2022.1.21 新着💡東海S(G2)&AJCC(G2)全頭診断ボタン

2歳女王争いの前哨戦!2021アルテミスS-全頭診断

この記事を書いた人
コメダンク(komedunk)
  • アラフォー競馬歴30年、競馬の事を考えない日はない!
  • 重賞レースを中心に全頭診断。
  • 役立つ競馬コラムの執筆。
  • 血統勉強会開催中!一緒に学びましょう。

 Twitter:@komedunk

この記事を読んで欲しい人
  • 馬券の買い方に悩んでる競馬初心者の方
  • 予想の参考にしたい競馬玄人の方
  • 筆者と仲良くしてくれる競馬ブログやnoteの運営者や競馬関係者
コメダンク

どーもー!コメダンクです!今回はアルテミスSの全頭診断をご紹介します!

オルガン

過去にもG1馬を輩出しているレース。昨年はソダシが勝ったね。

コメダンク

頭数は少なくても今年も素質馬が出てきたと思っています。

オルガン

エピファネイア産駒が最多4頭、日本競馬の新時代の序奏の予感だね。

スポンサーリンク
目次

【結論】2021アルテミスS<評価>

【評価】まとめ

A評価(◯)

(適正A、能力S)ロムネヤ

(適正B、能力S)ベルクレスタ

フォラブリューテ

B評価(△)

(能力A)サークルオブライフ

シゲルイワイザケ、シンティレーション、トーセンシュシュ、ボンクラージュ

C評価(×)

(適正B)ミント

(能力B)シンシアウィッシュ、ヴァンルーラー

コメダンク

A評価を3頭上げました。東京1600mの適正の差が鍵になりそうです。

【評価】全頭診断

馬名適正能力詳細
1枠1番
シゲルイワイザケ
BB詳細を見る
2枠2番
ベルクレスタ
BS詳細を見る
3枠3番
ボンクラージュ
BB詳細を見る
4枠4番
シンティレーション
BB詳細を見る
5枠5番
トーセンシュシュ
BB詳細を見る
6枠6番
フォラブリューテ
AA詳細を見る
6枠7番
サークルオブライフ
BA詳細を見る
7枠8番
ヴァンルーラー
CB詳細を見る
7枠9番
ロムネヤ
AS詳細を見る
8枠10番
シンシアウィッシュ
CB詳細を見る
8枠11番
ミント
BC詳細を見る
2021アルテミスS全頭診断まとめ

【解説】2021アルテミスS<全頭診断>

1枠1番シゲルイワイザケ(適正B 能力B 総合B)

父エピファネイア(欧ロベルト系) 母父リンカーン(サンデー系)

日本の主流競馬の早い決着に強い父に母父はスタミナに富んだサンデー系。

新馬は道中中団からじわじわ順位を上げ最後はきっちり差して突き放す横綱競馬。サフラン賞こそ行き場を失い離された3着となったもののスムーズなら上位馬と接戦を展開できた。姉は芝芝1800-2000mで実績を残す。

【評価】全頭診断に戻る

2枠2番ベルクレスタ(適正B 能力S 総合A)

父ドゥラメンテ(欧キングマンボ系) 母父Numerous(米ミスプロ系)

前向きな気性にスピードを強化した血統。

新馬戦2着も負けたのは新潟2歳S(G3)勝ち馬のセリフォス。未勝利戦も新馬戦同様後続を引き離しての勝利。同日スワンS(G2)出走予定のサウンドキアラを乗り替わりにしての松山Jの継続騎乗も期待が伺える。前向きな気性が制御効けば圧勝もある。

【評価】全頭診断に戻る

3枠3番ボンクラージュ(適正B 能力B 総合B)

父アメリカンペイトリオット(米ダンチヒ系) 母父ステイゴールド(サンデー系)

米国芝G1の勝ち馬の父に母父は中距離適正の高いサンデー系。

新馬戦では逃げて最後は突き放す強い勝ち方。その3着馬ナムラクレアでフェニックス賞、小倉2歳S(G3)と1200m戦2連勝。父は新種牡馬でアメリカ芝マイルG1勝ち馬で強烈な追い込みを武器とした。今回逃げずに差し競馬に徹しても面白い1頭。

【評価】全頭診断に戻る

4枠4番シンティレーション(適正B 能力B 総合B)

父ロードカナロア(欧キングマンボ系) 母父アグネスタキオン(サンデー系)

スピードと馬力に長ける父に母父から中距離適正を補われた血統。

小回り1800mを2戦して2連対しており東京マイルにも通用する走り。力のいる洋芝競馬2戦から軽い東京芝変わりでどこまで脚を見せることができるか。

【評価】全頭診断に戻る

5枠5番トーセンシュシュ(適正B 能力B 総合B)

父ダイワメジャー(サンデー系) 母父キングカメハメハ(欧キングマンボ系)

日本のマイル以下競走に強いサンデー系に馬力を強化した血統。

2歳戦に強いダイワメジャー産駒。新馬戦は内枠ながら馬場の良い外側に出しての差し切り勝ちと展開の恩恵を受けた。調教では気の悪さが出ている様子で最後はいっぱいに追われて遅れ。

【評価】全頭診断に戻る

6枠6番フォラブリューテ(適正A 能力A 総合A)

父エピファネイア(欧ロベルト系) 母父アドマイヤベガ(サンデー系)

日本の主流競馬の早い決着に強い父に母父は中距離適正の高いサンデー系。

母は2008マイルCS(G1)勝ち馬で東京重賞実績も十分。左回り新潟新馬戦の直線では2段階ギアを使いラスト1Fの脚は桁違い。ルメールJへの乗り替わりも陣営の気合を感じられる。

【評価】全頭診断に戻る

6枠7番サークルオブライフ(適正B 能力A 総合B)

父エピファネイア(欧ロベルト系) 母父アドマイヤジャパン(サンデー系)

日本の主流競馬の早い決着に強い父に母父は早い仕上がりのサンデー系。

新馬戦は内をついて突き抜けそうな雰囲気も馬場の良い外を通った馬に屈した形で決して力負けとは見ない。未勝利戦は向こう正面の後方から捲り上がり最後は突き放しての勝利。デムーロJの継続騎乗でも未勝利戦のような競馬は想像できないがある程度自分から動いてタフな展開を作り出した時に強いメンバー相手に通用するかは疑問。

【評価】全頭診断に戻る

7枠8番ヴァンルーラー(適正C 能力B 総合C)

父ルーラーシップ(欧キングマンボ系) 母父Forest Camp(米ヴァイスリージェント系)

タフな競馬に強い父に母父からスピードを補われた血統。

新馬戦こそ3着に負けたが未勝利戦では気の悪さを見せながらしぶとい上がりの脚で辛勝。エンジンの掛かりが遅い感じでタフな馬場で能力を発揮しそうなイメージ。

【評価】全頭診断に戻る

7枠9番ロムネヤ(適正A 能力S 総合A)

父ディープインパクト(ディープ系) 母父All American(欧ロベルト系)

ディープインパクトの瞬発力に母系から馬力を補強した血統。

新馬戦は逃げて2番手に迫られながら抜かせず最後はもうひと伸びしての完勝。調教でも併せた馬を抜かせず小柄な馬体ながら勝負根性を見せる。東京得意の国枝厩舎の牝馬、狙うならこの馬。

【評価】全頭診断に戻る

8枠10番シンシアウィッシュ(適正C 能力B 総合C)

父キズナ(ディープ系) 母父Galileo(欧サドラーズウェルズ系)

牝馬に瞬発力を引き継ぐ父に母父から馬力を補強された血統。

新馬戦3馬身差の完勝も直線では押して押してフラフラしてのゴール。母父の影響で能力の開花はまだまだ先。調教でも坂路で後傾ラップを刻むも中間の迫力がラストまで続かない印象。強いメンバーでも脆さが露呈しそう。

【評価】全頭診断に戻る

8枠11番ミント(適正B 能力C 総合C)

父エピファネイア(欧ロベルト系) 母父ルーラーシップ(欧キングマンボ系)

日本の主流競馬の早い決着に強い父に馬力を強化した血統。

新潟新馬戦では外枠を活かし直線で芝状態の良い所を長くいい脚を使っての完勝も負かした相手は次走以降で勝ち上がりなし。調教ではコンディションが良さそうで迫力のある走りを披露するも相手強化でどこまでやれるか。

【評価】全頭診断に戻る

【まとめ】2021アルテミスS

コメダンク

今回は2021アルテミスSの全頭診断について解説しました!

A評価(◯)

(適正A、能力S)ロムネヤ

(適正B、能力S)ベルクレスタ

フォラブリューテ

B評価(△)

(能力A)サークルオブライフ

シゲルイワイザケ、シンティレーション、トーセンシュシュ、ボンクラージュ

C評価(×)

(適正B)ミント

(能力B)シンシアウィッシュ、ヴァンルーラー

オルガン

2歳女王候補は上位評価3頭から出そうな雰囲気だね。

コメダンク

筆者の印が気になる方はTwitterに注目!レースまでに公開します!

オルガン

それではこの辺で!行って参るよー!

コメダンク

最後まで読んで頂いてありがとうございます。ブログランキングに参加していますので応援して頂ければ嬉しいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

アラフォーにして競馬歴30年の者です。
競馬の事を考えない日はありません!
✅ 重賞レースを中心に全頭診断。
✅ 役立つ競馬コラムの執筆。
✅ 血統勉強会開催!
☑️ 詳しいプロフィールは(こちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる