期休みをはさみマイラーズC(G2)で復調気配の2着し素質の片鱗を見せた。前走に続いてルメールが騎乗するのはプラスだが馬自体の東京実績(0-1-0-2)。まさに試金石の1戦となる。

【評価】全頭診断に戻る

6枠11番ポンセルヴィーソ(牡7)(適正C 能力C 総合C)

父ダイワメジャー(サンデー系) 母父サクラローレル(欧レッドゴッド系)

直線の長いマイルに強い父に馬力を強化した血統。

前走はダートを使われての芝戻り。リステッドでも掲示板を確保できずダイワメジャーの7歳馬となるとピークは過ぎた。ただこの馬は重賞でも 2、3着に飛び込んでくる可能性はある。

【評価】全頭診断に戻る

6枠12番フォルコメン(せん5)(適正C 能力C 総合C)

父ヴィクトワールピサ(サンデー系) 母父Storm Cat(ストームバード系)

サンデー系でも父父ネオユニヴァースはダート的馬力を持つ。母父からはスピードを補う。

2勝、3勝クラスを連勝した上がり馬。逃げてしぶとく脚を伸ばすスタイルは後方勢が牽制し合うとまんまと前残りに残れる可能性はある。血統的には東京マイルより中山やローカルなど小回りのタフな競馬の方があっていそう。調教では気の悪さを見せており去勢による効果はまだ先。

【評価】全頭診断に戻る

7枠13番ソーグリッタリング(牡7)(適正B 能力C 総合C)

父ステイゴールド(サンデー系) 母父シンボリクリスエス(欧ロベルト系)

タフな主流距離に強い父に欧州の馬力を強化された血統。

6歳夏前までは重賞でも好走を見せていたがそれ以降は成績がガクッと落ちたことからピークは過ぎた印象。前走は4月のダービーCT(G3)で12着からの7ヶ月休み明け。調教でも押して押して進まない状態からもここで狙うのは厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

7枠14番ワグネリアン(牡6)(適正C 能力A 総合B)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父キングカメハメハ(欧キングマンボ系)

ディープインパクトの瞬発力に母系から馬力とダートのスピードを補った血統。

2018ダービー馬(G1)の初めてのマイル戦。2019ジャパンC(G1)以降は重賞でも掲示板を確保するのがやっとでピークを過ぎたディープ産駒の典型。血統的には中距離向きで京都大賞典(G2)を勝ったマカヒキの様にはいかない。調教では流石の走りを見せるがいくらディープ産駒といえど道中ペースについていくのは厳しい。

【評価】全頭診断に戻る

8枠15番サンライズオネスト(牡4)(適正A 能力B 総合B)

父ダイワメジャー(サンデー系) 母父ジャングルポケット(欧グレイソヴリン系)

直線の長いマイルに強い父に日本の芝中距離適正を補った血統。

前走の3勝クラスを勝ち上がっての初の重賞挑戦。強力メンバーの中で今後の力試しの1戦。調教では時計の掛かる坂路でも全体時計は優秀。ダイワメジャーの4歳ということで軽視は禁物の1頭。

【評価】全頭診断に戻る

8枠16番ダノンザキッド(牡3)(適正A 能力B 総合B)

父ジャスタウェイ(サンデー系) 母父Dansili(欧ダンチヒ系)

マイル適正の高いハーツ後継種牡馬にタフさと馬力を強化した血統。

昨年の最優秀2歳牡馬。皐月賞(G1)15着大敗後の骨折明けの1戦。1週前追い切りでは休み明けを感じさせず仕掛けられて瞬時にスピードに乗るが若干最後まで脚が持続していない印象。強力メンバーでもいきなり通用してもおかしくないが父の成長力を活かすような数戦は揉まれて来年以降で期待したい。

【評価】全頭診断に戻る

8枠17番サトノウィザード(牡5)(適正B 能力B 総合B)

父ロードカナロア(欧キングマンボ系) 母父アグネスタキオン(サンデー系)

スピードと馬力に長ける父に母父から日本競馬適正を補われた血統。

5歳にして初重賞の東京新聞杯(G3)では4番人気に支持されるも9着。夏のオープン競走を圧勝しての再度の重賞挑戦。調教でも活気のある動きを見せていたが大外枠は試練となる。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021富士S

コメダンク

今回は2021富士Sの全頭診断について解説しました!

A評価(◯)

(適正B、能力S)ロータスランド

ソングライン

B評価(△)

(適正A)ラウダシオン、サンライズオネスト

(能力A)ザダル、アルジャンナ

(適正C、能力A)バスラットレオン、ダーリントンホール、ワグネリアン

サトノウィザード

C評価(×)

(適正B)ソーグリッタリング

マイラプソディ、ハッピーアワー、タイムトゥヘヴン、ポンセルヴィーソ、フォルコメン

オルガン

マイル界もついに牝馬時代の突入かもね。

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる